ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

カテゴリ:福岡県の山( 94 )

福智山

5月8日(日) 晴れ

峰入り道を一緒に歩いたみなさんと、今日はのんびりと福智山を歩いてきました。
コースは、鱒渕ダム~七重の滝~豊前越え~山頂~自然歩道~鱒渕ダム
距離は結構ありますが、滝を楽しみながらののんびりコースです。

メンバーは、higeさん、mamaさん、風来坊さん、じゅんパパさん、ガック隊長、ふぃずランドさんと私の7名。

8時集合でしたが、7時半過ぎには全員がそろって、早めに出発。
天気も何とか持ちそうです。

hige沢親分から、あっぱれ!を頂いたガック隊長が先頭で出発~!
エルちゃんがお目付け役かな?
f0356953_20515238.jpg
最初の渡渉は慎重に
f0356953_20515578.jpg
今日のメインは滝巡り
1,2の3の滝
f0356953_21053732.jpg
急登を登る
f0356953_21053073.jpg
七重の滝に入ってないナメ滝ではヒメレンゲが美しい
f0356953_21054706.jpg
4,5の滝と
f0356953_21053943.jpg
6,7と続きますが、やはり一番立派なのは7の滝
f0356953_21054305.jpg
ホントのんびりと歩いて、新緑の沢を楽しみながら登る。
豊前越えから山頂までも暑くもなく、快調に歩いていく
たまたまトップで歩いていたら、後のふぃずランドさんが大きな声!
「ポンちゃん、マムシ踏んだ~~~!!」と、知らぬが仏、何事もなく良かったです。
踏まれたマムシ君は、なんか元気がなかったですね。
ごめんね!マムシ君
f0356953_21163092.jpg
山小屋の近くで、ヤマオダマキが?
休んでらした方も、誰かが植えたのかも?との事でしたが、今年は由布岳にはもう行けないので嬉しい
風来坊さんが寝転んで下から激写!
f0356953_21194413.jpg
今日の山頂は、やはり人が多かったですね。風を避けて昼食。
f0356953_21203806.jpg
いろんな話をしながら、峰入りの時とは違ったゆっくりとした山歩きが楽しめました。
下山は自然歩道経由。いつも思うのですがこちらは思いのほか長いですね。
なかなか着かん。^^;
時間に制約のあった、ふぃずランドさんは登山口に自転車をデポしていたので登山口でお別れ。
f0356953_21245383.jpg
いろんな話ができた楽しい一日でした。
同行していただいた皆様有り難うございました。

今日のお花です。
ホウチャクソウ、ミズタビラコ、タニキキョウ、キランソウ
f0356953_21261299.jpg
ヤマボウシ
もう咲き始めてました。
f0356953_21263117.jpg
ヤマルリソウ、ギンリョウソウ、ヒメウワバミソウ、フタリシズカ
f0356953_21263842.jpg
サバノオ、ナツトウダイ、クサイチゴ、ハイノキ
f0356953_21264254.jpg
そして、スペシャルなお花たち
f0356953_21265360.jpg
f0356953_21264788.jpg
f0356953_21263406.jpg
今季初めての花にも出会え、良い一日となりました。(^o^)


