ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三郡山(二つ釜コース~ツキ谷Aコース)

11月29日 (日) 曇り

降水確率が下がり、曇りの予報になった。
今日は近場で楽しむことにする。
三郡山系ではまだ登ったことのないルートがいくつかあり、今日はその一つ、二つ釜コースからツキ谷Aコースに合流し縦走路に上がってみよう。
下山は、久し振りに頭巾山コース。
f0356953_21050583.jpg
9時過ぎに昭和の森駐車場着。
案外車が多い。
団体さんが河原谷の方へ出発していく所であった。
準備をして出発。
頭巾山登山口を見送り林道を登って行く。
f0356953_21011053.jpg
フユイチゴやサツマイナモリが目につく。
f0356953_21011869.jpg
二つ釜の取り付き点に到着
今ではこんなプレートがかかっている。
f0356953_21010200.jpg
登り始めるとすぐに、二つ釜と思われる岩があり、右側の急斜を登って行く。

f0356953_21012320.jpg
目印や、トラロープなど設置されてあり、ほとんど迷うことなく登って行ける。
しかし、ヒノキの植林帯は薄暗く、展望は無しで一直線に急登を登ることになる。
正直あまり面白いルートではありませんでした。
f0356953_21131016.jpg
急登が終わると尾根の傾斜はなだらかになりしばらくで、ツキ谷Aコースと合流する。
f0356953_21131271.jpg
この付近からやっと自然林になってきて気分もよくなってくる

f0356953_21154059.jpg
出合いから15分ほどであっけなく縦走路へ
f0356953_21160043.jpg
尾根筋は、東寄りの冷たい風が吹いており,直ぐに一枚羽織って歩いていく
f0356953_21173173.jpg
縦走路の存在感のあるブナ
何時も写真を撮ってしまう
三郡山系で好きな大木の一つ
f0356953_21172786.jpg

山頂には7人ほどの登山者がくつろいであった。
もやってはいるが、結構遠くまで見渡せた。
古処山の左に、英彦山、犬が岳と連なっている。

f0356953_21173744.jpg
南東には、肉眼では九重連山らしきシルエットも見えていたが、
福智山系もしっかりと
f0356953_21174004.jpg
行動食を少し頂いて下山。
天の泉の温度計は4℃をさしていた。
f0356953_21252335.jpg
今日は結構頭巾山コースを登ってくる方が多く、5~6名の方とすれちがう。
このコース、やはり単独の男性が多いですね。
急登ではあるが、森が素晴らしく好きなコース。
赤いものもちらほらと
f0356953_21280954.jpg
登山口近くの番人の木(私が勝手に思っているだけですが)に挨拶して本日の登山終了
3時間チョイ、淡々と、良い時間が過ごせました。
f0356953_21305836.jpg



[PR]
by sanyuuki | 2015-11-30 21:34 | 宮崎、鹿児島県の山

田原山(鋸山)

11月23日 (月) 晴れのち曇り

金曜日に、信ちゃんさんから、「土曜日、浅間山登りませんか?」と、お誘いを受けたのだがあいにく仕事で残念ながらお断りした。
その時に、月曜日に田原山を予定していることを話すと、「時間が合えばご一緒しますよ」と有難い申し出があり、お願いすることにした。
妙善坊近くの登山口に10時待ち合わせ。
ナビをセットすると2時間半だったので、福岡を7時半にスタートする。
昨日の時点では降水確率はかなり高かったのだが、今朝の天気予報では曇りに変わっていて、福岡では晴れ間がのぞいている。
いい方に天気予報が外れたかな?^^;
登山口には9時半に到着。
既に、俊ちゃんさんご夫妻は到着されてあり、挨拶して今日のコースを打ち合わせ、出発する
今日のメンバーは、俊ちゃんさん、信ちゃんさん、Kさん、カミさん、と私の5名
晴れ間ものぞいており、岩も乾いていて思いかけず良いコンディションになった。
f0356953_21132451.jpg
大きな案内看板がありコースも判りやすい
f0356953_21131606.jpg
登山口から入ると、すぐに信ちゃんが何か見つけた
初めて見る、フユノハナワラビであった。(嬉)
f0356953_21272926.jpg
谷間の木々は伐採されており鋸山の岩尾根がマッポシ
f0356953_21324411.jpg
またまた初見の、ベニバナボロギク
ボロはつけなくても良さそうなのですが?
f0356953_21335684.jpg
雫岩まで登ってくると勾配もきつくなり岩尾根の迫力がすごい
f0356953_21352432.jpg
急登を登って尾根に上がると、右手には南峰が見えている。
ちょっとKさんと二人で行ってみたが、最後の所は通行禁止
ここで引き返す
f0356953_21374976.jpg
戻ってきて、大観峰への急斜を登る。
f0356953_21383182.jpg
またまたお初の、ブゼンノギクやイワレンゲ、イワギリソウの葉など教えてもらう。
f0356953_21403079.jpg
大観峰からは八方岳へ
ここからは一方通行の登山道となり痩せ尾根を行く
楽しい!!
最高点の八方岳でパチリと
f0356953_21451073.jpg
楽しい岩尾根がずっと続いていく。
f0356953_22215036.jpg
登山道は良く整備されており、岩にはホールドも多く、要所にはチェーンや足場をつけてある。所々濡れた場所があり注意は必要である。
f0356953_21473566.jpg

