ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

企救山系を歩く 

9月28日 (日) 晴れ

昨日、木曾の御嶽山が突然噴火した。
百名山だけに多くの登山者が、罹災されたそうだ。
一刻も早い救出を願っています。



二週間後に近づいた縦走を前に、少し長い距離を歩いてみたいと、Y氏に頼んでいたら、企救山系はどうですか?との返事。
まだ歩いたことのないコース。北九州市の門司から南西に延びる尾根歩きらしい。
片道コースで、帰りはタクシーを利用することらしい。

朝6時に集合し出発、高速を走り、北九州都市高速の足立インターで降りる。
足立森林公園までは5~6分、森林公園の入り口の駐車場を過ぎて道なりに進むとメモリアルクロスの駐車場に着く。(10台ほどの駐車プレースがある)
ここは朝の散歩をする人やジョギングをする人が結構多い。
準備をして7時ちょうどに出発
f0356953_19590324.jpg
木段が続く急登がいきなり待ち受けている。
何時もよりユックリで歩きださないとあとがきつそうだ。
延々と続く木段の直登を登っていく。
途中一度勾配が緩むが再び急登
正直、いきなりのこれは、たまらんです。
小文字山の山頂直下の小文字焼の斜面を登る。
ここは、真ん中の棒のとこかな?
眼下には北九州の街並み
f0356953_20062899.jpg
サイヨウシャジンがたくさん咲いている
f0356953_20081683.jpg

ここを登りきると、小文字山の山頂
ここまで45分
テーブル、ベンチコスモスが咲き乱れていた。
y氏はいつものように楽々と、K氏は今日は案外体調がよさそうだ。

f0356953_20081418.jpg
ここで一息入れて、次の妙見山、足立山を目指す
中央、足立山  右の小ピークが妙見山
f0356953_20110216.jpg
左に目をやると、目指す戸上山もはるかに見えている。
f0356953_20112478.jpg
ここから少し下り、自衛隊の敷地沿いに歩いて再び大きく登り返すと。妙見神社の上宮
お参りして先へ進む
f0356953_20190061.jpg
砲台山、の分岐を過ぎ一登りで、足立山(霧ヶ岳)山頂
本日の最高点^^;
f0356953_20215095.jpg
門司や響灘がススキの向こうに。
こんな街の横を、自然豊かな縦走路があるとは、北九州、羨ましいぞ!
朝一は靄が多かったが9時前になると晴れ渡ってきて気持ちがいい。
f0356953_20242284.jpg
一等三角点(やはりこれだけは特別)にタッチしてから行くことにする。
f0356953_20271272.jpg
ここからは小さなアップダウンを繰り返しながら、歩いていく。
基本的には照葉樹林帯
ところどころ日が当たるところには、野草たちが花をつけている
f0356953_20295999.jpg
ヤマハッカ
f0356953_20302171.jpg
アキカラマツ
f0356953_20304850.jpg
サワヒヨドリ
f0356953_20312825.jpg
これは、ヒメアザミかな?
f0356953_20324235.jpg
ノササゲも見ることができた
f0356953_20333273.jpg
時折、視界が開けると、山、街、海の景色が広がる。
トレールランナーも幾人かすれちがう。
f0356953_20362799.jpg
吉志分岐、桃山分岐を過ぎると一気に視界が広がった。
大台ケ原に到着(百名山と一緒)
目指す戸上山が見える草原、テーブルベンチが4つほどあり、ここでランチにする。
日なたはめちゃ暑かったです!(夏が戻ってきた)
f0356953_20390211.jpg
またまた、海、街
f0356953_20390448.jpg
さて、最後のピーク、戸上山へ向かおう。
日当たりの良い斜面の急登。お昼頃の強烈な日差しがもう暑くてたまらんです。(低山ならでは)
カラスノゴマを撮るフリして休憩
f0356953_20495416.jpg
他にもこんな花(名前が判りません)教えてください
f0356953_20505558.jpg

f0356953_20505777.jpg
コウゾリナによく似た…
f0356953_20514405.jpg
もうツワブキの花が咲き始め
f0356953_20520307.jpg
ムカゴの実をつまんでみたり、アケビの実をさがしつつゆっくりと登る