[PR]
by sanyuuki | 2016-05-10 21:35 | 福岡県の山

平尾台で

5月4日 (みどりの日) 晴れ 風強し

昨日、山口からの帰りに立ち寄ろうと思っていたのだが、悪天候のため自宅にそのまま帰っていたのだが、天気が回復したので午前中行ってみました。

f0356953_20322826.jpg
非常にいい天気なのだが、風が強い
どの山頂にも登らず、ポレポレと、いろんな踏み跡を気の向くままに歩いてみました。
今日のお花です。
ヤマサギソウは今季お初
左下は、ツレサギソウの蕾?
f0356953_20342549.jpg
オカオグルマは草原の黄緑にアクセントを
f0356953_20352625.jpg
カノコソウが多かった~
f0356953_20352986.jpg
イワガラミも咲き始めて
f0356953_20363322.jpg
タカサゴソウ、タツナミソウ、ソクシンラン
f0356953_20370235.jpg
気持ちの良い台上風景
f0356953_20402773.jpg
キンランも
f0356953_20405378.jpg
イブキシモツケ
f0356953_20411210.jpg
シュンラン、シラン、アマドコロ
f0356953_20420320.jpg
等々見て回りましたが、山帽子さんからうかがった花は、我が節穴には入ってきてはくれませんでした。
出直してこい!ということでしょうか^^;

[PR]
by sanyuuki | 2016-05-09 20:50 | 福岡県の山

猟師岩山

4月29日 (昭和の日) 曇り時々晴れ

猟師岩山のシャクナゲを見に行ってきました。

コース

船石橋~鬼が鼻岩直登コース~鬼が鼻岩~猟師岩山~椎原峠西~船石橋
f0356953_11132257.jpg
f0356953_11132550.jpg
午前7時半船石橋出発
この時点では私の車が4台目でしたが、戻ってくると林道の方にもたくさんの車で驚きました。
前夜の雨で、沢の水はかなり増えていて渡渉の多いこのコースではかなり難儀しながら登って行きます。
ハイノキ、ヒメウワバミソウ、ホウチャクソウ、ヒメレンゲ
f0356953_11171250.jpg
林道を横切り滝までの間ではラショウモンカズラが少し見られました。
f0356953_11202483.jpg
急登を登って鬼が鼻岩に出ると北風が強く寒いぐらい。
はけで紅をはいたようなスミレが綺麗
f0356953_11212220.jpg
縦走路ではミツバツツジもちらほらと
f0356953_11235132.jpg
シャクナゲも結構咲きだしてましたよ
f0356953_11242606.jpg
猟師岩山の山頂では、金山まで縦走する方と出会いました。
なんでも今日、、金山は山開きだそうで、11時ごろまでに行けば記念品を頂けるのだとか?

f0356953_12150459.jpg
下山は、椎原峠西から
縦走路の新緑と足元には斑入りのナルコユリ?
f0356953_12153408.jpg
メタセコイヤの緑に癒されながら、登山口へ戻りました。
f0356953_12165540.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2016-05-03 12:19 | 福岡県の山

峰入り古道 最終日 深倉園地~英彦山

4月24日 (日) 曇り一時雨のち晴れ 12名

いよいよ、英彦山入りの日を迎えた。
竃門神社から歩き繋いできた峰入り道も今日で完結する。

午前7時前には、銅の鳥居駐車場に全員集合。
今日の参加者は、信ちゃん俊ちゃん、higetiasさん、mamatiasさん、うすきさん、けいこたんじゅんパパさん、ガック隊長、風来坊さん、五百枝さん、ふぃずランドさん、と私の12名
3台に分乗し深倉園地に向かう。
準備を整え、7時半出発

今日のコースとグラフ
f0356953_22105532.jpg
f0356953_22105136.jpg
f0356953_22141586.jpg
沢を渡り、姥ヶ窟の観音様に今日の安全を祈願して急登に取りつく
急登の尾根には前回(3月20日)の時とは打って変わって花が咲き始め登っていても疲れを感じない。
f0356953_22163871.jpg
1時間ほどで深倉越。
ここから、峰入り道が始まる。
自然林に新緑が始まり非常に良い感じなのだが、ぽつりと降り出した。
にわか雨かと思ったが濡れて体を冷やすといけないのでレインを着用する。
f0356953_22182716.jpg
三国境をすぎると、シャクネゲが少し見られてくるがまだまだ蕾が多い。
オオカメノキ(ムシカリ)の花がよく咲いている。
f0356953_22213126.jpg
深倉越えから1時間ほどで岳滅鬼山到着
直ぐに岳滅鬼岳へ向かう。
f0356953_22245341.jpg
ここから、岳滅鬼峠までは、難所続き
濡れた岩にすべらぬよう慎重に下る。
峰入り道で最大の境界石が迎えてくれた。

