ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宝満山をサクッと

7月27日 (日) 早朝雨のち晴れ

朝目覚める前にかなりの雨が降っていたようだ。
朝食後、庭の芝を刈り、根切り、肥料やり。
ついでに、自宅前の草刈り。
芝は結構手間がかかりますが、緑が気持ちいいので、頑張って手入れしています。
10時過ぎにやることもなくなり、天気も良くなってきたので、軽く歩きに行くことにした。

今日は、昭和の森からウサギ道で宝満山へ登ってみよう。
11時ごろ、昭和の森に到着。
多くの家族連れが、バーベキューで楽しんでいます。
それを横目に歩き始める。(いい匂い!)
しばらくは林道歩き。
キンミズヒキやアキノタムラソウが日当たりの良い場所で咲いている。
f0356953_20291247.jpg
f0356953_20291268.jpg
林道が終わると、照葉樹の岩ゴロの登り。
日陰が濃くあまり暑さを感じません。
f0356953_20291367.jpg
ウサギ道の分岐
f0356953_20291397.jpg
涸れ沢を渡り、トラバース気味に登っていく。
途中の水場は今朝の雨で、小滝となって流れ落ちていた。
タオルを濡らし顔をふく。
冷たくて気持ちいい!
ここから先は急登が続く。
f0356953_20291347.jpg
ペースを守って登るが、汗が吹き出し、息も絶え絶えで登る。
1時間半ほどで宝満山山頂。
午後1時近い山頂は案外人も少なくカラッとした風が吹きわたって気持ちいい。
f0356953_20291324.jpg
山頂のオニユリはまだ蕾。直下の岩場のイワギボウシを見に行く。
こちらもまだ蕾。
f0356953_20284436.jpg
マンネングサの群落が今満開であった。
f0356953_20284445.jpg
f0356953_20284447.jpg
f0356953_20284489.jpg
下山は、河原谷コース
いつも静かな仏頂山
f0356953_20284440.jpg
河原谷を下り始めると、ヒナノウスツボの小さな花が咲きだしていた。
なかなかピントが合いません。^_^;
f0356953_20284488.jpg
ヤマジノホトトギス
f0356953_20284476.jpg
ちょっと寄り道。
河原谷の大ツララの岩壁に行ってみた。
冬場は行列をなすこの場所も今はひっそりとして、谷から吹き上げる風が涼しくて気持ちいい!
ここで思いもかけない発見があった。
f0356953_20284497.jpg
正面の岩壁に、一株だけイワタバコが!!!
まだ蕾であったが、まさかここで見られるとは思っていなかったので嬉しかった。
f0356953_20284409.jpg
他にもイワギボウシはたくさんあったが、まだ蕾、ほかにもツクシショウジョウバカマの葉も多く確認できた。
春夏ともにあまり訪れることはなかったのだが、幸運な出会いでした。
近いうちに再訪してみよう。

気分よく下山。
3時間半ほどの嬉しい山歩きでした。


[PR]
by sanyuuki | 2014-07-29 21:39 | 福岡県の山

英彦山 豊前坊から登る

7月26日 (土) 下界は猛暑、山頂は曇り

久しぶり、英彦山にやってきました。
未だ見たことのない、イワタバコの花が咲きだしたらしい。
午後から用事があるので、早い時間帯に登ることにする。
8時前に、高住神社の駐車場に到着。
ガラガラです。
上の駐車場の木陰に停め、準備をして出発。
f0356953_20113184.jpg
本殿にお参りした後、歩きだす。
f0356953_20113001.jpg
湿度も高くすぐに汗が噴き出す。
逆鉾岩を過ぎ望雲台へ寄り道
f0356953_20113061.jpg
この岩溝を鎖を頼りに登っていく。左にはイワタバコがびっしりついていますが、まだほとんどが蕾。
かろうじて一輪だけ咲いていました。
f0356953_20113079.jpg

登りあがると頭上の岩壁にコオニユリが
なにぶん遠いので^^;
f0356953_20113095.jpg

f0356953_20113101.jpg
望雲台に鎖を伝って登ると、正面に鷹ノ巣山一ノ岳(ビュートの地形なのでテーブルマウンテンです)
f0356953_20113160.jpg
ナイフリッジになった展望台手すりが無ければとても立ち上がれません。
おまたがズーーーン!!
f0356953_20360798.jpg
少し涼しくなって(怖いから)(笑)
降りていきます
すこし離れたところに綺麗に咲いた株を見つけました。
f0356953_20360783.jpg
紫の色合いが何とも綺麗です。
アップで
f0356953_20360729.jpg