最後のピーク、戸上山山頂
f0356953_20533405.jpg
戸上神社の上宮で、縦走のお礼参りをしてから下山
f0356953_20595608.jpg
寺内五丁目というところに下山した。
午後一時ちょうどであった。
ここからタクシーで、メモリアルクロスまで戻る(2千円ほど)
f0356953_21005165.jpg
今日のコース
f0356953_21031323.jpg
f0356953_21031107.jpg
低山なれど、累世標高差は1000メートル以上、案外歩き甲斐のあるコースでした。
休憩含んで、六時間の山歩き
しかし、今日一番は、暑さかなあ!^_^;


[PR]
by sanyuuki | 2014-09-29 21:13 | 福岡県の山

猫谷川新道のカリガネソウ

9月22日 (月) 晴れ

昨日、キトク橋で会った方から教えてもらっていた、カリガネソウの群生地の確認に、行ってきました。

午後2時半からの出発なので、今日は群生地までのピストン
約35分で教えてもらった場所に到着。
付近を探すも、なかなか見つからない。歩きまわって最初の場所に戻りもう一度落ち着いてよく見てみると、咲いてました!

初めての御対面
アンテナの様な雄しべを立てたユニークな形。
花弁の模様は、蘭の花を思わせるようです。
草丈は1メートルを超え、思ったより大柄な容姿
f0356953_21111743.jpg
f0356953_21111616.jpg
f0356953_21111686.jpg
蕾はこんな様子
f0356953_21111742.jpg
f0356953_21111727.jpg
花期はもう終盤になっているようで花数は少なくなっていましたが、見られただけでもよかった!
写真を撮るために、茎を触って除けていると、臭ーい匂い!(+o+)
クサギの葉のような嫌なにおいがします。
これもまた、忘れられない香り?ですね。^^;

下山中に見た花
エゴマ
f0356953_21182550.jpg
ガンクビソウ
f0356953_21182520.jpg
ミズタマソウ
f0356953_21182571.jpg
ムカゴが生っていました
f0356953_21182515.jpg
大谷尾根の分岐まで下ってきたとき、右の方を見ると何やら白い見慣れぬ花が!
f0356953_21182517.jpg
f0356953_21182589.jpg
判らないので帰ってから調べると、ミョウガの花でした。
そういえば茎の方の色がミョウガの色ですね。

短時間でしたが、十分楽しめました。

[PR]
by sanyuuki | 2014-09-23 21:26 | 福岡県の山

のんびり井原山 洗谷から周回 


9月21日 (日) 晴れ時々曇り

久しぶりに井原山へ。
花の多い山であるが、この時期あまり登ったことが無い。
どんな花たちに出会えるのか楽しみである。

7時にキトク橋の登山口に到着
駐車場はまだガラガラ。
天気も良いので福岡のほとんどの登山者は県外へ遠征しちゃったのかも?
準備をして出発
洗谷の登山口へ向かう
里山の雰囲気を楽しみつつゆっくりと歩いていく。
イヌホウズキ以外判りません^^;
f0356953_20324554.jpg
登山口 ここまで30分ほど
f0356953_20351629.jpg
歩いていくとこんな貼り紙が
f0356953_20363124.jpg
序盤は杉林を歩いていくが次第に雰囲気もよくなってくる。
f0356953_20383256.jpg
f0356953_20384866.jpg
アキチョウジやツクシミカエリソウが迎えてくれる。
f0356953_20390944.jpg
f0356953_20391215.jpg
f0356953_20403408.jpg
長いロープ場を登る
楽しみながらゆっくりと登っていく
f0356953_20414087.jpg
この滝は右側を
f0356953_20451071.jpg
最後の大きな滝(二段の滝)
ここも右側にロープがかけてあります。
f0356953_20462571.jpg
ここを過ぎると水場がある。
美味しい冷たい水。ペットボトルに詰めて持っていく。
f0356953_20485276.jpg
もう縦走路が近くなってきて水量も減ってくる。
小さな沢がいくつも集まって分岐を作るゴルジュ帯は、ケルンを追って登っていく。
f0356953_20504639.jpg