f0356953_22263284.jpg
ここからは痩せ尾根の歩きになり、細かいアップダウンが、石楠花の頭まで続く。
11:30 石楠花の頭
ここで昼食
山名にふさわしくシャクナゲに囲まれてランチを頂く。
風来坊さん、五百枝さん、テーブルクロスを引いてオシャレにランチ。私もそのテーブルの片隅をお借りしました。^^;
今日一番絵になる一枚
石楠花越に、猫の丸尾、その向こうに南岳
f0356953_22285704.jpg
f0356953_22374981.jpg
最低鞍部へ下り猫の丸尾へ登り返す。
ここが今日の行程で一番きつかったところ。
猫の丸尾からは今日あるいた尾根筋がよくわかります。
f0356953_22390230.jpg
籠水の岩壁が見えてくると英彦山に入った実感がわいてくる。
お天気も回復してきてヒメレンゲが輝いていた。
f0356953_22414446.jpg
急登を登り、鹿の角へ
あとひと踏ん張り
f0356953_22431190.jpg
鬼の舌から最後の急登
ワチガイソウが励ましてくれた。
f0356953_22451403.jpg
そして、ついに南岳到着 2:15

中岳へと向かう


f0356953_22483819.jpg
上宮でお参りし、中岳山頂で記念にパチリ(higeさん提供)
f0356953_22560222.jpg
さあ、後は下山するだけだ。
行者堂でお参りして、正面道を下ろう。
f0356953_22580019.jpg
杉の大木にパワーをもらって
f0356953_22583966.jpg
f0356953_22585500.jpg
クリンソウの咲き初めにも出会て、嬉しい
f0356953_22593610.jpg
奉幣殿では、信ちゃんの依頼で宮司さんから英彦山の名前の由来などの話を聞くことができました。
f0356953_23004434.jpg
銅の鳥居までの参道は石畳で宿坊なども有りよい雰囲気だ。
16:40ついにゴール!
皆さんとお疲れ様の握手をしているうちに自然と熱いものが込み上げてきた。
f0356953_23005980.jpg
思わぬ、感謝状など頂き恐縮の至りであった。(感謝)
手に載っているのは、チロルチョコの特別オーダーバージョン(higeさん撮影の写真を使用)
峰入り道の写真をプリントしてあります。
こんなことができるのですね。驚きました。
有り難う御座いました。


*************************************************
エピローグ



修験者が最も重視した峰入りは、金剛界と胎蔵界とを結ぶ、100㎞前後の山道を集団で通行する、山岳とそうの修行である。…「修験集団に見る山岳通行(情報、交通)の実態」長野覚

修験者はこの修行で、悟りを開き仏に生まれ変わることを目標としていたそうです。

私の峰入り古道歩きは、3年前小石原~英彦山を歩いたことに始まった。
ひょんなことからいーさんに誘われ、峰入り古道を通して歩いてみることになり、下調べしながら1月に歩き始めたのだが、4月後半になりやっと英彦山にたどり着くことができた。