まだまだ蕾がほとんどですが、初めての出会い、嬉しかった!
そばにカラスウリの花も咲きだしていました。
f0356953_20360799.jpg
登山道に戻ると、ここからはガンギの急登が続きます。
f0356953_20360767.jpg
オトギリソウが足元から励ましてくれ
f0356953_20360795.jpg
名も知らぬ白い小さな花も
f0356953_20360756.jpg
熔岩壁まで来ると、オオヤマレンゲの木があり、多くの実をつけていた。
今年はたくさん咲いたんだなあ!
木段を登ると一本杉(北岳の肩)
f0356953_20475182.jpg
小休憩し、北岳へ
ここからはガスの中を歩きます。
f0356953_20475203.jpg
f0356953_20475119.jpg
古木に着生したマンネングサ
f0356953_20475290.jpg
中岳も人はまばら、、バイオトイレの新設された急傾斜でお昼ご飯
晴れてれば久住や、由布岳が望める展望台なのですが、想像で見えた気に(笑)
f0356953_20475115.jpg
下山は正面道経由、バードライン
手作りの案内板がいいですね。
f0356953_20475187.jpg
鳥の声を聴きながら、大きく尾根をトラバースしていく。
見慣れぬ花を見つけた。
f0356953_20475136.jpg
帰って調べると、ツクシカシワという花みたいだ。
ホソバシュロソウに似てますね(色が)
北西尾根分岐をやり過ごし下っていくと、今はススキの原となったスキー場に
遠く福智山や香春岳が見えて
f0356953_20475128.jpg
山歩きはここまで、あとは旧道を30分ほど歩いて駐車場へもどった。
石畳の旧道(熊野古道に似てます)
f0356953_21094820.jpg
初めての花との出会いもあり楽しい山歩きであった。
ちなみに駐車場の気温は12時で23度。涼しかったのですが、下界に下りてくると猛暑が待っておりました。


[PR]
by sanyuuki | 2014-07-27 21:15 | 福岡県の山

坊がつるキャンプと、訓練登山?の三俣山

7月19日 (土日) 晴れ時々雨

昨年からこの時期、坊がつるでキャンプしよう!企画で
またまたやってきました。
今回は友人(Yさん、Kさん)との中高年男3人組です。
梅雨明けも微妙な時期、一気に明けてくれよっ!と願いながら、長者原の駐車場に午前10時ごろ到着。
まだガラガラの駐車場。停め放題です^^;
各自、「俺のザックが一番重かバイ」と思っていたようで、買い出しの荷物を遠慮深く譲り合いしたりして、「本心は少しでも軽くしたい!、特にビールは持ちたくないっ!、飲むのは人一倍飲みたいっちゃけど」という醜い争い^^;の後、分担が決まり、
準備をして出発。
ひさびさの重いザックが肩と腰に食い込みます。
よろけながら、歩きだします。
f0356953_20003074.jpg

蓼原には花たちがイッパイで迎えてくれます。
ノハナショウブ
f0356953_20003056.jpg
キスゲ
案外少なかったなあ
f0356953_20003004.jpg
ミズチドリ
初めての登場
木道で屈みこんで写真を撮るのが本当につらい!!
立ち上がるたび、ヨロッ!
f0356953_20003007.jpg
一輪だけヒメユリを見ることができました
f0356953_20003100.jpg


雨が池方面へ
気持ちの良い樹林帯を歩きます。
f0356953_20003000.jpg
ヤマアジサイがイッパイ
f0356953_20003062.jpg
ツチアケビ   
間違いでした。ショウキランというようです。
f0356953_20003096.jpg
ベンチのあるところまで来ると、ウツボグサが
f0356953_20004928.jpg
雨が池にでた
f0356953_20004995.jpg
イブキトラノオが盛り
f0356953_20004986.jpg
ノハナショウブが今まさに咲き誇っています
f0356953_20004951.jpg
キスゲはほとんどありませんでした。
その代りまだ、シライトソウや
f0356953_20004853.jpg
シモツケが咲いていました。
f0356953_20004898.jpg
2時間ほどで坊がつるの入り口まで来ました。
やはりかなり時間がかかります。
f0356953_20004990.jpg
キャンプ場には早くも多くのテントが
f0356953_20021736.jpg
テントを張る場所を探しているといきなり、雨が降り出す。
あわてて避難小屋へ逃げ込んで雨宿りする。
ここで軽くランチなど頂いて雨の上がるのを待つ。
30分ほどで雨も上がりテントを設営。
我々の敷地は10坪ほどの草地、権利金、敷金、家賃なしの有難い物件である(笑)
狭いながらも楽しい我が家が出来上がりホッとする。
時間もまだ早いので、鉾立峠まで散歩に出かける。
多くのキャンパーが散策に来ていた。
帰りに、法華院温泉で入浴。
マッポシの湯(裸でデッキに出で見ると女性がすぐ目の前に!あわててお風呂に戻る)^^;
湯の花がイッパイある透明の温泉、汗を流すだけだが気持ちいい)
風呂上りは当然!!
これでしょ!
f0356953_20021820.jpg