最後は新道の急登をロープを伝い登る。
最後の頑張りどころ。汗が滴る!
f0356953_20521769.jpg

縦走路に出た。
ここまで駐車場から2時間45分
まあ、ゆっくり歩いたものです。
充分楽しみました。家内も面白かった様子
花も、レイジンソウ、アケボノソウなどが咲いていました。
f0356953_20532140.jpg

ここから山頂までは尾根のアップダウンを30分ほどで到着。10時22分
歩き始めから3時間5分ほど
5~6人の方がいらっしゃいました。
f0356953_20532460.jpg

少しもやってますが、福岡方面
f0356953_21005177.jpg
今日はのんびりなので、お昼は久しぶりに塩ラーメンを作って
f0356953_21051640.jpg
ゆっくり食べ、山頂付近の花を見つける。

f0356953_21065123.jpg
右上の丸い物体は、ミツバツツジの実
f0356953_21065504.jpg
下山は水無道経由で
f0356953_21100423.jpg
久しぶりの水無道
緑が気持ちいい!
f0356953_21114877.jpg
ミゾソバも白いのもあるんですね
f0356953_21125466.jpg
お初のレイジンソウ
咲き始めたばかりで蕾が多かったです。
f0356953_21140015.jpg
f0356953_21135779.jpg
ツリフネソウとキツリフネ
f0356953_21154233.jpg
可愛い、ヒナノウスツボ
f0356953_21163310.jpg
途中から、アンノ滝方面へ、林間歩道を歩く。
ここで家内が見つけたのがお初の、ツルニンジン
ジイソブともいうそうです。
横からでは地味ですが、下からのぞくと意外と派手
f0356953_21185560.jpg
井原山自然歩道に合流し、アンの滝へ立ち寄ってみると、凄いオタカラコウのお花畑
f0356953_21224457.jpg
アケボノソウもいっぱい咲いて(好きな花なので何枚もアップ)
f0356953_21242879.jpg
f0356953_21242833.jpg
f0356953_21242822.jpg
f0356953_21242855.jpg
満足満足(^o^)
滝の下に行ってみると、ジンジソウが咲いていました。
ここは風があり、ブレブレの写真ばかり!
なんか赤塚不二夫のニャロメを思い出しませんか?
次は、ケイリソウという花が出てきたりして(親父のつまらんギャグです~)^^;
f0356953_21255792.jpg
更に下っていくと、咲き始めのサラシナショウマ
f0356953_21303375.jpg
林道が近くなったあたりで見慣れぬ花。
どなたかのブログで見た、アケボノシュスランかも?と思い、最後に登山口で会った,いかにも花の詳しそうな紳士に、恐る恐る訪ねてみると、ビンゴでした!(嬉)
この方にはほかにも貴重な情報を頂きました。
草丈7~8センチほど。わずかにピンクが入っている。
f0356953_21305785.jpg
キトク橋到着は1時半
6時間半ののんびり花めぐり山歩きでした。

[PR]
by sanyuuki | 2014-09-21 21:39 | 福岡県の山

普賢岳 

9月15日 (月) 山は雨のち曇り

昨夜寝る前に、明日の天気をGPVで確認すると、ゲゲー!
日付が変わるころから雨雲がかかるようだ。
とりあえずテント以外のものを車に放り込んでしまう。
雨が強かった場合、雲仙の登山をどうしようか?考えながら就寝。
やはり夜中に雨が降り出し、降ったりやんだり朝方まで。
いつの間にか熟睡しており、6時に目が覚める。
外をのぞいてみると、雨は上がっており雲もだいぶうすくなってきている。
また、GPVを見てみると雨のラインはかなり南に移動している。
良し!登れるバイ!!