悟りなどとは程遠いダメ人間がよちよちと歩いてやっとたどり着いた感じなのですが、英彦山が近づくにつれ心の中に「感謝」という気持ちが膨らんできたのです。

気恥ずかしいのですが、その気持ちしかないのです。

歩かせてもらった、山道、
一緒に歩いてくれた人たち、
きっかけを与えてくれた人、
私に山歩きを教えてくれた人、
皆さん本当にありがとうございました。

******************************************************

[PR]
by sanyuuki | 2016-04-26 00:04 | 福岡県の山

だごしゃん道~縦走路~河原谷

4月17日 (日) 晴れ

地震の翌日、少しだけ歩いてきました。
心は重く、何か動いていないといけないような気がして…

隣組の行事が終わって、11時半ごろ昭和の森へ
登りはだごしゃん道で、ピークは無しで河原谷コースで下山

駐車場そばの八重桜が満開
f0356953_21542940.jpg
シャクナゲも今が見ごろです。
f0356953_21543153.jpg
ダムから見上げる仏頂山
f0356953_21555896.jpg
f0356953_21560929.jpg
重い気持ちのまま歩く。
ペースもむちゃくちゃ。息を切らし汗をかき登る。
大滝の手前のコガネネコノメソウの群落にホッと癒される。
f0356953_21563439.jpg
f0356953_21593269.jpg
やっと落ち着いて登ることができた。
急登を登りあがると、ツルシキミが迎えてくれた。
縦走路のミツバツツジはもうすぐ開花しそうですね。
スミレが多く見られた。
f0356953_22022838.jpg
自分に何ができるのか考えながら歩く。





[PR]
by sanyuuki | 2016-04-18 22:05 | 福岡県の山

古処山 春の花たち

4月10日 (日) 晴れ 黄砂

今日は9時から公民館の仕事があり、10時過ぎに終了。
近くの山で花の多そうなところは?と
浮かんだのが、古処山
シロバナネコノメソウの宝庫だ。
行ってみよう。

11時半、秋月登山口を出発。
今日は駐車場が上も下も満杯!
登山者が多そうだ。
車道脇には、カキドオシ、ムラサキサギゴケ、シャガ、ウマノアシガタなどがたくさん咲いている。
f0356953_22013548.jpg
登山道に入ると、新緑が気持ちいい
花期の長い、サツマイナモリ、フウロケマン、ツクシタニギキョウなどが次々に見られる。
シロバナネコノメソウも結構あるのだが、赤いルビーの部分が落ちてしまっていて、とても地味な感じ。
f0356953_22054334.jpg
山桜がとても多く、風に舞う花びらがとてもいいのだが、写真ではとらえきれません。
この山桜は、強風で倒れたらしいのだがしぶとく花を咲かせていた。
エイザンスミレは今年初
f0356953_22083265.jpg
通りがかりの登山者にサバノオの咲いている所を教えてもらった。
もう終わりかけだが、綺麗な花も見られた。
種はこんな形になるんですね。(この形が鯖の尾に似てるところから名前がついたらしい)
f0356953_22150398.jpg
そして本命のシロバナネコノメソウ
数は多いが、ルビーのついたものが少ない。
いくつかを~
f0356953_22152114.jpg
f0356953_22152860.jpg
ネコノメソウもいろいろと
f0356953_22163744.jpg
ユリワサビやギンリョウソウの赤ちゃんも
f0356953_22370880.jpg

キジョランがここでも見られた。
セントウソウは花が小さいが良く見るとヨカ花ですね。
f0356953_22182235.jpg
水舟をすぎると、ヤマルリソウがこれでもかというぐらい咲いていた。
ここまで多いのを見るのは初めて。
一番良い時期なのかな?
f0356953_22201048.jpg
見上げるとブナの芽吹き。足元にはフデリンドウが
f0356953_22205049.jpg
山頂は、登山者でごった返していた(びっくり)
少し離れた。大岩の上でおにぎりを食べる。
山肌には、山桜がイッパイ見えている
f0356953_22214862.jpg
頂上の石灰岩の周りの、ホソバナコバイモはほとんど終わりかけ。
かろうじていくつかを見つけた。
ツゲの花だろうか?これは初めて
f0356953_22251805.jpg
ヒトリシズカは今からどんどん咲いてくるでしょうね
f0356953_22261930.jpg
峰入り道歩きの時には奥の院に立ち寄らなかったので、今日は行ってみた。
鎖場を慎重に下って、いつ来ても雰囲気が違いますね。
f0356953_22280780.jpg
下山にかかると、ジロボウエンゴサクの群落
f0356953_22275961.jpg
そして、思いかけず見つけた、ハシリドコロ
独特の色です。
結構な群落を作っていた。毒があるらしいので鹿も食べないのでしょうね。
f0356953_22320190.jpg
最後に、ご褒美のように目の前に現れた、ニシキキンカメムシ
ツゲの木にではなく。岩の上をお散歩中でした。
4月に見れると思っていなかったので、素晴らしいサプライズでした。
f0356953_22340497.jpg
期待していた以上の成果に大満足の3時間半の山歩きでした。


