ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

絵になる山、根子岳の紅葉

10月25日 (日) 晴れ  3名

f0356953_20404050.jpg
6月に根子岳西峰に登った時は、ガスの登山だった。その時にガスの中にぼんやり見えた天狗峰をもう一度間近に見たいと思っていた。
紅葉時期になって、チャンスをうかがっていたが、ネットでの情報が意外と少なく、良い時期ではないかもしれないがこの日を逃がすと皆の都合がつかないので、この日に行くことにした。
今回は、簡単な大戸尾根ルートを登って、天狗のコルまで往復してみることにした。
地獄谷の紅葉に期待が膨らむ。

今日のコース
f0356953_20421606.jpg
f0356953_20410154.jpg
8時半前に登山口到着。
もうほぼ満杯であった。
一番入口に近いところに駐車でき、準備をして出発する。
ゲートを開け、牧場の中の道路を少し登って行く。赤牛がのんびりと草を食んでいる。
登山届を提出して牧場へ入っていく。
牛さんの落とし物を踏まぬように注意して歩く。
f0356953_20514964.jpg
地形図を見ても判るように、このルートはとにかく単調な尾根の登りが続く。
汗が吹き出し、ふくらはぎが伸びるのびる。^^;
ヤマラッキョウが登山道わきに見られ、紅葉もぼちぼちと
f0356953_20573598.jpg
高度が上がってくると、展望が開けた。!
素晴らしい!お初の天狗岩
かっこいい!
f0356953_21015777.jpg
前原牧場のルートと出会うともうすぐ東峰のピークだ。
ここまで80分ほど。
f0356953_21021301.jpg
少し展望を楽しんでから、天狗のコルへ向かう。
そちらに足を延ばす人は案外少ないようだ。
北側斜面の紅葉
肉眼ではまあまあの感じ
少しくすんだように見えるのは、やはり降灰の影響もあるのかな?
見晴らし新道はあの尾根に登りあがるのだろうか?
f0356953_21042825.jpg
f0356953_21043230.jpg
まき道を通っていくのだがこれがなかなか、長ーいまき道で、天狗を見る角度がだいぶ下から見上げるようになる。
f0356953_21044145.jpg
鞍部から北側を覗いてみると
f0356953_21043706.jpg
こんなところや、あんなところを登ったり下ったり~
f0356953_21145100.jpg
で、やっと天狗のコルに到着。
天狗のピークのクライマーが見えるかな?
f0356953_21153545.jpg
ここから恐る恐る、地獄谷を覗いてみるが、さすがにおまたがズ~ん^^;
f0356953_21190901.jpg
10分ほど景色を楽しんでから東峰へ戻る。
またまた尾根を乗り越え長ーい巻き道を通って~~
東峰に戻って、ランチ
朝は少し靄があったが、東寄りの風が出てから一気に景色が良くなった。
祖母傾方面
f0356953_21254028.jpg
脊梁方面
f0356953_21254627.jpg
先週は反対側から見た、九重連山そろい踏み
f0356953_21263702.jpg
北には、英彦山まで見えてました。

やはり根子岳は、感動するほど絵になる山であった。
次は、見晴らし新道をを登ってみたいですね。

下山後、久木野の、木の香の湯へ。
ゆっくりと汗を流し露天風呂へ行くと、ハーモニカの音色。
年配のおじさんが露天風呂で優雅に吹いていらっしゃいました
メチャ上手な演奏で、何曲かお願いして吹いてもらいました。
すると次第に聴衆が増えて、ミニコンサート風に
凄く良かったですね。



[PR]
by sanyuuki | 2015-10-26 21:38 | 熊本県の山

井野山へ朝の散歩

10月24日 (土) 晴れ

今日は仕事は休みだが、山もお休み
朝食前に、井野山へ散歩に出かけた。
一週間ほど前に駐車場の前にナンバンギセルが咲いていて撮影したのだが、今日もう終わっていた。

f0356953_16411337.jpg
テクテクと歩いて、ホトトギスを確認。
園芸種のようでもあるのですが、少しづつ増えて行っているようです。
f0356953_16411356.jpg
次は、アケボノソウの所へ
今年は一株しか確認できませんでした。
今年見れたのが最後にならなければよいのですが…
f0356953_16411371.jpg
黄色系の花が結構多かったですね。
f0356953_16411336.jpg
この階段を登ると山頂。
f0356953_16411216.jpg
PMと朝もやで展望は非常に悪い。
近くの若杉山でさえ、ぼやーっと
f0356953_16411363.jpg
往復一時間ほどの散歩
わずかでも歩くと体調と気分がよくなるんですよね。
朝ごはんを美味しくいただきました(^o^)


