ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

英彦山 オオヤマレンゲと思わぬ二人連れ

6月13日 (土) 晴れのち曇り

今年は案外英彦山に行っていて、これが5回目
結構ハマりつつあります。(^o^)

今日は、オオヤマレンゲと3月に見つけられなかった双戸窟、行者滝から正面道へ登るルートを見つける。というテーマで歩くことにしたので、スタート地点を別所にするか、豊前坊にするか迷ったが、最後にあまり歩きたくないので豊前坊に車を置き、別所まで歩くことにした。

午前6時、豊前坊出発
他に車はないので、今日一番の登山者ということか?

f0356953_18060789.jpg

f0356953_18400470.jpg

結構距離もあるので、花などが見つけながら歩いていくつもりだが、あまり咲いてません^^;
フタリシズカはもう終盤
f0356953_18060150.jpg

山頭火の句に出会う
良くこんな句ができるなあ!
現代でコピーライターしたら糸井重里もおよばないでしょう
f0356953_18065766.jpg

この句に出会ったおかげで、ほのぼのとした気持ちになり一歩一歩が楽しくなる。
スキー場のススキもだいぶ背が高くなってきた
f0356953_18143520.jpg

かつて宿坊があったであろう古い石垣にはユキノシタが今盛り
f0356953_18144020.jpg

ハンカイソウも咲き始めた
f0356953_18211231.jpg

九大生研の手前から右手の登山道へ入り、しばらくで上仏来山との分岐に出会う
そこを過ぎると登山道はすぐに不明瞭になり、小さな谷を過ぎた尾根に取りつく
尾根を登ると途中にポコンとした岩があり手前にわずかに踏み跡が見えて、下っていくと
写真で見たことのある、どくろのような形の双戸窟についた
f0356953_18303099.jpg

どくろの目にあたる穴は奥でつながっており、内部の高さは1mチョット
人間の手で掘られたものか、自然のものなのか?
不思議な形ですね
f0356953_18331990.jpg

岩場からは、朝日が気持ちいい
f0356953_18341964.jpg

鬼杉ルートに戻り行者滝の谷を目指す
f0356953_18354851.jpg

ヤマアジサイ
f0356953_18355138.jpg

ちょっと集中が切れていたのか、三呼の峠と玉屋神社の分岐を見過ごし玉屋神社の方に進んでいた。
気がついた時はもう玉屋神社が近くなっていたので、とりあえず玉屋神社まで行くことにした
後でお会いした早田さんに聞くところによると、この社の奥は大きな窟があるそうだ
f0356953_18400976.jpg

ここから、玉屋見口へ登って行く
途中まで登って行くと、上から一人下ってくる人が!それも女性
ここで単独の女性に会うこともほとんどないので、ちょっとお話ししてみると「英彦山は初めてで鬼杉コースで来たが目印につられて登って行き、もうルートもつながってないかと思い引き返してきた」そうだ。「迷惑でなければついていってもいいですか?」との申し出
今日の予定コースを説明し(一般道でないこと、一部未経験の場所もあること)それでもよければということでご一緒することにした。
玉屋見口までは急登、岩場もあり、観察してみると運動神経抜群、こういったルートが大好きだそうだ。ならば大丈夫か?と思い、玉屋見口で再確認してから行者滝を目指す
大岩にはイワタバコが結構ついている
f0356953_18363612.jpg

行者滝までは割と踏み跡もはっきりとしていて迷うようなこともないが、滝から尾根に上がるまでは近いものの未経験なので登りやすいルートを見つけ登らなければならない。
f0356953_19105947.jpg

滝の右側を偵察。こちら側は崩壊地を横切って目印があるがそこを過ぎても岩壁が続いているようだ。
戻って滝の左側を見るとすこし踏み跡も見え、ちょっと登ったところで目印を発見
こちらを登ることにした。
スズタケが茂り、鹿の通った後を登ってやっと正面道に出た。
距離は短かったが案外苦労しました。
丸太の所で休憩
ヤブコギさせてごめんね!というと、「案外楽しかったですよ」と
驚!
ここまで来たらあとはオオヤマレンゲだけ
産霊神社から楽しんでいこう
ここの花は2つだけ綺麗なものがあった
f0356953_21082649.jpg

f0356953_21085970.jpg

参道には、コナスビの花が咲いている
f0356953_21100783.jpg

コウゾリナ
f0356953_21104923.jpg

上宮でお参りし、多くな登山者でにぎわう中岳の山頂広場で昼食
と、!
なんと、先週お会いしたような笑顔の方?
信ちゃん、俊ちゃんであった。
ビックリ!!
さらに、びっくり
higetiasさん、mamatiasさんまで~~
私が見知らぬ女性と一緒にいるので、少し驚かれたようですが~~
私、無実です~~~(笑)

少しお話してお別れ、英彦山ヒメシャラの写真を撮り、
f0356953_21174122.jpg

少し動揺していたのか、ドウダンツツジの写真は撮り忘れ~(爆)
北岳へ移動すると、今度は早田さんに出会う
またまた、貴重な話やアドバイスなど頂いた。
いつもありがとうございます。
熔岩壁のオオヤマレンゲ、を楽しむ
ココのが一番良かったですねえ
f0356953_21233562.jpg

f0356953_21234526.jpg

f0356953_21234941.jpg

顏の近くのあった花の香りをかいでもらう
オオヤマレンゲの美しさ、堪能してもらいました。
最後に望雲台にご案内
大展望を楽しんでもらい
別所まで送っていき、解散
長崎から、オフロードバイクにまたがってやってこられた、Hさん、凄い体力とやぶこぎ力をお持ちの会話も楽しい方でした。
冬、滝が凍る頃またいらしてくださいね!

たまにはこういう山歩きも楽しいですね(^o^)

[PR]
by sanyuuki | 2015-06-14 21:46 | 福岡県の山