ほろ酔いでテントに戻り、宴会の準備。
これがしたくて来たようなもんですね。
f0356953_20021884.jpg
ビール、焼酎で酔っ払い、8時過ぎには、もう夢の中…
おやすみなさい‥

夜半に雨がテントをたたく音で目を覚ます。
夜空の半分に雲がかかり、半分は星空
カシオペアの周りに恐ろしいほどの数の星々が見えた。
久しぶりの天体観測(星座の名前は知らなくても、これだけ見えたら感動します)
5時ごろには、もうKさん、Yさんは起きだして、お湯を沸かしたり朝食の準備。
私は、6時ごろ起床
ゆっくりとコーヒー、朝食を取り今日の段取りを相談
空身で、どこか登ってきてから帰るか?荷物を背負って行くか?
秋の登山の予行演習ということで、三俣山の南峰への直登を行き、すがもりから下山することに。
この重い荷を背負ってここを登れれば、大障子への登りも行けるかな?
濡れたテントをたたみ出発。
f0356953_20021837.jpg
坊がつるの看板の裏から取りつきます。
南峰が覆いかぶさるように目の前に迫ってくる。
濡れた草を掻き分けスタート
序盤から黒土の急登が始まり、樹木に囲まれ展望のない登山道をゆっくりと歩く。
早くもふらふら、摑まるものがないとよろけて転がり落ちそうになるのを必死でこらえながら登る。
この看板
励ましてくれているのか?絶望を与えているのか?
f0356953_20021889.jpg

以前登った時よりはるかにキツイ!
ペースを落とし一歩一歩
標高差530mほどの半ばまで来ると展望も開け気分もよくなる。

f0356953_20023408.jpg
ノリウツギやほかの白い花が元気をくれる
f0356953_20023386.jpg

f0356953_20023478.jpg
足元にオトギリソウ
f0356953_20023414.jpg

遅刻したミヤマキリシマ

f0356953_20023475.jpg
登りは厳しいものの、花たちに励まされ何とか登りきることができた。
坊がつるから2時間かかっていた。
オソッ!
山頂がガスで展望なし

f0356953_20023379.jpg
後は本峰、西峰と回ってすがもり越えへ
すがもり小屋で、軽くラーメンなどを食べ下山。
12時ちょうどに長者原に戻った。

お付き合いいただいた、Yさん、Kさん有り難う御座いました。
これで少し重荷を背負って歩く自信がつきました。
秋の祖母傾、少し手ごたえが出てきましたね。

他の花たち
ハンカイソウ
f0356953_20021859.jpg
ミソハギ
f0356953_20021860.jpg
チダケサシとアサギマダラ
f0356953_20003079.jpg
クサレダマ
f0356953_20004940.jpg



[PR]
by sanyuuki | 2014-07-21 21:33 | 大分県の山

四王寺山

7月13日 (日) 曇り時々雨

今日も天気が悪い!
予定どうりであれば、四塚を歩く予定であったのだが、昨日の夕方の時点で降水確率70%ということで中止にした。
ところが、夜中には相当な雨が降っていたものの朝7時位にはもう上がっている。
なんだか気勢をそがれた後に、天気になっても今から四塚はもう遅い

朝食後やはり天気はいつ崩れるかわからない様子。三郡山も雲の中だ
傘でも持って四王寺でも歩いてみることにする

百間石垣の下に車を停め左回りで歩くことにする。
ヒメヒオウギスイセンが土手に鮮やかな色を添えていた。
f0356953_20490163.jpg
いきなりの急登が続く
f0356953_20460934.jpg
ママコナの花が目立たぬように咲いていた
f0356953_20460978.jpg
野外音楽堂まで登ると一息つく
ここにはネジバナがたくさん咲いている
f0356953_20460929.jpg
林道を横切りまた急登を登る。
杉林の先に毘沙門天の社がありその横に最高点の、大城山(410m)のピーク
f0356953_20461067.jpg
ここからはもう厳しい登りもなく、わずかなアップダウンを繰り返していく。
増長天の礎石群まで来ると、行程はもう半分だ
f0356953_20461043.jpg
道路を横切り、焼米ヶ原へ(なんかいつも、シュウマイを連想してしまいます)
f0356953_20490100.jpg
良く踏まれた土塁は、大雨が降ってもぬかるみとはならず非常に歩きやすい
f0356953_20461047.jpg
10分ほどで大原山(355m)
f0356953_20490145.jpg
松川分岐を過ぎて小石垣へ
ここらで雨が降り出す。傘をさして歩く

