ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鳴子山、白口岳、オオヤマレンゲ 2014.6.29

6月29日 (日) 晴れ

2日続けての山歩き
今日は天気もよさそうなので、鳴子山にオオヤマレンゲを見に行ってみよう。

コースは
沢水展望台~本山登山道~稲星山分岐~鳴子山往復~白口岳~鉾立峠~くたみ別れ~展望台
f0356953_2132939.jpg


南側の登山口に来る場合高速の九重インター経由で来るのは案外時間かかるよなー!といつも思っていたそこで今回は大宰府インター~日田~杖立経由で瀬の本へ向かってみた。
結果は自宅近くから瀬の本まで、ちょうど2時間であった
案外早いじゃん!
来月から高速の料金改定で日曜の割引が少なくなるのでこのルートは使えるな!と思った次第。

展望台の登山口に7時20分ごろ到着。
ほぼ満車。
今の時期は人気ですね。
準備をして7時半出発。
稲星分岐まで750mほどの標高差がある。
急がぬようペースを守っていこう。
f0356953_21424274.jpg

ヤマボウシの花が見送ってくれた。
f0356953_21431378.jpg

分岐を右に、登山道に入る。
沢沿いを登っていく。
f0356953_2144840.jpg

序盤はゆったりとした登り
f0356953_21454680.jpg

時折視界が開け山頂付近が見える。
まだずいぶん遠い!
f0356953_21465918.jpg

キイチゴがいっぱい生っていた
f0356953_21473995.jpg

バイケイソウが咲いている
f0356953_21481268.jpg

わしづかみの木
f0356953_21491680.jpg


次第に勾配もきつくなってくる。
30分に一度小休憩を取りながら登る。
f0356953_2151370.jpg

今日は空気も澄んで見晴らしもいい
f0356953_21514770.jpg

f0356953_21521359.jpg

登りはさらに厳しくなってきた。
ガレ場の急登
f0356953_21532850.jpg

花たちが励ましてくれる
f0356953_2154138.jpg

f0356953_2156156.jpg

f0356953_2156401.jpg

鳴子山の直登分岐が分かればそちらに行ってみようと思っていたが、登りに夢中で全く気が付かず。
稲星分岐まで行く。
勾配も緩んで、空の面積が広くなると稲星分岐だ。正面に中岳
気持ちいい!
ここまでちょうど2時間
少し休憩して鳴子山へ
痩せ尾根の岩稜帯を行く
左下には、片ガ池が見える。

f0356953_21582025.jpg

f0356953_21265421.jpg

ここで、知り合いと出会う。
お元気そうで何より!
少しお話して狭い登山道ですれ違う。
またどこかでお会いしましょう!

大岩を回り込んでいくと待望のオオヤマレンゲの群落だ。
f0356953_2261196.jpg

うーん綺麗だ!オマケにいい香り
1年に一度は会いたい花ですね。
登山道を離れた場所に大きな群落地があるそうなので行ってみる。
ガレ場の向こうにズラッと咲いていました。
安全を確保しながら近くまで行ってみる。
最高の1輪に出会えた!
f0356953_22101168.jpg


f0356953_22103533.jpg


熊本から来た山ガールに「青空を背景にした方がいいですよ」とアドバイスを受け撮った1枚
f0356953_22131085.jpg

登山道に戻ってまた1枚
f0356953_22141086.jpg


天気、タイミング、人との出会いすべてがそろった鳴子山でした。

山頂
f0356953_2221403.jpg

大きな景色を見ながら(景色だけはぜいたくな)質素なランチを頂く。(笑)
f0356953_22231227.jpg


f0356953_22233382.jpg

分岐へ戻る途中の花
シロドウダン(シロバナ3連発)
f0356953_2225557.jpg

ナナカマド
f0356953_22264249.jpg

タンナサワフタギ(背景が贅沢だなあ)
f0356953_22271955.jpg


分岐まで戻り白口岳を目指す。
緩やかなカーブを描く稜線をゆっくり景色を楽しみながら歩くとあっという間に山頂だ
f0356953_22322172.jpg


f0356953_22331051.jpg


ここから鉾立峠までは結構な急降下
黒土の急斜なので、滑るのを覚悟の上、下る^^;
f0356953_2234720.jpg

北大船の斜面はまだミヤマキリシマでピンクに色づいている。
写真ではわからないだろうなあ
f0356953_2237314.jpg

鉾立峠まで下るとあとは緩やかな下りがあるだけだ
f0356953_22395074.jpg

佐渡窪は洪水でだいぶ埋まってしまっていた
f0356953_22405019.jpg

道標もこんなに低くなって
f0356953_22413431.jpg

木道のあるあたりは以前のまま
f0356953_22422334.jpg

鍋割坂からくたみ別れまではあまり変化のない登山道、大船山への分岐など確認しながら歩く。
くたみ別れ付近から、鳴子山への直登ルートの入り口も確認できた。
いつかチャレンジしてみよう!
くたみ別れの山桜
f0356953_2245254.jpg