[PR]
by sanyuuki | 2015-10-24 16:53 | 日常

一日で二度美味しい!由布岳と花散策

10月18日 (日) 日本晴れ 2名

今年の北部九州は紅葉が素晴らしいようだ。
中でも山友さんによると、大船の紅葉は数年来で最高だとか。
ということは、好天に恵まれた日曜はすさまじい人出が予想され、人ごみに行くのが最も苦手な私は、行きたいけれど行きたくないという葛藤の末、大船はあきらめほかの候補を検討。
結局由布岳に行くことにした。
Kさんと午前4時福岡を出発。
6時前に正面登山口に到着。
まだ無料の方もガラガラ状態。少し明るくなるまで待って出発することにした。
今日のコース
日向自然観察路を歩き、日向岳に寄り道。東登山道を登ってお鉢へ。
東峰には寄らず、お鉢を反時計回りで回り西峰へ。
正面道で下山
f0356953_21304166.jpg
6時10分出発
草原をゆっくりと歩く間に、由布岳が焼け赤く染まり
空には一点の雲もなく、最高の天気である。
f0356953_21330733.jpg
ヤマラッキョウなどを愛でながら、観察道の分岐から東登山道を目指す。
f0356953_21340059.jpg
落葉広葉樹の多い林はもう紅葉が見ごろとなりつつあり
f0356953_21350957.jpg
楽しみながらトラバース気味に歩いていく。
日向岳の分岐まで来ると後ろから一人の青年が。
東登山道を登りお鉢を時計まわりに歩く予定だそうだ。ここで別れるがまたどこかですれちがうでしょう。と話して別れる。
あまり人のこないマイナーな山頂であるが、立ち寄った御褒美にトリカブトを一輪だけ見ることができた。下の方は食いちぎられたようであるが、鹿の仕業?

f0356953_21375300.jpg
東登山道に回り込み結構な急登にかかる
ここからの紅葉が素晴らしかった
f0356953_21423358.jpg
汗が吹き出す急登を登り、最初の岩場をクリアーすると大展望が一気に開けた。(喜)
祖母、傾の山並みが一望
大船山、黒岳も紅葉の斜面の向こうに見える。
思わず歓声を上げた!
f0356953_21441333.jpg
Kさんも満足そうに景色を楽しんでいる
f0356953_21462905.jpg
連続する岩場の急登を登りお鉢の一角に出た。
剣ヶ峰で休憩する
野沢菜のおやきを半分こして食べる。(美味し)
f0356953_21483522.jpg
お鉢巡りの途中(一番の難所で)先ほど別れた青年とまた出会う。
安全なルートを教え再びお別れ。
岩場には見事なホソバノヤマハハコが咲いていた。
f0356953_21495663.jpg
お鉢東側に紅葉も見事
f0356953_22121673.jpg
滑りやすい砂礫の急斜を登り西峰へ、
まだ時間も早く人も少なかった。
展望を楽しみながら、昼食
マタエから登ってくる登山者から「お鉢巡りのコースが崩壊していけないと聞いた」と何度も聞かれる。「そのたびに今までと何ら変わっていませんよ」と返事をする。
なんかそういううわさが広がっているようだ(???)である。
f0356953_22012331.jpg
とにかく展望が素晴らしい
東は遠く、四国の山並み、北は英彦山を通り越して福智山まで。南には祖母傾の向こうに大崩の山並み。そして九重連山は勢揃い!西は雲仙らしき山まで~~
f0356953_22041496.jpg
f0356953_22041839.jpg
f0356953_22041089.jpg
障子戸の岩場を下ろうとすると、横ばいの鎖の手前でもう怖くて、下りますという女性がいた。がどうやって下っていいのか分からず途方に暮れていた。
何とか励まし、声でサポートし下りてもらった。
岩場で恐怖心がわいてくると体が縮こまって動けなくなるが、それの一歩手前の様だった。事故にならずに良かった。(ホッ)
正面道の紅葉もそこそこ
下山にかかると次々に登山者が登ってくる。
挨拶が大変[(^_^;)

f0356953_22190496.jpg
合野越えをすぎて、また朝の青年と出会う。
ここから三人で下山。山にはまってしまったそうで毎週歩いているそうです。
山馬鹿誕生ですね。

とにかく美しい景色を堪能した由布岳でした。

下山後花散策へ
何時もの場所では、ウメバチソウ、センブリ、ヤマラッキョウなどが密度高く咲き乱れ、改めて此処の実力を見せられました。
左下は、アソノコギリソウかな?
f0356953_22260826.jpg
ウメバチソウは多かったですね
f0356953_22261220.jpg
ムラサキセンブリの大株
周りにはウメバチソウやヤマラッキョウが
f0356953_22261615.jpg
f0356953_22262103.jpg
天気、紅葉、お花とまさに天恵の一日でした。
Kさんお付き合いいただき有り難うございました。


