ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

一日で二度美味しい!由布岳と花散策

10月18日 (日) 日本晴れ 2名

今年の北部九州は紅葉が素晴らしいようだ。
中でも山友さんによると、大船の紅葉は数年来で最高だとか。
ということは、好天に恵まれた日曜はすさまじい人出が予想され、人ごみに行くのが最も苦手な私は、行きたいけれど行きたくないという葛藤の末、大船はあきらめほかの候補を検討。
結局由布岳に行くことにした。
Kさんと午前4時福岡を出発。
6時前に正面登山口に到着。
まだ無料の方もガラガラ状態。少し明るくなるまで待って出発することにした。
今日のコース
日向自然観察路を歩き、日向岳に寄り道。東登山道を登ってお鉢へ。
東峰には寄らず、お鉢を反時計回りで回り西峰へ。
正面道で下山
f0356953_21304166.jpg
6時10分出発
草原をゆっくりと歩く間に、由布岳が焼け赤く染まり
空には一点の雲もなく、最高の天気である。
f0356953_21330733.jpg
ヤマラッキョウなどを愛でながら、観察道の分岐から東登山道を目指す。
f0356953_21340059.jpg
落葉広葉樹の多い林はもう紅葉が見ごろとなりつつあり
f0356953_21350957.jpg
楽しみながらトラバース気味に歩いていく。
日向岳の分岐まで来ると後ろから一人の青年が。
東登山道を登りお鉢を時計まわりに歩く予定だそうだ。ここで別れるがまたどこかですれちがうでしょう。と話して別れる。
あまり人のこないマイナーな山頂であるが、立ち寄った御褒美にトリカブトを一輪だけ見ることができた。下の方は食いちぎられたようであるが、鹿の仕業?

f0356953_21375300.jpg
東登山道に回り込み結構な急登にかかる
ここからの紅葉が素晴らしかった
f0356953_21423358.jpg
汗が吹き出す急登を登り、最初の岩場をクリアーすると大展望が一気に開けた。(喜)
祖母、傾の山並みが一望
大船山、黒岳も紅葉の斜面の向こうに見える。
思わず歓声を上げた!
f0356953_21441333.jpg
Kさんも満足そうに景色を楽しんでいる
f0356953_21462905.jpg
連続する岩場の急登を登りお鉢の一角に出た。
剣ヶ峰で休憩する
野沢菜のおやきを半分こして食べる。(美味し)
f0356953_21483522.jpg
お鉢巡りの途中(一番の難所で)先ほど別れた青年とまた出会う。
安全なルートを教え再びお別れ。
岩場には見事なホソバノヤマハハコが咲いていた。
f0356953_21495663.jpg
お鉢東側に紅葉も見事
f0356953_22121673.jpg
滑りやすい砂礫の急斜を登り西峰へ、
まだ時間も早く人も少なかった。
展望を楽しみながら、昼食
マタエから登ってくる登山者から「お鉢巡りのコースが崩壊していけないと聞いた」と何度も聞かれる。「そのたびに今までと何ら変わっていませんよ」と返事をする。
なんかそういううわさが広がっているようだ(???)である。
f0356953_22012331.jpg
とにかく展望が素晴らしい
東は遠く、四国の山並み、北は英彦山を通り越して福智山まで。南には祖母傾の向こうに大崩の山並み。そして九重連山は勢揃い!西は雲仙らしき山まで~~
f0356953_22041496.jpg
f0356953_22041839.jpg
f0356953_22041089.jpg
障子戸の岩場を下ろうとすると、横ばいの鎖の手前でもう怖くて、下りますという女性がいた。がどうやって下っていいのか分からず途方に暮れていた。
何とか励まし、声でサポートし下りてもらった。
岩場で恐怖心がわいてくると体が縮こまって動けなくなるが、それの一歩手前の様だった。事故にならずに良かった。(ホッ)
正面道の紅葉もそこそこ
下山にかかると次々に登山者が登ってくる。
挨拶が大変[(^_^;)

f0356953_22190496.jpg
合野越えをすぎて、また朝の青年と出会う。
ここから三人で下山。山にはまってしまったそうで毎週歩いているそうです。
山馬鹿誕生ですね。

とにかく美しい景色を堪能した由布岳でした。

下山後花散策へ
何時もの場所では、ウメバチソウ、センブリ、ヤマラッキョウなどが密度高く咲き乱れ、改めて此処の実力を見せられました。
左下は、アソノコギリソウかな?
f0356953_22260826.jpg
ウメバチソウは多かったですね
f0356953_22261220.jpg
ムラサキセンブリの大株
周りにはウメバチソウやヤマラッキョウが
f0356953_22261615.jpg
f0356953_22262103.jpg
天気、紅葉、お花とまさに天恵の一日でした。
Kさんお付き合いいただき有り難うございました。


[PR]
by sanyuuki | 2015-10-18 22:34 | 大分県の山