朝食を取り、濡れたテントはとりあえずビニール袋に包んで撤収。
ヨカ キャンプ場でした。

8時前に仁田峠に到着。
山頂は低い雲で覆われているが、予定通り出発。
今日のコースは
f0356953_20441808.jpg
f0356953_20454255.jpg
駐車場から歩き始めると早くも花たちに出会う。
花火のようなシシウド
f0356953_20463137.jpg
可愛い!ミゾソバ

f0356953_20463927.jpg
f0356953_21394492.jpg
季節忘れの、
f0356953_20463674.jpg
この花の花期は長いですね。シモツケ
f0356953_20504957.jpg
薊谷コースへ
f0356953_20522123.jpg
オオバショウマやモミジガサの咲く登山道

f0356953_21390049.jpg
f0356953_20535928.jpg
菊の仲間は名前がさっぱりわかりません。
f0356953_20544317.jpg
f0356953_20545459.jpg
突然美しい花が目に飛び込んできた!
ソバナ
初めての花。和室によく似合いそうな
私のカメラでは、淡い水色がなかなか写りませんが、ほんと綺麗です。
f0356953_20573981.jpg
f0356953_20593063.jpg
すこしずつ勾配もきつくなってきて、
f0356953_21025204.jpg
紅葉茶屋に到着
f0356953_21034254.jpg
ここからは新道経由で普賢岳へ
新道に入るとツクシミカエリソウ(オオマルバノテンニンソウ)の大群落が続きます
f0356953_21392166.jpg
f0356953_21063180.jpg

アキノキリンソウも小さな花束をつけて
f0356953_21081345.jpg
この花もお初
ツクシコウモリ
葉が飛んでいるコウモリのシルエットになってます。
f0356953_21085079.jpg
f0356953_21103965.jpg
アキチョウジは色が濃い
f0356953_21450653.jpg
西の風穴に来ると、今日の目的の花が咲いていましたが、柵の中遠くて撮影できません。
f0356953_21120417.jpg
この付近は冷気がたまっていてもうカエデの紅葉が始まっています。
f0356953_21122329.jpg
f0356953_21122036.jpg
北の風穴  寒いぐらいです。^^;

f0356953_21153940.jpg
下界は結構天気もよさそう
f0356953_21565254.jpg
あまり見向きもされない花ですが、ここまで豪華だと写真に撮りたくなりますね。
イタドリ
f0356953_21170062.jpg
アザミもイッパイ咲いてます。
f0356953_21180542.jpg
ノリウツギもまだ咲いてました
f0356953_21183825.jpg
シラヤマギク
f0356953_21192995.jpg
鳩穴分岐からの急登を登りあがると平成新山が見えるはずなのですが、生憎
f0356953_21212988.jpg
わずかに晴れた!
f0356953_21221056.jpg
霧氷沢に立ち寄ってみると、今日のお目当ての花が満開
ダイモンジソウ
これもお初です。大の字に見えるでしょうか?
f0356953_21241587.jpg
f0356953_21254892.jpg
f0356953_21261277.jpg
f0356953_21260716.jpg
フクオウソウも(福多草と覚える)誤字ですがなんか縁起よさそうな名前でしょ
f0356953_21261659.jpg
ヤクシマホツツジも可愛い
f0356953_21295293.jpg
山頂はガスの中、一応パチリ
f0356953_21304877.jpg
少し休憩して下山
妙見尾根に回ってから降りていきますが、登り返しがきつい!
国見岳は今回パスして帰ります。
こちらの尾根にもまた違う花が、
夏の花がまだ残っています。
f0356953_21371883.jpg
f0356953_21371612.jpg
f0356953_21371379.jpg
かと思うと、ナナカマドは色づき始め
f0356953_21382421.jpg
雲仙は宝の山でした!!

お昼前に下山できたので、福岡に帰る前に、小浜温泉へ
波の湯 茜 という海岸際の露天風呂で汗を流し、名物小浜チャンポンを頂いて2日間の山旅の締めといたしました。。(^o^)

