ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

塔が峯と平尾台の花散策

6月7日 (日) 晴れ時々曇り

筑豊から北九州にかけては、石灰岩の山が多い
そして山の形が個性的なものも多く、今回登った山もその一つで、平尾台の盟主、貫山の南から西側にぐんと張り出した山があり、小倉南インターを降りて平尾台に向かう途中左に見える尖峰が塔が峯(582m)である。
f0356953_18572793.jpg
この山に、「素敵な岩場があるよ!」と聞いたのは、今年の4月井原山でお会いした、信ちゃんの美夜古たより の信ちゃんからであった
いつか行かないかん!と思っていたが、平尾台の花散策と兼ね、友人のKさんを誘って行ってみることにした。
ナイフの刃を天に向け切っ先がこちらに向いている姿を想像してもらうと、この山の形がわかりやすい。左右からのアプローチは山岳登攀の世界。我々が登れるのは手前の尾根が比較的勾配が緩い(取り付きから展望台までの角度は35度ぐらい)のでそこを直登することにした。
現場で見た登路は、まるで壁!であった
「どこから登ると?」って感じでした^^;
f0356953_20063799.jpg
茶が床園地に8時集合の予定だったが二人とも7時半前には着いていた。
一台をここに置き、井出浦へ移動
浄水場の横の少し広くなった所に車を停め出発する。
民家の間をゆったりと登って行く
ホタルブクロやユキノシタが咲いている、いい雰囲気
f0356953_20132021.jpg
林道を詰めていくと右側に分岐
f0356953_20223878.jpg
沢沿いを登って行く
次第に杉林となって、左岸側に目印があらわれた。
f0356953_20225581.jpg
何気にこの目印につられてしまった
直ぐに方向が違うことに気づき引き返す
f0356953_20240728.jpg
戻ってすぐに滝に突き当たる。
ちょっと見には滝をまいていくしかなさそう。
右岸側から藪を強引に登って行くと、左かららの踏み跡に出合う
滝の上に出ると水流はなくなり涸れ沢になっていた
ココにも沢沿いに目印がある

f0356953_20243935.jpg
少し行ってみるが、この目印も違う
先ほどのやつも、右側の尾根に登って行く目印の様である
その尾根には326mのピークがあるのだが、そこに登って行くのだろうか?
ここまでで1時間ほどタイムロス(序盤からガックシ!である)

左側が塔が峯の尾根なのだが、どこから登ればいいの?というぐらいの勾配
結局、尾根の末端近くまで戻って、登れそうなところを見つけ取り付く
しかしこの尾根、大変な岩尾根でした
序盤は岩はあるものの土も多く滑りまくり
勾配は全く緩むことなく4足フル稼働、目印などは全くなく、自分で登りやすそうなルートを見つけながらよじ登っていく。
f0356953_20324226.jpg
一か所だけ、展望の良いところがあり休憩
2人顔を見合わせ、もう苦笑いするしかない
f0356953_20331232.jpg
まだまだ続く急登を必死まめたんで登って行く
f0356953_20353508.jpg
f0356953_20355870.jpg
ここで電話が…!?
なんと!信ちゃんからであった
今日ここを登ることを伝えてはいたのだが、後で平尾台の花の案内に来て下さるそうだ。
よしっ!と気合を入れなおして登る
やっとのこと、展望台に到着
ホッと休憩の、Kさん
滝の所からここまで1時間半を要していた。
ここまでの岩尾根は初めて、大きな達成感!
f0356953_20391425.jpg
木々に囲まれた山頂
f0356953_20452473.jpg
今日の予定の半分は終了
信ちゃんと待ち合わせの所まで移動して、花を楽しむことにしよう!
色々咲いてますねえ
左上は??  ハナイカダ
スイカズラ  テイカカズラ
f0356953_20474104.jpg
今日の目的の花、モミジバウリノキ
なんともかわいいカール!
f0356953_20501726.jpg
大平山から四方台へ向かう鞍部に出て、信ちゃんが来てる方向へ向かう
無事合流できた!(^o^)
ここからは、平尾台の名人の後ろにくっついてお花散策!
f0356953_20564492.jpg
タカサゴソウ ムラサキ
フナバラソウ カキラン
カキラン以外はお初です
f0356953_20593485.jpg
終わりに近かったが、オカウツボのムラサキとシロバナ
これもお初
f0356953_21011019.jpg
ピンポイントでビシバシ連れて行ってもらえる。
Kさんと2人ではこうはいきません^^;
花以外にも、平尾台名所の
ライオン岩  岩山
ヘビ岩    根性の木
f0356953_21043827.jpg
岩山で昼食後、またまた信ちゃんに電話があり、お知り合いが近くにいらっしゃるそうでまたまた合流
山帽子のとまり木 の山帽子さんであった
平尾台の名人に達人が加わりもう怖いものなし!(チョと違う)さらに安心
先ほどのオカウツボに始まり、湿原へ移動し今日一番見たかったトキソウとの御対面
f0356953_21161674.jpg
思ったより小さいが、なんとも可憐
ヤマトキソウと違って花弁が開きます。
ヤマトキソウはほとんど閉じたまま(今回、ヤマトキソウの写真だけ間違って消去してしまい誠に残念)
他にも、モウセンゴケや
f0356953_21221744.jpg
オカトラノオ    ノハナショウブ
カキラン      シラン
f0356953_21142218.jpg
多かったのがソクシンラン
f0356953_21242156.jpg
コバノトンボソウ   ヒメケヒシグロ
コキンバイザサ    ウツボグサ
f0356953_21142612.jpg
モミジガサ   クララ 
サイヨウシャジン
f0356953_21295678.jpg
最後にサプライズ
ツレサギソウの所に案内してもらった
f0356953_21313050.jpg

今日アップした花は29種類、内お初の花13種類
こんなに初めての花に出会ったのは初めてです
感激の一日でした!案内していただいた、信ちゃん、山帽子さん、これだけの初見の花たちに合わせて頂いて有り難う御座いました。深くお礼申し上げます。

たっぷりと花散策を楽しんで、茶が床園地についたのが午後3時
8時から7時間、二回分ぐらいの山行きを楽しんだような濃密な一日でした。

[PR]
by sanyuuki | 2015-06-08 21:49 | 福岡県の山