ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

昭和の森~河原谷~宝満山

4月3日 (日) 曇り夕方から雨

天気予報では、午後から雨
当然遠出はあきらめ、久し振りホームグランドをチョイと歩くことにした。

午前9時、昭和の森上の駐車場をスタート。
思いのほか車が少ない。やはり天気予報のせいか?
今まさに桜が満開を迎えていた。
草が谷ダムそばのさくらが見事だった。
f0356953_21372737.jpg
駐車場そばの西洋石楠花も素晴らしい花をつけている。
f0356953_21374339.jpg
登山道をゆっくりと登る。
落ち椿がいい雰囲気を作っている。
f0356953_21384481.jpg
苔もずいぶんと伸びてきて
f0356953_21401682.jpg
大ツララの岩壁では、今年もぎっしりのホソバナコバイモを見ることができた。
花はもう終盤
f0356953_21412552.jpg
ツクシショウジョウバカマが今最盛期
大ツララの岩壁基部や、羅漢道付近の群落も素晴らしい状態
f0356953_21414534.jpg
縦走路へ登る急登には、ネコノメソウやヤマルリソウが
f0356953_21415459.jpg
仏頂山でお参りして
f0356953_21444750.jpg
宝満山山頂へ。
11時ごろの到着。いつもなら大勢の登山者でにぎわう山頂だが今日は意外と少ない。
f0356953_21444397.jpg
遥かに英彦山を望む。いよいよだなあ!
f0356953_22030971.jpg







羅漢道のマンサクを確認に行ってみる。割と大きな木なのですぐにわかった。
まだ花が残っていました。(^o^)
f0356953_21481778.jpg
他にもいろいろ花や、キリンソウの芽、コクランなどを新たに見つけた。
スミレのピンク色が素晴らしい。
バンガローの周りのさくらも良い感じ

f0356953_21445332.jpg
兎道分岐から上を見やると山肌にくっきりと白い部分が見えた。
昨日、信ちゃんにコブシとタムシバの見分け方を聞いていたので、近くにある花を見てみると、どうもタムシバのようです。
f0356953_21555197.jpg
下山後、管理人さんに聞いていたイワツツジを見に行く。
ゲンカイツツジに良く似た花で、美しい!
f0356953_21575081.jpg
そばにはミツバツツジも綺麗に咲いていました。
f0356953_21581843.jpg
4時間ほどの山歩き。
花曇りでしたが、花いっぱいの時間を過ごすことができました。

[PR]
# by sanyuuki | 2016-04-04 22:05 | 福岡県の山

峰入り古道 3.5日目 嘉麻峠~行者堂 

4月2日 (土) 曇りのち晴れ

先週、ガック隊長と行者堂~嘉麻峠を二人で調査した。
上手くいくかどうかわからなかったので、半分でも歩ければよいか?と思いながら歩いたのだが思いかけず歩き通すことができ、おまけに不動岩ではゲンカイツツジを見ることができた。

4月24日に最終日を歩く予定なのだがそれまで四週間ほど間が開くので、最終回を前のこの区間を歩いたほうが良いのではないだろうか?ゲンカイツツジも見ごろになる予想?と思い立ち、緊急の企画をした。
緊急でしたので参加者は少ないだろうと予測していたものの、思いかけず6名参加となった。