[PR]
by sanyuuki | 2014-09-17 21:57 | 長崎、佐賀県の山

島原プチ観光と九千部岳 その②

9月14日 晴れ 

テントも設営し、まだ午後1時である。
今からなら、九千部岳はゆっくり登れる。
私は2回目、家内は初めての山である。

準備をして出発。
f0356953_21333330.jpg
まず、田代原トレールセンターに立ち寄り、ルートと花の情報を聞く。
親切にいろいろ教えて頂いた。

コースは
f0356953_21313126.jpg
車道を西に100メートルほど歩く
ヤマホトトギスやフジカンゾウなどが咲いている。
f0356953_21361339.jpg
f0356953_21355764.jpg
すぐに登山口
f0356953_21371013.jpg
尾根をゆっくり登っていく。
途中見晴らしの良いところに出ると
吾妻岳がが正面に見える
f0356953_21391768.jpg
西側の展望も良い
f0356953_21394263.jpg
ここらからまたいろんな花たちが目を楽しませてくれる。
ツルリンドウ
f0356953_21405360.jpg
ホソバシュロソウ

f0356953_21405644.jpg

f0356953_21485925.jpg


ヤブマメ
f0356953_21405984.jpg
ヤマハッカ
f0356953_22304451.jpg



ヤマボウシの実もいっぱい落ちている
キャンプ場の管理人さんに「食べられるよ」と教えてもらい木についているものを食べてみたが、ざらっとした食感で、あまりうまいものではないようです。
f0356953_21442178.jpg
今の時期、ヒヨドリグサが一番いっぱい咲いてました。
f0356953_21483171.jpg
などを楽しんでいたら、本日のお目当ての花が
ウンゼントリカブト
センターの方はまだ時期が早いかも?とおっしゃっていましたが、咲き始めていました。(嬉)
f0356953_21522736.jpg
後姿は

f0356953_21522022.jpg
f0356953_21522553.jpg
f0356953_21521426.jpg
この三輪だけでしたが見られただけでも大満足!!

こんなものも
ツクバネソウの実
羽子板の羽根ですね。
名前の由来、納得です
f0356953_21572489.jpg
ここから急登を一登りで山頂の尾根に一角に出る。
見晴らしが急に開ける。
おひとり登山者と出会い、写真を一枚頼まれる。
平成新山のでべそがくっきり見えている。
f0356953_21590502.jpg
橘湾も美しい
f0356953_22003127.jpg
山頂手前で、九千部大明神へ寄り道
大岩の中に祀ってあった

f0356953_22040334.jpg
九千部岳山頂
ここまでゆっくりで1時間半
f0356953_22054372.jpg
雄大な景色を楽しむ
f0356953_22061031.jpg
東側
f0356953_22061299.jpg
北側
諫早湾の潮受け堤防が見えていた
f0356953_22061473.jpg
下山は自然歩道へ
尾根筋には、シモツケやキガンピなどが
f0356953_22090369.jpg
f0356953_22090166.jpg
分岐を田代原牧場へ
f0356953_22091759.jpg
キバナアキギりが大群生地を作っていた。
f0356953_22113564.jpg
センニンソウ
綺麗な花です
f0356953_22114203.jpg
気持ちの良い登山道
f0356953_22114080.jpg
だったのだが、下の方へ来ると結構石が流されて登山道が荒れていました。
f0356953_22133798.jpg
木道を歩いて登山口まで戻る。
気持ちいい!
f0356953_22153467.jpg
f0356953_22224485.jpg
期待していたウンゼントリカブトを見る事が出来満足の山歩きでした。

まだ4時前
テントに戻って、ビールを飲んでゆっくりと過ごすことにしよう!!

明日の、普賢岳登山へ続く

[PR]
by sanyuuki | 2014-09-16 22:32 | 長崎、佐賀県の山

島原プチ観光と九千部岳 (その①)

9月14日 (日) 晴れ

久しぶりの連休、天気もよさそう!
ロストサマーを取り戻すべく、
雲仙にキャンプと山登りに行くことにした。

午前五時自宅を出発。
高速を諫早で降り、57号線を走って島原市内に8時ごろ入る。
平成新山、マッポシ!
ヨカ天気です。
f0356953_20131050.jpg