f0356953_21491479.jpg
岩峰で、紅二点 (^o^) (^o^)
f0356953_21530453.jpg
チャボツメレンゲがまだ残っていた。狭い足場で手をいっぱいに伸ばして撮影
f0356953_22022408.jpg
無名岩の所で昼食。
少し雲が増えてきたが、まだまだ天気は持ちそうだ。
信ちゃん俊ちゃんの山の話などを伺いながら楽しいひと時

ここからいったん熊野磨崖仏の方へ下っていく。(私とカミさんが行ったことが無いので付き合ったくださいました)m(__)m
サツマイナモリも咲いていた。
f0356953_22040617.jpg
境内の紅葉
f0356953_22190499.jpg
初めて見る、熊野磨崖仏
大きさに圧倒された
f0356953_22055595.jpg
少し休憩して、また尾根まで登り返し、下山
ココもまだまだ痩せた岩尾根で…
f0356953_22072544.jpg
右上のやつは、レモンエゴマでは?と
f0356953_22083251.jpg
4時間弱で駐車場に戻った。
低山ながら、充実した岩稜歩きが楽しめる良いコースでした。
まだ近くには、中山仙境などもあり、楽しみが増えました。

終始、楽しく案内してくださった信ちゃんさん、俊ちゃんさんには深くお礼申し上げます。
イワギリソウの咲くころ再訪したいですね。


[PR]
by sanyuuki | 2015-11-24 22:22 | 大分県の山

とある谷を登って、脊振山

11月15日 (日) 雨のち曇り(下界は晴れ)

今日は天気が良ければ、脊梁の国見岳へ行く予定であったが、あまり天気の回復する兆しが無いので中止とした。代わりに字が一つだけ同じの脊振山を登ってみることにした。

朝起きると雨が降っている。
待ち合わせは9時半、椎原バス停
天気予報では次第に雨も上がってくれるだろう。

椎原バス停に着いた時には雨が上がったばかり、Kさんが到着。
車を一台にして登山口へ向かう。
今日はあまり登山者もいないんじゃない?と思いながら行くとすでに4台ほどありました。
皆さんお好きで…^^;

準備して出発
まずは車谷コースへ
f0356953_22383574.jpg
林道下の方まで紅葉は下りてきていましたが、このあたり案外照葉樹も多く、いい角度ではなかなか撮れません。
f0356953_22384116.jpg
林道まで上がってから、気になる谷の事をKさんの話すと、乗り気になってくれました。
割と大きな谷でよさそうなのです。
登って行くとわずかに目印などもあり、結構人が登っていらっしゃるようです。
炭焼き窯跡もあって古くはちゃんと杣道もあったのかもしれません。
わさびがびっくりするぐらい自生してました。
f0356953_22424544.jpg
谷は次第に狭くなり、大岩が折り重なる地点まで来ると、岩も濡れているしこのまま遡行するのは少しリスクが高いと判断して尾根へエスケープ
ところがこの尾根、とんでもない急登で…^^;
木の根や笹をつかんで登りあがる。
一気に高度を稼ぐと目の前に巨岩が。
左から巻いていく
シャクナゲが結構な数林を作っている。
花芽も少し確認できました。
ここをすぎると、勾配も緩やかになりミヤコザサの藪をこいで小ピークを乗り越え舗装道路へ飛び出した。
なかなか良い谷でした。
春も良さそうです。

ゆっくりと脊振山頂へ
団体さんや、車で来た観光客でにぎわう山頂はまだガスが多く佐賀方面の展望だけが開けている。マユミの木が多かったですね
ベンチで昼食
f0356953_22531313.jpg

木道のあたりのブナ林は結構好きなところ

f0356953_22563266.jpg
まだクマ騒動の注意書きが貼られていました。
下山は矢筈峠から、車谷を下る。
直ぐのザレ場は落ち葉が降り積もって歩きやすくなっていました。

f0356953_22570992.jpg
オニコナスビの群生地付近ではなんと、ハルトラノオが
間違えちゃったのでしょうね
f0356953_23001964.jpg
去年の11月16日のここを歩いているのですがその時の方が紅葉は色鮮やかだったですね。
f0356953_23004082.jpg
f0356953_23001584.jpg

