ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

英彦山 スペシャルコース

3月5日 (土) 啓蟄 晴れ

木曜日に、信ちゃんから山歩きのお誘いのメールがあり、返事が遅れたが何とか参加することができました。
今日は別所に9時集合との事。
当日は思いのほか早く到着。
時間つぶしに、花見が岩へ。
朝日を背景の英彦山もなかなか良いものです。
中段は、右側に上仏来山の丸い頂と中央奥には峰入り道の最終日歩く、岳滅鬼山の尾根が見え、西の方には歩いてきた峰入り道が遠望されます。


f0356953_20312584.jpg
9時前には、皆さん到着され、今日は信ちゃんどんなコースを連れて行ってくれるのかな?と聞いてみると、「お花のとこ以外決まってないですよ」ということで打ち合わせの結果、皆さんあまり行ったことのない双戸窟あたりから攻めてみることにしました。
今日のメンバー
信ちゃん、俊ちゃん、S.TAROUさん、higeさん、mamaさん、けいこたん、じゅんパパさん風来坊さん、ポンちゃん の9名


お土産屋さんのそばには、もうミツマタの花が咲き始めています。
幸先いい!(^o^)
f0356953_20312772.jpg
九大生研のとこから入山。
序盤はみなさんに少しヤブコギを楽しんでもらう。
谷を登って尾根に出たところがぴったりと双戸窟でした。
GPSはありがたいもんです。
f0356953_20314515.jpg
じゅんパパさんをモデルに撮影を楽しんで移動。
展望の良い露岩からは英彦山から派生する襞の深い尾根谷が折り重なって見えています。
すぐ先で、信ちゃんらしからぬ可愛い悲鳴~~~~~!m(__)m
ガマガエル君も啓蟄ということをちゃんとご存じなんですね。
貫禄たっぷりでした。
f0356953_20314528.jpg
南岳コースに戻り、智室社へ
岩壁の梵字岩。
オーバーハングの岩に「どうして掘ったんだろうねえ?」
f0356953_20314529.jpg
ここからまた、またアドベンチャールートへ。
あれをよじ登り、これを下って~
f0356953_20314556.jpg
展望の良い所からは中岳の上宮が見え、天狗の鼻からは西側の展望が広がる。
f0356953_20314563.jpg
またまた下って、四王寺の滝ルートと出合い、登り上げる~
黒々とした四王寺の滝。
名残の雪が滝下に残ってました。
f0356953_21163051.jpg
これからまた、南岳への急登を~~
攀じて、登って~~
到着~~
ふう~~
f0356953_21181348.jpg
南岳では、思わぬ方にお会いすることができた。
鈴鹿の風に吹かれて のMORIさん。
峰入り道を3月1日からテント泊で歩かれてきたそうだ。
今日がゴールの日。いろいろお話させていただきました。
凄い方です。
良い出会いでした。

中岳に移動して大休止
ぽかぽか陽気で、上着を羽織る必要もなく気持ちいい!
f0356953_21252809.jpg
昼食後、北西尾根経由で下山?と思いきや
途中から谷の方へ~
またヤブコギかい?
苔も春の芽吹き、すかさずぱちりと
f0356953_21265772.jpg
歩きやすいところを探しながら下っていくと、
モアイ像と言われる巨石が
なるほどそういわれることはありますね。
俊ちゃんと比べ大きさが分かるでしょうか?
f0356953_21270067.jpg
歩きやすいところを探しながら下って、バードラインに合流
スキー場を思いっきり駆け下って、~~~~~トイレへ(爆)
すべってころんでの多い山歩きでしたが、にぎやかでしたよ ^^;
f0356953_21313564.jpg
針の耳という奇岩があるというので立ち寄ってみた。
左から入って、暗い狭い岩を抜け出てくると
案内文があった。
      通り抜けられた私は  ≪善人の証明≫  ^^;

f0356953_21345778.jpg
下山後、お花めぐりへ~
これが今日のメインディッシュ
まずは、セリバオウレン
丁度見ごろになっていました。
清廉な美しさですね。
f0356953_21402615.jpg
お次は、ホソバナコバイモ
少し時期は早かったものの、風来坊さんが一輪綺麗に開花したものを見つけてくださいました。
f0356953_21413892.jpg
素晴らしい花です。でも、足元注意ですね。
皆さんとはここでお別れして帰宅。

天気、仲間、新しい出会いと、春一の花々に出会えたスペシャルコースでした。
決して一人ではいかないでください!(笑)
皆様有り難う御座いました。

[PR]
by sanyuuki | 2016-03-06 21:59 | 福岡県の山