コンビニで少し休んだ後、島原城近くの駐車場へ向かう
意外にも家内はまだ島原観光をしたことが無いということなので、中心部を少し歩いてみることにした。
まずは、武家屋敷
水路や路地は住民の方々がいつも掃除してあるようです。
朝早いので観光客もまばらゆっくりと散策します。
f0356953_20160107.jpg
ご自由にお入りくださいとの案内があったので武家屋敷には行ってみた。
いきなり、御当主に対面
本を読んでおられた。
う、動かない!
さすがに泰然自若としておられる。!
と思ったら、蝋人形でした。(笑)

f0356953_20191399.jpg
居間には、ご家族が

f0356953_20214560.jpg
台所と別に一部屋の3LDKのお住まいであった。
f0356953_20253709.jpg
てくてく歩いて、お城へ
登城!!
この規模の街にしては立派な天守が!
f0356953_20271155.jpg
丁度開館時に到着した。
遅刻したら切腹かも^^;
ゆっくりと城内を検分(笑)
楽しんだのち、おやつに寒ざらしを頂く。
あっさりととした甘味で甘いものが苦手な私も完食
f0356953_20372786.jpg
次は姫松屋に移動して、具雑煮を
具たっぷりで、美味し!
f0356953_20574740.jpg
お腹もふくれたところで、田代原キャンプ場へ移動する。
途中で、山をパチリ!
f0356953_20592095.jpg
お昼丁度にキャンプ場に到着。
広いキャンプ場、草原にテントサイトがあるのだが、一面ゲンノショウコが咲き乱れれている。
お客も少なく、広々とぜいたくに使える。車もテントに横付け
楽楽キャンプだなあ!
f0356953_21034200.jpg
f0356953_21051029.jpg
テントを設営後、九千部山へ!!

その②へ 続く!


[PR]
by sanyuuki | 2014-09-16 21:08 | 日常

裏宝満の滝いろいろ



9月7日 (日) 晴れ

今日は午前中、隣組の仕事やなんやらでつぶれた。
自由になるのは午後からの3時間ほど
久しぶりの良い天気なのだが、暑い!!
なので、近くで涼しそうな所へ行くことにした。

コースは、本道寺から提谷コースで登り、時間の関係で山頂は踏まず釣船岩から猫谷川新道を下る。

12時半ごろスタート。
めちゃ暑い!!
f0356953_20015609.jpg
すぐに花が目についた。
センニンソウ
f0356953_20032422.jpg
ヌスビトハギ
珍しくピントが合った
f0356953_20040716.jpg
初登場の、カラスノゴマ
f0356953_20043175.jpg
なのでアップで
f0356953_20045944.jpg
いっぱい咲いていた、ヤマジノホトトギス
f0356953_20054895.jpg
私有地の中を通り入山。
いったんシラハケ尾根へ
f0356953_20070318.jpg
5~6分登ると、提谷への分岐があり、植林の中を下っていく。
f0356953_20081795.jpg
谷に下りると、提谷コースが始まる。
すぐに滝があらわれ
まずは、初音の滝
f0356953_20104422.jpg
次は、奥の滝(別名、女滝)
恥ずかしがり屋なのか流れは見せてくれません。
f0356953_20114382.jpg
滝が多いということは、その分登りの勾配もきつい!
滝のところ以外はものすごく暑いです。
f0356953_20123596.jpg
まだまだ、滝が続きます。
鼓の滝
f0356953_20144406.jpg
金剛の滝
f0356953_20153201.jpg
次の、水垢離の滝では沢登りを楽しむ方たちが
気持ちよさそうですね
f0356953_20163576.jpg
次は、般若の滝
f0356953_20171642.jpg
この滝が最後
f0356953_20190564.jpg
横の梯子を登っていく
f0356953_20194163.jpg
スギゴケがとてもきれいだった
f0356953_20203749.jpg
百日絶食の碑
上にはまだ剣の滝があるのだが、ここは山頂方向へ向かう
f0356953_20220134.jpg
f0356953_20221522.jpg
トラバース気味に登っていき、釣船岩まで来た。
岩に登り展望を楽しむ。
山頂が見えている
f0356953_20240590.jpg
大根地山方面
f0356953_20244012.jpg
下山は、猫谷川新道で。
こちらも滝が豊富
f0356953_20255824.jpg
今日は旧道から庭石荘まで下ってみた。

f0356953_20271913.jpg
ここから滝がまた始まる
爆音の滝
そこまでの音は聞こえませんバイ
f0356953_20291314.jpg
無名の三段の滝



f0356953_20304575.jpg
f0356953_20423942.jpg

花乱の滝
f0356953_20322329.jpg
最後に、夫婦滝
f0356953_20330099.jpg
これで滝はおしまい
猫谷川新道の登山口まではなだらかになった斜面を,ヤブランなどを楽しみながら下り、林道を5分ほど歩いて駐車地点の戻った。