参加者   信ちゃん、俊ちゃん、higetiasさん、ジュンパパさん、けいこたん、風来坊さんとポンちゃん の7名    

集合場所の小石原伝統産業会館に午前7時半ごろには全員揃い、今日も信ちゃんからモーニングティーを頂く。いつもいつも有り難うございます。
嘉麻峠に二台で移動し出発。
今日のコースは、前回調査の時と逆コースでいきます。(これが我々が目指す英彦山へ向かう正しい向き)
それと、展望のほとんどない植林地で、正規の登山道ではないので私の後ろをついて歩いてもらうのも退屈だろうとの考えから、じゅんパパさんに先頭を歩いてもらうことにした。
f0356953_21431746.jpg
緩やかな地形なので尾根谷がはっきりとせず目指すラインが分かりづらい区間ですが、目印を風来坊さんが探しじゅんパパさんがGPSを見ながら方向を指示して歩いていきます。
こういうのも案外楽しい
大藪峠では、キブシの花が黄金の雨を降らせているようでした。
f0356953_21440509.jpg
ここからはけっこな登りで最高点の畑尻へ。
f0356953_21512130.jpg
この先のピークで昼食
金剛坂らしき急坂を慎重に下って、芝峠へ
f0356953_21555359.jpg
ここからしばらくの急登を登ると、不動岩へ
素晴らしい展望、見ごろになったゲンカイツツジが待っていてくれました。
ここだけは自信を持ってお勧めできるスポットでしたので喜んでいただけたようでよかった~!
集合写真は、higeさんから頂戴しました。
f0356953_21573244.jpg
f0356953_21573763.jpg
残りはもう少し。
兄弟嶽を目指そう

f0356953_22005756.jpg
低いほうに三角点があり、higeさん曰く「こちらがお兄さん」
では弟の方へご挨拶をと、行ってみる。

あとは、長谷峠を目指し下るだけ。
前回とは違って、最後まで尾根を下って林道にランディングできました。
車道を歩いて行者杉によってみる。
切り株の上で風来坊さんがスケールモデルになってくれました。
堂々たる杉と、歴史を感じさせる国境石です
f0356953_22085334.jpg
行者堂にお参りして、駐車場へ。

これで、higeさん、じゅんパパ、けいこたん、風来坊さん、ガック隊長と私の6人は完全踏破にリーチがかかりました。
何とか24日歩き通したいと思っています。(^o^)

[PR]
# by sanyuuki | 2016-04-03 22:16 | 福岡県の山

オキナグサ

4月1日 (金) 雨のち曇り

仕事の関係で、突然金曜日が休みになった。
しかし、天気も悪く午前中は、タイヤ交換へ行ってきた。
お昼頃、雨も上がったので、基山へオキナグサの様子を見に行ってみた。
ついてみると、まだ山頂はガスに覆われており、じっとりとした天気。(+o+)
ゆっくりと歩いてロープで保護してあるところまで行ってみると、
咲いてました!
霧雨に打たれ、うつむいてはいますが結構咲いてました。
f0356953_22312833.jpg
f0356953_22313160.jpg
草スキー場では今、スズメノヤリがイッパイ!ヒメオドリコソウやカキドオシも
下山中にワラビを摘みながら帰る。
f0356953_22313552.jpg
帰りに、鳥栖のプレミアムアウトレットに立ち寄る。
ここもアジアからの海外旅行客に席巻されてました。^^;
コロンビアにて、山シャツを一枚購入。
ストレッチのきいたシャツで、夏場活躍しそうです。

[PR]
# by sanyuuki | 2016-04-02 22:44 | 福岡県の山

峰入り古道 3.5日目 嘉麻峠~行者堂 踏査

3月27日(日) 晴れ

峰入り古道を計画するにあたって、準備期間が少なく未踏部分を調査せずスタートしたので、嘉麻峠~行者堂の区間はパスして歩くようにしていた。
四日目が終わり、最終日までひと月空くようになったので、この区間の調査を兼ね歩いてみようと思い、ガック隊長を誘ってみると、即OKの返事なので、半分でも歩ければいいか?という気持ちで調査してみることにした。

今回は、先達のアドバイスもあり逆方向から(行者堂をスタート)歩いてみることにした。
午前8時、嘉麻峠待ち合わせ。
隊長は先に到着して待っていた。やる気満々?!
今日は、しでかさないでね!^^;