ここから展望台まではコンクリ道歩き。
一番おもろくないところ。淡々と歩く。
最後に右側の杉林の中に、ツチアケビを見つけた。
花は今からのようだ。
f0356953_2248114.jpg


午後2時登山口に戻る。
6時間半の山歩き

帰りに沢水キャンプ場分岐から見上げた山々
f0356953_2251246.jpg

牧場にも草原の花が咲いていた。
f0356953_2252382.jpg

f0356953_22522158.jpg

f0356953_22524521.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2014-06-30 22:58 | 大分県の山

宝満山、一の鳥居から登る

6月28日 (土) 雨のち曇り

梅雨独特の天気が続いている。
夜中から朝方にかけてしとしと雨が降り続いていたがお昼前には上がったようだ。
すこしでも歩いてみたくてお手軽に宝満山へ向かう。
お昼からの歩きなので、一の鳥居近くまで車で行く。
やはり今日は登山者も少ないようだ。
f0356953_21104868.jpg

濡れた登山道を滑らぬようゆっくりと歩く。
イチヤクソウのところにきて観察。
今年はあまり花付きがよくないようだ。
株の数も少ないし花も少ない。
f0356953_21131117.jpg

f0356953_21132843.jpg

花をつけたものはこれだけだった。

百段ガンギの所のユキノシタももう終わりがけだった
f0356953_2114437.jpg

f0356953_2115898.jpg


閼伽の井の周辺にはアジサイがきれいに咲いている。
f0356953_2116469.jpg
f0356953_2117558.jpg

中宮を過ぎると、石段も終わり、変化のある山歩きで山頂へ
登山者も少ない静かな山頂でした。
f0356953_21192585.jpg

ヤマボウシの花も盛りを過ぎていました。
f0356953_21201211.jpg

キリンソウがきれいに咲いて
f0356953_21211148.jpg

もうすぐ鬼百合が咲きだしますね。
f0356953_21215548.jpg


往復2時間の山歩き。

明日は天気がよくなりそうだ。
下山して友人に電話をかける。
都合もよさそうなので、久しぶり久住へ行ってみよう。
[PR]
by sanyuuki | 2014-06-30 21:26 | 福岡県の山

城山 ウスキキヌガサタケと、もう一つ

6月22日 (日) 雨のち曇り

6月になると、歩く唐津街道さんのホームページをみる。
今年も、ウスキキヌガサタケのシーズンが始まった。
しかしこのキノコ、なかなかお目にかかれません。(+o+)
私も昨年は二戦全敗、今年もどうかなあ?と思いつつ、昨夜からの雨が上がりだしたので、行ってみることにした。
登山口には午前10時半過ぎ到着。
車も案外少ない。
登山口に水を汲みに来ていたおじさんは今日は白いほうのキヌガサタケを見に行ってみようといっておられた。
準備をして出発。
低山ではあるが、結構急登が続きます。
自然道分岐を左に曲がると、少しでこの時期一番よく見られる、根上がりの木
二人の方が観察してありました。
近くに行って聞いてみると、根上がりの木の下5メートルの所に、黄色いものが!
久しぶりの御対面です。嬉しい!
f0356953_2022254.jpg

鮮やかな黄色がきれいです。
今開き始めたのか?もう終わりがけなのか?判らないがどっちにしても見れたので満足

山頂へ向かいます。
他にもないか探しますが、今日はこれだけのようでした。
山頂には団体さんもいてにぎわっていました。
f0356953_2092561.jpg


下山は自然道経由で
距離は長いものの山歩きの雰囲気はいいのでいつもこちらを下っています。

下山後、立花山の某所へ
こちらはキヌガサタケの名所です。
竹林が近くなると早くもあの独特なにおいが!
期待大!
登山道の真ん中に見事に開いていました。
f0356953_2013264.jpg

別の場所にも次々に見つかります。
f0356953_20134014.jpg


f0356953_2014347.jpg


これほど同時に見たのは初めて!
f0356953_20144261.jpg


ラッキーな一日でした!(^o^)
[PR]
by sanyuuki | 2014-06-27 20:15 | 福岡県の山

大崩山 三里河原 ササユリに会いに 2014.6.15

6月15日 (日) 晴れ

f0356953_21404329.jpg


昨年から、大崩のササユリを見たくて機会を狙っていましたが、去年は大崩の茶屋に泊まっているときに大雨が降り出し、あえなく中止。。今年こそは!15日の日曜に行ってきました。

コースは、登山口~ワク塚分岐~ソデ塚~ワク塚~リンドウが丘分岐~もちだ谷バイパス~もちだ谷~三里河原~五葉塚~喜平谷分岐~登山口
f0356953_21431947.jpg


かなりのロングコースであるが、上ワク塚からはほとんど下りなのと、五日ほど天気が続いていたので祝子川の水位もかなり落ち着いているので歩きやすいのかな?と思っている。
ともあれ、この山だけは油断はできない。
緊張感を持続して歩かなければならない。

