ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

仰烏帽子山、福寿草 元井谷第一登山口から

2月14日 (土) 快晴

14日から、仰烏帽子山の第一、第二登山口までの林道が通行可能になり直接車で登山口まで行けるようになりました。
土石流で林道、登山道が崩壊し、やっとこの日がやってきました。
関係者の方々の御苦労に深く感謝を申し上げます。

先週に、仰烏帽子山に行く予定でしたが、天候が悪く見合わせていました。
金曜になり急に休みが取れることになり、家内も休みなので急遽、14日(土)に行くことにしました。
午前5時福岡を出発。松橋から3号線、県道25号と走り、道の駅五木で休憩後、元井谷第一登山口には8時ちょうどに到着。
二台ほどの車がありましたが、登山口横のスペースに停めることができました。
準備して、出発
今日のコース
f0356953_21385539.jpg
カーブミラーにミラーが無くなっています。
この谷を登って行きます
f0356953_21455526.jpg
f0356953_21485036.jpg
土石流の後も生々しい谷を右左に障害物をかわしながら登って行きます。
急斜面には、新たにトラロープが設置されており、助かります
f0356953_21512881.jpg
f0356953_21504957.jpg
二股からは凍結箇所も出てきたので、アイゼンをつけ歩きます
f0356953_21530760.jpg
ここらからは一気に雰囲気がよくなり
f0356953_21541190.jpg

この付近も福寿草の群生地なのですが、今はまだ雪の下で準備中のようで
f0356953_21541607.jpg

この急登を登れば仏石分岐
f0356953_21555517.jpg

まだ時間も早いので、いったん山頂へ
林の雰囲気が何とも(^o^)
f0356953_21580868.jpg

f0356953_21582443.jpg

気分は最高頂!
f0356953_21585058.jpg

ミニミニ霧氷が!
f0356953_21595573.jpg

楽しみながら歩いて、「人吉かめさん」の「山頂まで5分」のおなじみの標識
あと5分という所が嬉しいですね。
あと30分だったら、「まだそんなに―!」という感じになりますよね
f0356953_22023795.jpg

山頂は先客が4人ほど
お天気最高!、風も微風、見晴らしもヨカ!
f0356953_22044087.jpg

遠く、韓国岳や高千穂峰まで見えて
f0356953_22053614.jpg

北は、雲仙、東には脊梁の山々と展望を堪能!
休憩して、兎群石山へ寄り道
説明文はこちら
f0356953_22094968.jpg

兎が群れ遊んでいるそうです
f0356953_22095578.jpg

自然林を楽しみながら仏石分岐まで戻っていく
本心は、福寿草よりこの林の方がよかった
f0356953_22120300.jpg

f0356953_22115621.jpg

風穴に立ち寄ると、温かい風が吹き出していました。
天然のエアコンですね
f0356953_22141423.jpg

仏石分岐で昼食
ここから第二部、福寿草探しです
仏石方面へいったん下っていくと、黄色い花が目に飛び込んできました。
やった!咲いてるー
f0356953_22165204.jpg

f0356953_22170643.jpg

光を反射して、花弁がビロードのように輝く様は、鹿鳴館時代の貴婦人のようです。
文章ではへ表現が下手すぎるので
群落地まで撮影したものを並べます^^;
f0356953_22193674.jpg

f0356953_22194956.jpg

f0356953_22203372.jpg

f0356953_22201038.jpg

家内も初めての福寿草に満足してくれました。
群生地からいったん第二登山口方面に下り、鞍部から左手前に折り返し三度目の仏石分岐へ
ロープがずっと張ってありまったく迷うようなところもなく、
f0356953_22235741.jpg

仏石分岐から、元井谷を降りていく
朝登るときは全く気付かなかった福寿草が、お日様に照らされ所々花びらを開いている
これも嬉しい誤算
ガレ場歩きが、宝探しの楽しい下山に変わりました
f0356953_22264830.jpg
f0356953_22274925.jpg
天気、タイミングすべてそろった、一年に何回あるか?という一日でした。
帰り道、家内は「今日の山歩き、星三つです」と、のたもうておりました。(^o^)

[PR]
by sanyuuki | 2015-02-14 22:32 | 熊本県の山