それでもまあまあ楽しめました。
小さな流れでは意外と型の良いヤマメも見ることができた。
福岡都市圏の山でこれほど自然の残っている山はやはり貴重ですね。
大事に見守っていきたい。そんな気持ちにさせられました。

オマケ
今日夕方、久し振りに四王寺悠久の森へ散歩に
出会った方とも話したのだが、ここの紅葉も例年に比べるとかなり悪いですね。

f0356953_23002545.jpg
嬉しかったのは、小石垣付近で,初見のキッコウハグマを発見!
身近な散歩道で見られる花がまた増えました(^o^)
老朽化していた木橋もも新しくかけ変わりました。
f0356953_23002988.jpg


[PR]
by sanyuuki | 2015-11-16 23:15 | 福岡県の山

宝満山と河原谷の紅葉

11月8日 (日) 意外にも雨は降らず

土曜の時点で、日曜の降水確率は70%ぐらい。
明日は山歩きは休みだなあ!
と思いながら就寝
ところが、7時ごろ目を覚ますと意外にも晴れてる。
なしか~?と思いつつも山登りに行けるぞと、喜びすぐに準備
今からは遠くは無理なので、困った時の三郡山系。
とりあえず昭和の森に行ってみることにした。
駐車場はさすがにガラガラ。
今日は宇美町の三郡山登山がおこなわれる予定だったが、天候不順のため中止になったようだ。
準備をして出発。
ダムまで上がって、
中腹から上はガスに包まれているが、山腹は意外と赤いものちらほらと
とりあえず河原谷を登ってみよう。
f0356953_20201638.jpg
今日あるいたコース
f0356953_20210507.jpg
兎道の正規の分岐付近まで来ると結構赤く色づいた木々が目に入る。
f0356953_20212378.jpg
落ち葉も意外と味があって
f0356953_20240760.jpg
ここを見送って、登って行くと沢を渡ってすぐに、以前から気になっていた兎道という分岐の標識が
良し、今日はここを歩いてみよう。
しばらくは、古い目印を追って、トラバース気味に進んでいくと、河原谷と書いた分岐(フラッグのところ)に出合う。はっきりとした踏み跡が上と下に延びている。
下に行けば正規の兎道に合流するのはわかるので、今回は上に行ってみることにした。
f0356953_20241817.jpg
急登を登って行く。踏み跡は薄くテープも少なくなるが案外とわかるものです。
慎重に歩いて、兎道に飛び出した。
こんなところに!というくらい意外な場所でした。
カーブの内側にこんな道標があるのが、目印と言えば目印ですがこちらからは全くわかりません。
f0356953_20241583.jpg
上の方はガスが濃くなってきた。
でも案外いい感じ♫
f0356953_20380327.jpg
f0356953_20380621.jpg
縦走路に出ると、後から山ガールのグループがあっさりと私を追い越していく。
背中大きなザックには、修猷館高校と書いてあった。
聞いてみると、高校の山岳部の大会があっているとの事。
この後、大濠、西南、筑紫が丘など進学校が多いですね。ビックリ
でも若い人の山人口が増えるのはうれしいですね。
2時間弱で山頂。
流石に今日は誰もいないか?と期待しましたが一人だけいらっしゃいました。
ここで焼き芋一個とみかんを食べる。
f0356953_20381056.jpg
縦走路を、難所が滝分岐まで歩いてみる。
案外感じ良いところも残ってました。
f0356953_20482262.jpg
分岐から下っていくと、今日一番の紅葉に出会えた。
大ツララ付近までの紅葉はホント素晴らしかったです。
f0356953_20501093.jpg
f0356953_20501441.jpg
f0356953_20501826.jpg
f0356953_20502818.jpg
f0356953_20551034.jpg
誰もいないことをいいことに「よか~!」とか「ほえ~!」とか
ジィジの遠吠え~(笑)
紅葉の良いところは意外と近くにあったんですねえ。
灯台下暗しとはこのこと。
たっぷりと堪能した一日でした。ヽ(^。^)ノ

オマケ
駐車場(下の)のモミジも見ごろでした。
f0356953_20590154.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2015-11-09 21:03 | 福岡県の山

マイナールートで砥石山、鬼岩谷

11月3日 (火) 晴れ

higetiasさんのブログに、三郡山の紅葉の情報が載っていた。
今年はやはりこちらでもあまり芳しくないようだ。
今日はあまり時間もないので、三郡縦走路で一番好きな部分を歩いてみることにした。