[PR]
by sanyuuki | 2016-04-10 22:40 | 福岡県の山

昭和の森~河原谷~宝満山

4月3日 (日) 曇り夕方から雨

天気予報では、午後から雨
当然遠出はあきらめ、久し振りホームグランドをチョイと歩くことにした。

午前9時、昭和の森上の駐車場をスタート。
思いのほか車が少ない。やはり天気予報のせいか?
今まさに桜が満開を迎えていた。
草が谷ダムそばのさくらが見事だった。
f0356953_21372737.jpg
駐車場そばの西洋石楠花も素晴らしい花をつけている。
f0356953_21374339.jpg
登山道をゆっくりと登る。
落ち椿がいい雰囲気を作っている。
f0356953_21384481.jpg
苔もずいぶんと伸びてきて
f0356953_21401682.jpg
大ツララの岩壁では、今年もぎっしりのホソバナコバイモを見ることができた。
花はもう終盤
f0356953_21412552.jpg
ツクシショウジョウバカマが今最盛期
大ツララの岩壁基部や、羅漢道付近の群落も素晴らしい状態
f0356953_21414534.jpg
縦走路へ登る急登には、ネコノメソウやヤマルリソウが
f0356953_21415459.jpg
仏頂山でお参りして
f0356953_21444750.jpg
宝満山山頂へ。
11時ごろの到着。いつもなら大勢の登山者でにぎわう山頂だが今日は意外と少ない。
f0356953_21444397.jpg
遥かに英彦山を望む。いよいよだなあ!
f0356953_22030971.jpg







羅漢道のマンサクを確認に行ってみる。割と大きな木なのですぐにわかった。
まだ花が残っていました。(^o^)
f0356953_21481778.jpg
他にもいろいろ花や、キリンソウの芽、コクランなどを新たに見つけた。
スミレのピンク色が素晴らしい。
バンガローの周りのさくらも良い感じ

f0356953_21445332.jpg
兎道分岐から上を見やると山肌にくっきりと白い部分が見えた。
昨日、信ちゃんにコブシとタムシバの見分け方を聞いていたので、近くにある花を見てみると、どうもタムシバのようです。
f0356953_21555197.jpg
下山後、管理人さんに聞いていたイワツツジを見に行く。
ゲンカイツツジに良く似た花で、美しい!
f0356953_21575081.jpg
そばにはミツバツツジも綺麗に咲いていました。
f0356953_21581843.jpg
4時間ほどの山歩き。
花曇りでしたが、花いっぱいの時間を過ごすことができました。

[PR]
by sanyuuki | 2016-04-04 22:05 | 福岡県の山

峰入り古道 3.5日目 嘉麻峠~行者堂 

4月2日 (土) 曇りのち晴れ

先週、ガック隊長と行者堂~嘉麻峠を二人で調査した。
上手くいくかどうかわからなかったので、半分でも歩ければよいか?と思いながら歩いたのだが思いかけず歩き通すことができ、おまけに不動岩ではゲンカイツツジを見ることができた。

4月24日に最終日を歩く予定なのだがそれまで四週間ほど間が開くので、最終回を前のこの区間を歩いたほうが良いのではないだろうか?ゲンカイツツジも見ごろになる予想?と思い立ち、緊急の企画をした。
緊急でしたので参加者は少ないだろうと予測していたものの、思いかけず6名参加となった。