車をデポして、小石原伝統産業会館へ移動。
ここよくお世話になってます。m(__)m

今日のコースとグラフ
f0356953_21174135.jpg
f0356953_21173872.jpg
まずは行者堂にお参りしてからスタート
行者杉を見て行こう
杉の木と修験道も深い関係があるようです
迫力ある杉が立ち並んでいます。
f0356953_21213657.jpg
国境石が、兄弟嶽にかけ点在しているらしい。
自然歩道を下って長谷峠へ出ます。
f0356953_21231776.jpg
長谷峠下の林道から入山
ここからではなく、長谷峠から入った方が良かったかも。
今日はこの幅広の赤テープがずっと先導してくれました。
f0356953_21254467.jpg
国境石も所々に見られます。
f0356953_21271663.jpg
兄弟嶽(二股山)に到着
お札がおさめてありました。
f0356953_21275820.jpg
近くの兄?(少し標高が高い)へ行ってみる

つり尾根にはコショウノキやキジョランが見られた。
展望は無し
戻って、郡境尾根を進む
崩壊地の横では北側の展望が開け芝峠をはさんで金剛坂を含む尾根が連なって見えている
f0356953_21330684.jpg
不動岩に到着
ここがこのコースの白眉
360度の大展望が広がる。
遠く英彦山を見やる、しでかし隊長(何思う)
f0356953_21350075.jpg
不動明王を祀った祠があり周りには、ゲンカイツツジの木が数本。3部咲ぐらいか?
隊長は初めてということで大変喜んでもらえた。
f0356953_21353355.jpg
深仙宿を出発した修験者はこの不動岩で、護摩を焚き狼煙を上げて、英彦山に出立の合図を送っていたそうだ。さもあらん!と思える場所であった。
芝峠までは一気に下って行く。
峠の頂点は崖になっているので少し下に降りてきた。
そのまま向かいの尾根に取りつく。
コショウノキの大株が二、三本見受けられた。

f0356953_21410188.jpg
次第に感じの良い尾根に変わり、いきなりの急登が目の前に
登りあがるとまた一気に下ってまた急登!
この坂が、金剛坂ではなかろうか?と2人意見の一致を見ました。
写真では坂の具合がようわからないですね。
f0356953_21424004.jpg
ここを登りあがると尾根は西へ曲って行き、しばらくで、このコースの最高点(三等三角点、畑尻)へ
飯塚六四会さんの標識が、北の方は読み取れません。
ここまで3時間ほど。ここで昼食にした。
f0356953_21484534.jpg
休憩後大藪峠方面へ
林道に出てから大藪峠へ
また標識の所から取りつき
f0356953_21494136.jpg
ここからは植林地帯の同じような高さの凸凹を登ったり下ったり右に行ったり左に行ったり、もしGPSと目印が無かったらさぞ苦労するだろうなあという難コースでしたが、目印が多く助かりました。
鈍頂の三角点
ここが、平地か?
f0356953_21511801.jpg
細かいアップダウンを繰り返し右往左往して嘉麻峠へ
こんなところに出てきました。
f0356953_21560024.jpg
半分も歩ければいいかと思って挑戦しましたが、思いがけず歩き通すことができました。
これも、先達がつけてくれた目印のおかげかと。