9時半ごろ、粕屋南病院のそばの林道に駐車
準備をして出発
今日のルート。
f0356953_20410228.jpg
登りは、厄神社から
この大きな石が目印
f0356953_20415922.jpg
イヌホウズキやホトトギスがまだまだいっぱい咲いている。
f0356953_20435836.jpg
りリンドウの分岐は左へ
このあたりから、古い目印があるので分岐では注意して進む
杉林の下には、もうサツマイナモリが咲いていた。

f0356953_20453951.jpg
次第に登山道はわかりにくくなってきて、前回よりも荒れているよう
一度沢を渡り右岸側の急登を登って行くと、宇美林道の終点に出た。
f0356953_20494984.jpg
荒れた林道をたどっていくと、正面に鬼岩が見える。
今日はあれに登ってみよう
尾根を回り込んでいくと、目立たぬように取り付きがある。
急登ではあるが、今はトラロープが張られていて歩きやすくなっている。
岩の上からは、若杉山や北西方向の見晴らしが良いのだが、今日は霞んでいてあまりよくない。
f0356953_20511623.jpg
f0356953_20533398.jpg
ここから、砥石山の山頂は近い。
10分ほどで到着。今日も静かな山頂である。
f0356953_20561863.jpg
ここから鬼岩谷までの縦走路が好きなので、往復してみる
紅葉はやはり今一つ。緑のまま枯れだしたものが多いが、何とかきれいなものも。少ないながら
f0356953_20591169.jpg
f0356953_20592463.jpg
f0356953_20591420.jpg

縦走路の雰囲気も冬枯れの感じ~

f0356953_20591973.jpg


時折縦走の登山者が通り過ぎる。
最近三郡縦走してないなあ!
冬に一度計画してみよう。
下山は、砥石山から直登コースを下り、林道を横切ってから今屋敷コースへ。
こちらのコースはもう荒れ放題。登山道がはっきりわかるところと全く見えないところとがありわかりづらいですね。
途中一度道を外し戻ったりして、結構大変
なんとかかんとか、下山。
昨年の冬あるいた時よりわかりにくくなっていました。

f0356953_21084491.jpg
周回で3時間半ほどの山歩きでした。


[PR]
by sanyuuki | 2015-11-04 21:11 | 福岡県の山

鷹ノ巣山と英彦山をひとかじり

11月1日 (日) 曇り 二名

今日は、Kさんと鷹ノ巣山へ(鷹ノ巣山だけの予定だったのだが~)
先週はあまり紅葉がパッとしなかったらしいのだが、少しお湿りや冷え込みもあって紅葉が進んだのでは?と期待を~
8時45分ごろ豊前坊の駐車場に到着。
準備して出発。
今日のコース
f0356953_20254577.jpg
駐車場のカエデの色づきは一番いいのでこのぐらい
他はまだまだ緑が目立つ。
観光の方も多かったですね。
f0356953_20320784.jpg
一ノ岳はイマイチ赤くなってませんね。
f0356953_20330678.jpg
急登を登って、後の紅葉はまあまあかな?
お日様もささず鮮やかとは言えませんが、贅沢を言ったら限がないので^^;
f0356953_20355009.jpg
一ノ岳山頂からちょっと北峰へ足を延ばしましたが、
f0356953_20365625.jpg
二ノ岳への尾根は一番面白いところ。
今日はKさん特集で
f0356953_20382926.jpg
三ノ岳のロープは一部危険な状態。
くれぐれも全体重をかけないように~
f0356953_20400896.jpg
南の展望は、九重連山がやっと見えていましたね。
北は福智山、龍が鼻も
f0356953_20412524.jpg
帰りはまき道で
こちらの紅葉も期待していたのですが、やはりイマイチでしょうか?

f0356953_20421801.jpg
風のないところで昼食。
駐車場へ戻る。
まだお昼前で、Kさんが歩き足りなさそうなので、谷筋の方が湿度もあり紅葉が少しでも良いかも?と考え、二段の滝へ行ってみることにした。
30分ほどがれた沢を登って、二段の滝へ
今は全く水の無い状態。黄葉の方が多く見られますね。
f0356953_20525652.jpg
ここでKさんとこのまま下山するか、縦走路まで登りあがるか相談。
下っても面白くないので、このまま上までのぼる事に。
これが正解!
滝の上には素晴らしい紅葉が待っていてくれました。
緑の部分は、シャクナゲの大群落。
新しい発見でした。
f0356953_20530659.jpg
f0356953_21061407.jpg
ふかふかの落ち葉を踏んで縦走路まではもうすぐ
f0356953_20530145.jpg
ブナの林は今はも葉をすっかりと葉を落として、冬支度
北岳の山頂を踏んで下山
多くの観光客が記念撮影に大忙しの豊前坊に無事下山。
f0356953_21070838.jpg
岩場歩きはやはり面白く、おまけのひとかじりでは新しい発見も有りと、なかなか良い山歩きでした。


[PR]
by sanyuuki | 2015-11-01 21:13 | 福岡県の山