もうアキノタムラソウが咲きだしていた。
f0356953_20461059.jpg
二時間ほどで周回
すこしうっとうしい雨の一日をうっちゃることができた。

来週はキャンプの予定
天気を切実に希望いたします^^;

[PR]
by sanyuuki | 2014-07-14 21:24 | 福岡県の山

ショウケ越から若杉山

7月12日 (土) 曇り

今日は、朝ゆっくりと起きて朝食後、庭仕事
芝を刈ったり雑草を抜いたりして、10時ごろから軽く歩きに出かけた。

登山口は、三郡縦走路のショウケ越
久しぶり若杉山まで歩いてみることにする。
f0356953_17590887.jpg
橋の下の空いている所に駐車してスタート
わきを登っていく。
杉林の登山道はいきなりの急登
廃屋の横、杉の根を踏まぬようにゆっくりと歩く。
風もあって涼しい!


f0356953_17590833.jpg
北側に向かって登っていくと20分ほどで尾根に出会い、西側へ登山道は向きを変える。
ここからは快適な尾根歩き
また20分ほどで、見晴らしの良い、若杉の鼻に出た
宝満山までの山並みがくっきりと見えている。
気持ちいい!
f0356953_18001400.jpg
脊振方面も今日は結構見えていた
f0356953_18002342.jpg
足元には、ノイバラの花が一輪
f0356953_18001712.jpg
ここからは5分ほどで若杉山の山頂
わずかに南側の展望が得られた。
f0356953_18013497.jpg
奥の院の方へ行ってみた。
篠栗から登ってきたお遍路さんたちがいらっしゃった。
f0356953_17590714.jpg
名所のはさみ岩
悪人は通れない!?そう
30センチほどの岩の隙間を登る。
f0356953_17590723.jpg
何とか通れました^^;


根元が入り組んだ、杉の大木

f0356953_17590862.jpg


太祖宮
f0356953_17590883.jpg

神宮皇后の坐像
三韓征伐の下り、必勝祈願に登拝されたとの事
香椎宮の杉をこの山に植えられたそうで、その故事にちなんで「分け杉山」と呼ばれていたのが変化して現在の「若杉山」になったらしい
f0356953_17590824.jpg

もう、おひとかた
篠栗ゆかりの弘法大師様
f0356953_17590837.jpg

久しぶりの若杉山であったが、ゆっくりと楽しむことができた。
往路を戻って下山。
多くの三郡縦走する登山者と出会う。
女性が多いのに驚いた。
山の世界も女性上位になってきているのかも?^_^;
f0356953_18000996.jpg
f0356953_18001129.jpg

f0356953_17590769.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2014-07-12 20:00 | 福岡県の山

久しぶりの立花山、三日月山

7月5日 (土) 曇り

久しぶりに立花山を歩く。
10時過ぎに下原の登山口に到着
天気は十分持ちそうだ。
今日は大権現登山道を登ることにする。

f0356953_15145334.jpg
入口には、トキワツユクサとツユクサが咲いていた
f0356953_15145346.jpg
f0356953_15145364.jpg
登山道に入るとすぐに,内野池との分岐。ここは右へ
f0356953_15085923.jpg
後は一本道で尾根まで。
ゆっくりと歩いたが、湿度が高くすぐに汗が噴き出す。
縦走路に出合い、右に10分ほどで立花山の山頂。
人も案外少なかった。
見晴らしはもう一つ
f0356953_15085982.jpg
大クスの分岐まで下り、ツチアケビを見に行く
標高が低いのでもう終わりかけだった。
昨年より株が小さくなったような気がする。
f0356953_15090099.jpg
中腹を捲く登山道を廻り、下原の分岐まで行く。
ここから三日月山に往復。(2km弱)
立花山がすぐそこに見えている。
f0356953_15153172.jpg
犬鳴き山山系が東に長く続いている
f0356953_15152961.jpg
クララの花はもうおしまい。
結実していた
f0356953_15152133.jpg
アゲハが羽を休めていたので、少し遠くから
f0356953_15151951.jpg
ここから、下原分岐まで戻り下山
2時間丁度の山歩き。
いい汗かきました!

今日の花たち

オカトラノオの穂先
f0356953_15152392.jpg
ヤブカンゾウ
f0356953_15090039.jpg
初登場の タシロラン
f0356953_15085984.jpg
キヌガサタケ
四つほど出てましたが、時間が遅かったので形の良かったのは一つだけでした。
f0356953_15085939.jpg







[PR]
by sanyuuki | 2014-07-05 15:52 | 福岡県の山