不動岩は一見の価値ありです。

これで完全につながりました。
最終日が楽しみです。

[PR]
# by sanyuuki | 2016-03-28 22:03 | 福岡県の山

大人のアスレチックと花めぐりの井原山

3月26日 (土) 晴れ

山帽子さんのブログに、井原山の記事が載っていた。
もう矢も盾もたまらず~(いつもは4月に来るのですが)
信ちゃんの誘いも断って~~~m(__)m

花の名山、井原山を歩いてきました。

コースは、
キトク橋~洗い谷コース~縦走路~山頂~水無道~林道~キトク橋  6時間10分

午前8時、キトク橋の駐車場を出発。
まだ満車にはなっていない。
新しい案内看板が設置されていた。
糸島の山歩き、井原山雷山編もボックスに補充されていた。
登山口の簡易トイレといい、この山はボランティアの方々によって良く管理がされています。
感謝です。
洗い谷コースへ向かう途中、山の家でトイレを拝借。
f0356953_20484019.jpg
民家の間を、里の風景を眺めながら歩いていくが、早くも里山の花たちに足を止めさせられる。
f0356953_20484806.jpg
洗い谷の登山口にやっと到着。だいぶ道草食いました。^^;
f0356953_20541621.jpg
沢沿いの登山道だが、最初は杉の植林帯
アオキの花芽が膨らみつつ、先に進むとユリワサビが今の主役
f0356953_20572569.jpg
序盤は、軽い沢歩きといったところ
f0356953_20573234.jpg
オッ!早くもホソバナコバイモが!
結構下から咲いていますね。
f0356953_20581376.jpg
ヤマネコノメソウ、コガネネコノメ、ツクバネソウも葉を伸ばして
写真撮影に忙しい!

f0356953_20585955.jpg
第一のロープ場も途中にはホソバナ君が咲いていて目移り
f0356953_21011114.jpg
次第にアスレチックぽくなって
f0356953_21020099.jpg
二段の滝手前には間違えやすいところにこんな標識が
f0356953_21025594.jpg
滝上は、今まさにツクシショウジョウバカマが花盛り
ここのホソバナ君は以前より数が減ったようです。
f0356953_21034763.jpg
f0356953_21043469.jpg
滝上になると水量も少なくなってきて、谷も細かく枝分かれ、ケルンを目印に
水場でちょっと一杯!美味し
f0356953_21060164.jpg
これを登ると縦走路、最後の頑張り!
なんと、ここまで2時間半もかかってた。^^;
f0356953_21061396.jpg
縦走路を井原山へ、尾根を吹く風はまだ冷たく霜柱も融けず残ってる。
ミツバツツジの花付きが気になりますが、毎年ゴールデンウィークは福岡にいないことが多いので、ピークの時に来たことが無いのです。(+o+)
f0356953_21082605.jpg
空気もよく澄んで、展望最高!歩き始めて3時間ほど
意外と人が少なかったですねえ
f0356953_21100243.jpg
ここで昼食。
ある場所へ行ってみると、オキナグサがかわいい芽を出し始めてました。
f0356953_21115776.jpg
下山は水無道経由
日本庭園をすぎると花たちがお出迎え。
まずは、イワボタンとコガネネコノメソウ
f0356953_21143105.jpg
ホソバナ君は登山道沿いにずっと見ることができますねえ。
左上のスタイルが一番のお気に入り
f0356953_21143509.jpg
コガネネコノメソウに光が当たると周りが明るく感じますね。
f0356953_21161765.jpg
コチャルメルソウもいっぱいでした。
ヤマエンゴサクは一つだけ見ました。
f0356953_21162555.jpg
今年はヤマルリソウが良いようです。
f0356953_21183542.jpg
ニリンソウも少しづつ開花を始めて
f0356953_21190944.jpg
そして、今日一番の目的の花、キバナノアマナ
お初のお目見えです。嬉しいですね。綺麗ですね。ヨカですね。
f0356953_21211003.jpg
シロバナネコノメソウは見つけられず、チョイ残念
駐車場まで下ってきたので、登り返してアンノ滝コースに戻るのもおっくうになり、林道を下ることに。
ところが、これが!まるで!ツクシショウジョウバカマ祭り!でした。
大群生地は、白いぼんぼり
f0356953_21251660.jpg
下って行ってもけっこう途切れることなく咲いていました。
車で行くとなかなか気づかないかも。(喜)
里が近くなると、今年初見のキランソウと紫鮮やかな菫が最後を締めくくってくれました。
f0356953_18341439.jpg
6時間チョイのお花見登山。前半は遊園地気分で、一日中楽しませていただきました。
これで入場料は、タダなのです。
井原山はホンにヨカ山です。


[PR]
# by sanyuuki | 2016-03-27 21:34 | 福岡県の山