ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

峰入り古道 四日目 小石原~深倉園地

英彦山までの峰入り道がガスと光で荘厳な輝きを見せている
f0356953_21513812.jpg

3月20日 (日) 晴れ 北の風

いよいよ今回の峰入り道の核心部を歩く日がやってきた。
当初は、小石原~斫石峠の予定でいたが、最終日の行程が長すぎるとの意見と提案もあり、深倉園地まで歩くことにした。深倉園地から縦走路までの往復が追加になるが、均して考えるとこちらの方がよさそうである。これで四日目が、質、量ともに一番の難関区間になった。
気合を入れて歩こう!
今回の参加者
信ちゃん俊ちゃん、higeさんmamaさん、ジュンパパさん、けいこたん、五百枝さん、風来坊さん、ガック隊長、今回初参加のふぃずランドさん、とポンちゃんの11名。
ふぃずランドさんは、私の息子と同い年、健脚の青年です。
こういう多彩な年齢構成のグループ登山も楽しそうです。

さて、

深倉園地に6時集合なので、自宅を4時前に出発。
碓井町のコンビニで朝食など食べていると、そこへmamaさんが~
また早朝のコンビニで拉致されました~
higeさん号の後ろについて知らないルートで向かいます。
英彦山駅をすぎると後ろにまた車、案の定信ちゃん号でした。
護送されてます~^^;

一番乗りは、ふぃずランドさん
次々に到着され、分乗して小石原へ移動。
小石原伝統産業会館の駐車場で全員そろって、ミーティング後出発。

今日のコース
f0356953_21543437.jpg

鋸状の尾根がよくわかるグラフ。
累積標高も+1500mを越える
f0356953_21544155.jpg

6時35分、小石原伝統産業会館の駐車場を出発。
放射冷却でかなり冷え込んでいる。
f0356953_21580846.jpg

石畳の道を歩いて、行者堂へ
ここは、深仙宿と言われ、峰入りの途中一週間ほど泊り込んで修行をしたと伝えられるところ。
今回の峰入り道の中でも最重要ポイント。
行者堂、護摩壇は再構されたものだが、良い雰囲気です。
f0356953_21584972.jpg

裏を回り込んで香水池へ
膝の病気に良く効くと伝えられる石に膝をあてる信ちゃん。
山歩きで一番悪くするのは、膝なのでほとんどの方があてられてました。

f0356953_22022189.jpg

ここからやっと入山です。
朽ちた木橋は渡らず、左の方に
序盤は、杉の植林帯のアップダウンが続きます。
今日はポンちゃんがトップなので、暴走しないよう後ろにはお目付け役としてhigeさんが目を光らせています。^^;
状態のいいツチグリ発見
f0356953_22051637.jpg

駐車場から一時間チョイで、最初のピーク、陣尾
樹林帯の山頂で展望はなし
ウォーミングアップができたかな?
f0356953_22082089.jpg

ここから次第に痩せ尾根が増えてきて、30分ほどで貝釣りへ
ここの固定ロープは以前歩いた時危険な状態だったので、今回信ちゃんにお願いしてロープを持ってきてもらいました。
私とひげさんが先に登って、ロープを固定。
ひげさんが8の字結びで木に結んでくれます。
f0356953_22184045.jpg


人数が多いので、ここは時間のかかるところ。
でも、大事なところですから安全第一で!
上手く通過できました
大岩を右に回り込んで、観音岩へ下って行く。
ここも一部ロープを設置
観音岩の下が、笙の窟。
ここは固定ロープがしっかりしているので一人ずつ下りて行きます。
f0356953_22200572.jpg
笙の窟では、修験者がかつて舞を舞ったということらしいが、今では天井が崩れ落ち立つことすらできない。
でも、こういう岩屋に寝泊まりしていたんですねえ。
往時を想像すると、やはり厳しい世界だったのですねえ。
また戻って、笈釣りへ。
ここはルートのわかりにくいところ。十分注意して進みます。
笈釣りの岩場を慎重に進む。
下り基調なので気を付けて
f0356953_22304681.jpg
ここをクリアすると、最大の難所、糸が峰
苔のついたナイフリッジの通過
周りに木があるので少しは恐怖心は多少薄れますが、やはりすべらぬよう慎重に!
緊張区間です。
f0356953_22320074.jpg
貝釣りから糸が峰を通過するまで100分かかっていました。
焦らず行きましょう。

でもこの先の尾根を直進してしまい道をロスト
登り返して正しいルートに復帰
皆さんゴメンナサイ!m(__)m
下っていくと、舗装林道に出合う。10時
ここで休憩。おやつなど頂いて次の登りに備える。
f0356953_22392384.jpg
休憩後、とんでもない急登に取りつく。
ロープもあるが、土がまだ乾いておらず滑って登りにくい。
頑張って登る!
愛敬瀬戸近くの平坦な広場で昼食休憩。
休憩後見に行ってみる。
男岩、女岩があり女岩の間をロープをつけ目隠しをして下りて行ったそうだ。
男岩、立派過ぎて~
f0356953_22435424.jpg
ここから、大日ヶ岳まではすぐだ。
11:56大日ヶ岳
宝満修験道のお札が奉納されていた。
f0356953_22463277.jpg
ここから、斫石峠までも岩場続き
慎重に行こう
f0356953_22504991.jpg
斫石峠まで急坂を下りてくると大日ヶ岳が頭上にそびえていた。13:00
f0356953_22512126.jpg
小休憩、ストレッチをして釈迦が岳への急登に取りつく
岩を落とさぬようゆっくりと登る。
25分ほどで山頂
見晴らしよく、英彦山までの縦走路がすべて見渡せる。
ここで記念に一枚。(higeさんから頂きました)。
f0356953_22531450.jpg
だいぶ疲れもたまってきました。
ペースを守ってゆっくりと行きましょう。
ここからは、なだらかな稜線歩きが、
嬉しいですねえ。
左下に深倉峡の岩峰が見えてきました。
振り返ると歩いてきた尾根が

f0356953_22592489.jpg
深倉越に15:10到着
さあ後は下るだけ。
f0356953_23020477.jpg
でもここからの急坂がてこずりました。
f0356953_23033675.jpg
樹間に、白い注連縄が見えてくると深倉園地に到着だ。
16:50 駐車場到着。
長い一日が終わった。
全員怪我無く到着が一番うれしい。

駐車場には、山帽子さんが待っていてくれた。
差し入れなど頂いて有り難う御座いました。

今回の頑張りで、最終部が少し楽になりました。
来月、皆さん背笑顔でゴールいたしましょう。
お疲れ様でした。

最期に、
今日、MVP級の活躍だったガック隊長。
途中まで、「隊長、でかしたっ!」でしたが、後半の下りで「隊長、しでかしたっ!」に変わったので、MVPははく奪です(爆)

[PR]
by sanyuuki | 2016-03-22 23:16 | 福岡県の山