参加者   信ちゃん、俊ちゃん、higetiasさん、ジュンパパさん、けいこたん、風来坊さんとポンちゃん の7名    

集合場所の小石原伝統産業会館に午前7時半ごろには全員揃い、今日も信ちゃんからモーニングティーを頂く。いつもいつも有り難うございます。
嘉麻峠に二台で移動し出発。
今日のコースは、前回調査の時と逆コースでいきます。(これが我々が目指す英彦山へ向かう正しい向き)
それと、展望のほとんどない植林地で、正規の登山道ではないので私の後ろをついて歩いてもらうのも退屈だろうとの考えから、じゅんパパさんに先頭を歩いてもらうことにした。
f0356953_21431746.jpg
緩やかな地形なので尾根谷がはっきりとせず目指すラインが分かりづらい区間ですが、目印を風来坊さんが探しじゅんパパさんがGPSを見ながら方向を指示して歩いていきます。
こういうのも案外楽しい
大藪峠では、キブシの花が黄金の雨を降らせているようでした。
f0356953_21440509.jpg
ここからはけっこな登りで最高点の畑尻へ。
f0356953_21512130.jpg
この先のピークで昼食
金剛坂らしき急坂を慎重に下って、芝峠へ
f0356953_21555359.jpg
ここからしばらくの急登を登ると、不動岩へ
素晴らしい展望、見ごろになったゲンカイツツジが待っていてくれました。
ここだけは自信を持ってお勧めできるスポットでしたので喜んでいただけたようでよかった~!
集合写真は、higeさんから頂戴しました。
f0356953_21573244.jpg
f0356953_21573763.jpg
残りはもう少し。
兄弟嶽を目指そう

f0356953_22005756.jpg
低いほうに三角点があり、higeさん曰く「こちらがお兄さん」
では弟の方へご挨拶をと、行ってみる。

あとは、長谷峠を目指し下るだけ。
前回とは違って、最後まで尾根を下って林道にランディングできました。
車道を歩いて行者杉によってみる。
切り株の上で風来坊さんがスケールモデルになってくれました。
堂々たる杉と、歴史を感じさせる国境石です
f0356953_22085334.jpg
行者堂にお参りして、駐車場へ。

これで、higeさん、じゅんパパ、けいこたん、風来坊さん、ガック隊長と私の6人は完全踏破にリーチがかかりました。
何とか24日歩き通したいと思っています。(^o^)

[PR]
by sanyuuki | 2016-04-03 22:16 | 福岡県の山

オキナグサ

4月1日 (金) 雨のち曇り

仕事の関係で、突然金曜日が休みになった。
しかし、天気も悪く午前中は、タイヤ交換へ行ってきた。
お昼頃、雨も上がったので、基山へオキナグサの様子を見に行ってみた。
ついてみると、まだ山頂はガスに覆われており、じっとりとした天気。(+o+)
ゆっくりと歩いてロープで保護してあるところまで行ってみると、
咲いてました!
霧雨に打たれ、うつむいてはいますが結構咲いてました。
f0356953_22312833.jpg
f0356953_22313160.jpg
草スキー場では今、スズメノヤリがイッパイ!ヒメオドリコソウやカキドオシも
下山中にワラビを摘みながら帰る。
f0356953_22313552.jpg
帰りに、鳥栖のプレミアムアウトレットに立ち寄る。
ここもアジアからの海外旅行客に席巻されてました。^^;
コロンビアにて、山シャツを一枚購入。
ストレッチのきいたシャツで、夏場活躍しそうです。

[PR]
by sanyuuki | 2016-04-02 22:44 | 福岡県の山

峰入り古道 3.5日目 嘉麻峠~行者堂 踏査

3月27日(日) 晴れ

峰入り古道を計画するにあたって、準備期間が少なく未踏部分を調査せずスタートしたので、嘉麻峠~行者堂の区間はパスして歩くようにしていた。
四日目が終わり、最終日までひと月空くようになったので、この区間の調査を兼ね歩いてみようと思い、ガック隊長を誘ってみると、即OKの返事なので、半分でも歩ければいいか?という気持ちで調査してみることにした。