2時間半ほどの周回コース。
イッパイ滝を楽しみましたが、やはり、暑かった!!

今日のコース
f0356953_20372673.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2014-09-08 20:44 | 福岡県の山

三郡山

9月6日 (土) 曇り時々雨

9月に入っても天気がよくなりませんねえ!
今週までは少し我慢して、近場の山を短時間で楽しむことにしました。
昼前から天気が崩れるそうなので午前中だけで歩ける、三郡山へ

昭和の森から、河原谷コース、大つらら前を経由して縦走路、三郡山まで歩き下山は頭巾山コースを歩きます。

7時半にスタート。
7時半でも湿度が高く蒸し暑い!

歩き始めてすぐに、今年お初のサイヨウシャジン
f0356953_16051467.jpg
すぐそばにはヤマジノホトトギス
f0356953_16070477.jpg
池の周りをのんびり歩いていくと、イヌホウズキ
花弁の反りがカタクリを思い出させますね。
f0356953_16082347.jpg
渡渉点にはキンミズヒキがイッパイ
f0356953_16092210.jpg
ウサギ道の分岐まで来る
どう見ても、道標が多すぎ ^_^;
f0356953_16150776.jpg
どんどん登っていくと、オオマルバノテンニンソウが蕾をつけていた。
f0356953_16163396.jpg
すこし先では、つぼみが膨らんで
f0356953_16170860.jpg
また先へ行くと、開花したものが
f0356953_16181177.jpg
慰霊碑の岩壁まで来ると、イワギボウシが
f0356953_19544795.jpg
ここまで来ると爽やかな谷歩きになる
f0356953_19554610.jpg
ヤマアジサイも終わりかけだが、案外味わいがある。
f0356953_19564164.jpg
大つららの岩壁にはイワギボウシがいっぱい咲いていた。
f0356953_19573035.jpg
f0356953_19574796.jpg
ここから急登を登り縦走路
息を切らして尾根に登りあがると、コバノガマズミの鮮やかな赤い実が目についた。
f0356953_20010078.jpg
縦走路に出る。
ここから三郡までは気持ちの良い尾根歩き。
何がいいって、うるさい虫がおらんとです。(特にアブちゃん)
f0356953_20030512.jpg
縦走路はコバギボウシの季節は終わり、今はシコクママコナが元気イッパイ
風があり、左手で押さえながらパチリ
f0356953_20041253.jpg
オミナエシや、ゲンノショウコを楽しみながら山頂へ向かう

f0356953_20063072.jpg
f0356953_20064229.jpg
レーダー施設では工事が行われており、通行注意です
ガスに包まれた、無人の山頂だった。
f0356953_20083315.jpg
湿度の高い冷たい風が吹き、汗が冷えて案外寒い。(温度計では23℃)
おむすびを一つ食べ下山
帰り道、縦走路でツルリンドウ
こちらも今年お初
f0356953_20125749.jpg
f0356953_20125554.jpg
横には、久し振りにみるアキノギンリョウソウ
f0356953_20140310.jpg
頭巾山からの長い長い濡れた急坂を慎重に下る。
こちらのコースにはあまり花はないが、きのこがあった!!
それも見たことのないような!
第一弾
饅頭みたい
f0356953_20173523.jpg
第二段
サンゴのようでもあり
f0356953_20173811.jpg
第三弾
驚愕のデカさ!
f0356953_20174251.jpg
マイペースでのんびり花を楽しみながらの、4時間半の山歩きでした。



[PR]
by sanyuuki | 2014-09-06 20:22 | 福岡県の山