ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

祖母山 黒金尾根からの周回

6月21日 (日) 曇り時々晴れ

昨日は、8時ごろには寝たのだが、沢の水音が耳についてなかなか寝られず、完全に眠ったのは12時を回ってからだった。
午前4時起床
心配していた雨はずっと降らなかったみたいだ。
まだ暗い中、テントをたたみ、お湯を沸かして朝食(パン、コーヒー、スープ)などを食べる。
5時前には明るくなり、いくべか!
車中泊したもう一台の車の方は、まだ眠っていらっしゃるようだ。
こちらはコースが違うのでまた出会うことがあるかもしれない。
と、隣に一台車が入ってきて、優しそうな紳士が出てこられ、挨拶して出発。
f0356953_22101004.jpg
山頂には少しガスがまとわりついている。
後で晴れてくれることを期待して歩いていく
川上渓谷に入り黒金尾根と宮原との分岐になる、吊り橋
行きは直進、帰りはこのつり橋を渡ってゴールとなる。
f0356953_22114669.jpg
それにしても、沢が美しい
f0356953_22501575.jpg
f0356953_22132988.jpg
吊り橋を渡り、沢を何度か渡りながら黒金尾根の取り付きまで行く
f0356953_22133657.jpg
f0356953_22134112.jpg
尾根に取りつくと、もうここからは急登がずーっと続く
縦走路までの標高差1000mほどずーっと登りづめである。
標高100mごとにある標識ごとに給水、小休憩を入れながら焦らず、登って行く。
足を止めなければいつかはつくんだよ!と言い聞かせ

f0356953_22201566.jpg
それにしても巨木が多い
f0356953_22495251.jpg

標高800mの展望所から、朝日を浴びるでこぼこの尾根を仰ぎ見る
f0356953_22210766.jpg
f0356953_22204943.jpg
何度かの休憩、行動食の補給などしながら、やっと天狗の水場についた
天狗岩の直下から湧き出る水は冷たくて、手がかじかむほど
美味い水でリフレッシュ!
ここまでくればあとひと踏ん張り
f0356953_22254574.jpg
スズタケをつかんで登るゾーンをすぎると、裏英彦山の様な岩場登り
f0356953_22271092.jpg
縦走路が近づくと少し日当たりの良いところもあり、タツナミソウが
f0356953_22282942.jpg
すぐそばに、嬉しい発見
ショウキランだ。去年九重で見たがここで見られるとは!嬉しい
f0356953_22330456.jpg
やっと、縦走路に出た!
ここまで3時間20分ほど。いいペースかな?
f0356953_22343992.jpg
家内はここで休憩、Kさんと二人で天狗岩に行ってみる
一か所岩場の縁をを回り込むところが危険かな?と
ガスがかかり展望は無し。元気玉を集めてみたが、元気は休憩していた家内の方に行っていたようだ。(笑)
f0356953_22463573.jpg
ミヤマキリシマやドウダンツツジがまだ咲き残っている

f0356953_22410948.jpg
f0356953_22413879.jpg
コナスビやショウキランの咲き始め
f0356953_22414203.jpg
f0356953_22415133.jpg
さあ祖母山を目指そう
ヤマボウシがいい感じに咲いている
f0356953_22433395.jpg
アップダウンを繰り返し次第に山頂が近くなってくる
振り返り見ると、
f0356953_22453931.jpg
山頂直下の梯子場を登る
f0356953_22523091.jpg
シギンカラマツがもう咲き始めていた
f0356953_22531565.jpg
9時50分、山頂
久しぶりのがっつり登りでした。
残念ながら、ガスが多く大展望は無し
f0356953_22544796.jpg
朝駐車場でお会いした紳士も、我々より先に宮原経由で到着されていた。
なんか、気になる方だったので思い切って、「うすきさんではありませんか?」と失礼を承知で訪ねてみると、まさにビンゴ!
お会いできてよかったです
古祖母まで歩かれるそうで、我々より先に山頂を後にされた。
またどこかでお会いできますように!
昼食後は、オオヤマレンゲを楽しみながら宮原経由で下山
9合目小屋の周りのオオヤマレンゲの群落は凄いですね!
f0356953_23022954.jpg
f0356953_23023753.jpg
f0356953_23030092.jpg
f0356953_23024170.jpg
たっぷりと楽しませてもらいました。
他にも
f0356953_23051107.jpg
f0356953_23051553.jpg
f0356953_23052361.jpg
f0356953_23053059.jpg
ケイビランの葉?
f0356953_23053899.jpg
馬の背の岩場を通過
f0356953_23083524.jpg
屏風岩を横目に見て
f0356953_23090060.jpg
宮原分岐
f0356953_23094276.jpg
このあたりから、先週英彦山を歩いた時、靴ひもの締め過ぎが原因で、右足のくるぶしとアキレスけんの間を痛めていたのだが、下りになってまたそこの部分が痛み出した。
編上げ部のひもを外し圧迫しないようにして下るが、患部に靴がふれると傷む感じである。
だましだまし下っていく
尾根コースと谷コースの分岐で少し迷ったが、谷コースを下ってみた。
どちらもほとんど時間が変わらないのと、最後の渡渉が無いのが決め手
最後はずっしりとした疲労感がたまってきたが、3人とも無事下山できた。
f0356953_23182069.jpg
午後二時登山口
9時間、祖母山にどっぷりと浸った一日でした。
3年分ぐらいオオヤマレンゲ見たような~
最後に振り返り
f0356953_23185736.jpg
今日のコース
f0356953_23192961.jpg
f0356953_23193367.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2015-06-24 23:25 | 大分県の山