今回は、先達のアドバイスもあり逆方向から(行者堂をスタート)歩いてみることにした。
午前8時、嘉麻峠待ち合わせ。
隊長は先に到着して待っていた。やる気満々?!
今日は、しでかさないでね!^^;

車をデポして、小石原伝統産業会館へ移動。
ここよくお世話になってます。m(__)m

今日のコースとグラフ
f0356953_21174135.jpg
f0356953_21173872.jpg
まずは行者堂にお参りしてからスタート
行者杉を見て行こう
杉の木と修験道も深い関係があるようです
迫力ある杉が立ち並んでいます。
f0356953_21213657.jpg
国境石が、兄弟嶽にかけ点在しているらしい。
自然歩道を下って長谷峠へ出ます。
f0356953_21231776.jpg
長谷峠下の林道から入山
ここからではなく、長谷峠から入った方が良かったかも。
今日はこの幅広の赤テープがずっと先導してくれました。
f0356953_21254467.jpg
国境石も所々に見られます。
f0356953_21271663.jpg
兄弟嶽(二股山)に到着
お札がおさめてありました。
f0356953_21275820.jpg
近くの兄?(少し標高が高い)へ行ってみる

つり尾根にはコショウノキやキジョランが見られた。
展望は無し
戻って、郡境尾根を進む
崩壊地の横では北側の展望が開け芝峠をはさんで金剛坂を含む尾根が連なって見えている
f0356953_21330684.jpg
不動岩に到着
ここがこのコースの白眉
360度の大展望が広がる。
遠く英彦山を見やる、しでかし隊長(何思う)
f0356953_21350075.jpg
不動明王を祀った祠があり周りには、ゲンカイツツジの木が数本。3部咲ぐらいか?
隊長は初めてということで大変喜んでもらえた。
f0356953_21353355.jpg
深仙宿を出発した修験者はこの不動岩で、護摩を焚き狼煙を上げて、英彦山に出立の合図を送っていたそうだ。さもあらん!と思える場所であった。
芝峠までは一気に下って行く。
峠の頂点は崖になっているので少し下に降りてきた。
そのまま向かいの尾根に取りつく。
コショウノキの大株が二、三本見受けられた。

f0356953_21410188.jpg
次第に感じの良い尾根に変わり、いきなりの急登が目の前に
登りあがるとまた一気に下ってまた急登!
この坂が、金剛坂ではなかろうか?と2人意見の一致を見ました。
写真では坂の具合がようわからないですね。
f0356953_21424004.jpg
ここを登りあがると尾根は西へ曲って行き、しばらくで、このコースの最高点(三等三角点、畑尻)へ
飯塚六四会さんの標識が、北の方は読み取れません。
ここまで3時間ほど。ここで昼食にした。
f0356953_21484534.jpg
休憩後大藪峠方面へ
林道に出てから大藪峠へ
また標識の所から取りつき
f0356953_21494136.jpg
ここからは植林地帯の同じような高さの凸凹を登ったり下ったり右に行ったり左に行ったり、もしGPSと目印が無かったらさぞ苦労するだろうなあという難コースでしたが、目印が多く助かりました。
鈍頂の三角点
ここが、平地か?
f0356953_21511801.jpg
細かいアップダウンを繰り返し右往左往して嘉麻峠へ
こんなところに出てきました。
f0356953_21560024.jpg
半分も歩ければいいかと思って挑戦しましたが、思いがけず歩き通すことができました。
これも、先達がつけてくれた目印のおかげかと。

不動岩は一見の価値ありです。

これで完全につながりました。
最終日が楽しみです。

[PR]
by sanyuuki | 2016-03-28 22:03 | 福岡県の山