14日の午後11時半ごろ、福岡を出発。翌午前3時半頃祝子川温泉美人の湯に到着。
下の駐車場には、車が4台ほど停まっていた。
1時間ほど仮眠を取り、朝食を食べ準備をして登山口へ向かう。
空もだいぶ明るくなってきた、5時10分ごろ入山
ワク塚への渡渉点に着く。
安全に渉れるところを探して渡ることにする。
小積ダキやワク塚が大迫力で迫ってくる。いやがうえにも気分が盛り上がる。
f0356953_20275337.jpg

谷をしばらく歩き、次第に急登となってくるとソデ塚が近い。
途中休憩をはさみつつ、ソデ塚に7時半到着。
大絶景が広がる。
疲れも忘れて写真を撮り垂直に切り立った風景に見とれる。
f0356953_20351354.jpg

f0356953_2039409.jpg

f0356953_20401228.jpg


ここに待望のササユリが咲いていた。
美しい!
本州のものとは色合いやサイズが少し違っているらしいがそちらのものを見たことが無いので何とも言えない。
f0356953_20423665.jpg


f0356953_2043823.jpg

ヨウラクツツジも咲いていた。
ツツジの中で一番好きな奴だ。(嬉しい)
f0356953_2044586.jpg

さてワク塚に向かおう。
次の絶景目指して、急登を登り、下ワク塚へ
f0356953_2047223.jpg

ドウダンツツジが元気をくれる。
f0356953_217020.jpg

またまたまき道を通って、中ワク塚へ

f0356953_20484029.jpg


上ワク塚が見えた。
f0356953_20494197.jpg


ワク塚の岩場の基部にもいくつかササユリが見られたが、まだまだこれからというところ。
大きく回り込んで上ワク塚の上部に出る。
上ワク塚に登ってみる。(固定ロープもあるので簡単に登れた)
素晴らしい展望が広がる。
この景色を見たかった。
f0356953_20532798.jpg

七日廻り岩(初めて見ました)ここからしか見えないらしい。
f0356953_20561532.jpg

ツクバネウツギが咲いていた。
f0356953_20565583.jpg


ここまで登山口がら4時間ほど。
意識してゆっくりペースで来たが、ほぼ予定どうり。
リンドウが丘分岐からもちだ谷バイパスに入ったところでランチにした。
ここからもちだ谷に出会うまでは、グリーンウォークの地図では登山道があるように書いてあるのだが、実際には全くなし、コンパスで方向を合わせ広い谷を、七日廻り岩の左をかすめるように下っていくと、もちだ谷に出合った。
素晴らしい、広葉樹の大木繁る森であった。
f0356953_2123983.jpg

バイケイソウが咲き始めている。
f0356953_2132841.jpg


f0356953_214195.jpg


f0356953_2142256.jpg


ヒメシャラの大木が多く、花もつけていた。
f0356953_2152632.jpg


水流も次第に多くなり、ナメ滝も出てくる
f0356953_2194841.jpg


水もきれいだ。
ヤマメが泳いでいる。(左側)
f0356953_21104427.jpg


ついに三里河原に出た。
逆コースで登ってきた場合、滝に突き当たるまでもちだ谷の分岐には気づきにくいだろうなあ。
広い広い河原
九州の標高1000mを越えるところにこんなナメ岩の河原が存在するのだ。
f0356953_21151453.jpg

タツナミソウが川原の岩の隙間に咲いていた
f0356953_21174512.jpg

ここから楽しい河原歩き。
水量も少なく歩きやすい!
f0356953_21184465.jpg

ヤマツツジがきれいに咲いていた。
f0356953_21193583.jpg

この下は大滝になっている。
左岸側を大きく捲いて下っていく。(ちょっとわかりにくい)
f0356953_21202620.jpg


f0356953_2127768.jpg


f0356953_212733100.jpg


吐野に着くと三里河原は終わり、五葉の尾ダキへ向かう。
トラバース気味に続く登山道、対岸は切り立った岸壁が続いている。
五葉の尾ダキには多くのササユリが咲いていた。
ゆっくりと堪能する。
f0356953_21333764.jpg


f0356953_2134684.jpg


f0356953_21344749.jpg


さあ後は喜平越え谷分岐から一本道だ。
淡々とペースを守って登山口まで歩こう。
午後2時過ぎに登山口。
9時間の山歩き。
時間ほど長く感じなかったのは、やはりこの山だからだろうか?
大きな満足がえられた一日であった。
[PR]
by sanyuuki | 2014-06-25 21:24 | 宮崎県の山

ご挨拶

6月20日 (金)

あと数年で還暦を迎えます。
山歩きの記録を少し残したいと思いました。
四季の花を添えて作っていこうと思っています。
リンクフリーです。よろしくお願いします。m(__)m

[PR]
by sanyuuki | 2014-06-20 20:28 | 日常