[PR]
by sanyuuki | 2015-10-18 22:34 | 大分県の山

傾山 (坊主尾根からの周回)

10月12日 (月) 晴れ山頂は曇り

午前4時半起床
車の窓の内側に銀マットを切って目隠しをしていたので、街灯の明かりも気にならずぐっすりと眠ることができました。
片付け、洗面をし、ゆっくりとコーヒーを飲んで移動
帰りに撮影した坊主尾根方面
f0356953_22421050.jpg
6時前に九折の登山口に到着。
5台ほど準備中でした
朝食をとり、我々も準備して登山届を提出して6時半出発
今日のコース
九折登山口(6:30)~三尾(8:30)~傾山山頂(11:00~30)~九折越(12:40)~登山口(15:00)
f0356953_22493249.jpg
5年ほど前にこの逆回りで登ったことはあるのだが、何時か坊主尾根コースを登りたいと思っていた。カミさんは初めての傾山。でいきなりこのコースは少しきついかもしれないが、祖母山の黒金尾根も登れたしもうチャレンジしていい頃かなと思う。
ポイントは,三尾までの登りを余力を十分残して歩くこと。余裕をもって坊主尾根に向かえば問題ないだろう。
それでも累積の標高差は1700mほどあるので、ゆっくりめの速さで淡々と登ることが大事
登山口を出ると堰提の所から三つ坊主が見える
九折コースを見送り三尾コースへ
f0356953_23003569.jpg
f0356953_23031828.jpg
立派な観音滝を見ながら

f0356953_23032144.jpg
いったん林道を横切ると本格的な登りになってくる
f0356953_23064405.jpg
高度が上がってくると樹冠に坊主尾根がちらちらと見え、いやがうえにも気分が盛り上がってくる。
f0356953_23084512.jpg
2時間ほどで三尾
ここまでは予定通り
小休憩を入れ、バナナなどで栄養補給
ここで後続の単独の登山者に追い越される。
少しずつ紅葉も見られだした
水場コースと別れ、坊主尾根コースへ
f0356953_23122098.jpg
坊主尾根はすべての坊主を乗り越えていくわけではなくほとんどがまき道を通っていくのでクライミング的なところはない。
しかし、ロープやはしごなどはほかの山に比べ少ないので、ボルダリング的な要素は結構ある
f0356953_23175619.jpg
景色もどんどん良くなって
f0356953_23182205.jpg
時折、日当たりの良いところではリンドウやシコクママコナが和ませてくれる
f0356953_23182611.jpg
アップダウンを繰り返しながら高度を上げていく
紅葉もそこそこ見られ
f0356953_23205159.jpg
f0356953_23204772.jpg
難所を登って
ここのロープはだいぶ危ない状況になってました
もう傾山は目の前だ
f0356953_23231385.jpg
五葉塚を回り込むと水場コースとまた交流
またまた岩場を越えて
f0356953_23235239.jpg
登山口から4時間半で傾山の山頂
登り甲斐ありましたよ~
定番の、傾いて~~パチリ
f0356953_23270059.jpg
山頂からは、大崩山、鹿納山方面
f0356953_23291516.jpg
祖母山は雲の中、右手に障子岩尾根が
晴れてれば素晴らしい展望だったのでしょうが、
f0356953_23291886.jpg
30分ほど休憩して下山
後傾を乗り越し、急坂を下るとなだらかな千間尾根だ
鹿よけネットがあるとこんなに違うんですね
振り向いて、傾山の猫耳を見る
f0356953_23393058.jpg
九折越
ここで傾山も見納め
カンカケ谷の急坂を下っていく
f0356953_23423789.jpg
ダイモンジソウがわずかに咲いて
3回ほど渡渉
f0356953_23425312.jpg
芥神の滝が右手の樹間に見える
妙に赤テープ化多かったですね。(ここまでいる?)
やっとの思いで朝見送った分岐に到着
ガッツポーズが嬉しそう
f0356953_23481925.jpg
3時ちょうどに登山口へ

夏に黒金尾根から祖母山を周回したのだが、個人的にはこちらのコースの方がきつかった。九折越からの下りも意外と長く感じけっこう太ももに負担が大きかった。
意外だったのは、坊主尾根の岩場歩きはあまり難しく感じなかった。磯間嶽の岩場の方がダイナミックだったような気がする。
しかし、ロケーションは素晴らしく雄々しき山であった。
久しぶり、太ももの筋肉痛が残っております^^;

[PR]
by sanyuuki | 2015-10-15 00:00 | 大分県の山

岳麓寺で花散策

10月11日 (日) 晴れ

土曜は仕事であったが、(日)(月)と夫婦そろっての連休。
どこか行こう!と計画
日曜は、隣組の道路掃除が朝一にあるので、10時ごろからしか出発できない。
月曜に登る山だけ決めて今日は移動と、うすきさんに聞いていた岳麓寺登山道のウメバチソウなどを見に行ってみよう。
途中、お昼ご飯を食べ登山口には午後一時頃到着。
7~8台の車が停まっています。
皆さん、御池の紅葉が目当てなのかな?
我々はカメラだけ持って出発
ツルニンジンがすぐに見つかる
f0356953_20442848.jpg
菊の仲間が多かったですね。
大きなアサギマダラが一心に蜜を吸って
f0356953_20465984.jpg
他にもいろいろと~
右上のは、ヒキオコシと思います。
f0356953_20494281.jpg
牧場に出るころに、お目当てのウメバチソウに出会えた。
ふっくらとした輪郭が優雅な花
天山では一輪のみだったので、嬉しい
f0356953_20524356.jpg
センブリも咲き始めていた
こちらはきりっとした花びらですね
f0356953_20592337.jpg
牧野道の向こうには大船が
風は強いが、今日は午後からは良い条件になったようだ。
f0356953_20531540.jpg
アソノコギリソウやワレモコウなども
f0356953_20530901.jpg
きらめくススキの中をゆっくりと散策
1時間半ほど花と遊びました。
f0356953_20525934.jpg
下山後、近くの七里田温泉へ
鉄分の多い、少し茶色の温泉でゆったりと~(^o^)

移動して。竹田の岡城址へ
滝廉太郎の銅像の向こうには九重連山がくっきりと
f0356953_20532120.jpg
5時もすぎたので、近くのコンビニで食料を買い、今夜の宿、道の駅へ(原尻の滝)
今夜は、車中泊
明日は、どこの山へ~
結構きつかったですよ~

続く

[PR]
by sanyuuki | 2015-10-13 21:12 | 大分県の山

風に吹かれて天山を歩く

10月4日 (日) 晴れ

昨日は、先週連絡があっていた小学校の同窓会で佐世保に行って、あの顔この顏、なかなか思い出せない顏の皆様と盛り上がって、旧交を温めてきました。^^;
二次会では、高校の同級の連中とまたまた盛り上がり~

楽しい一夜を過ごして、今日は福岡へ帰るだけなのだが、まっすぐ帰るのももったいないので天山にちょっと寄り道してきました。
なので今日はお気楽に歩ける、上宮のある天山登山口から
ここはすでに標高900mを越えているので、山頂まではわずかの距離
山歩きと申すには気の毒いぐらいですが、マッたまにはヨカロ!
f0356953_17135671.jpg
今日のコースは、風が強かったので風の向くまま決めてみました。
f0356953_17134722.jpg
スタートして、擬木の階段をゆっくりと登ってあっという間に四差路に
まずは、雨山に行ってみる
ムラサキセンブリや少ないながらタンナトリカブトなどが見られ
山頂の石碑の上には半月がまだ見えていました。
f0356953_17161639.jpg
四差路に戻って天山山頂へ
まだ時間も早く人のすくない山頂
風が強く今日は写真はブレばかりです
f0356953_17181368.jpg
さてと、ゆっくりと花を探してみよう
f0356953_17182071.jpg
期待していたウメバチソウはもうほとんど終わり
かろうじて、一輪お見せするのも恥ずかしいですが…^^;
菊の仲間が多かったですね

f0356953_17213371.jpg
トリカブトはそこそこ見られましたが、
f0356953_17215361.jpg
f0356953_17214662.jpg
非常にがっかりする盗掘後。
まだ土が乾いていなかったので昨日の夕方あたりに掘られたものかもしれません。
血圧が上がるバイ!(怒)
f0356953_17214941.jpg
ムラサキセンブリは天山の山頂では全く見られません。
もともと少ないのか減ってしまったのか?
別の所で見つけたムラサキセンブリ
相変わらずきれいな花です。(平尾台のものより、天山の花は小ぶりですね。)
やはり蛇紋岩の影響でしょうか?
f0356953_17220504.jpg
おむすびを二つ食べ下山。
気が変わって、天川登山口の方からトラバース道を通ってみることにした。
一旦天川の方へ下る。
間違って駐車場まで下ってしまった。
もう一度途中まで登り返してトラバース道へ入る。
天山ダムを右下に見ながら、案の定のヤブコギを~
f0356953_17220208.jpg
またまた四差路に戻り今度はちゃんと下山。
2時間半ほど涼しい風に吹かれて、歩いた天山。

美しい山ですが、孫子の代になるころにはきれいな花の山は記憶だけになってしまわないように切に希望いたします。

[PR]
by sanyuuki | 2015-10-04 17:40 | 長崎、佐賀県の山