ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

欅谷の氷瀑から、頭巾山へ

2月11日 (水) 曇り

三郡山系を博多側から見ると、中央に見える三郡山が一番奥にどっしりと構え、その右側に頭巾山がピラミッド型のピークを手前にせり出させているのが見える。
1月には、仲間とだごしゃん道から頭巾山へと登ったのだが、そのコースは頭巾山に向かって右側の谷を登ったことになる。
今日は、その反対側から頭巾山へ登ってみよう。
今回も、「ほっつき歩き」さんのホームページを参考にさせていただいた。

午前9時過ぎ、昭和の森に到着すると、この時期だけのすさまじい車の量
皆さん、河原谷の大つららがお目当てのようで、どの駐車場もいっぱいである。
登りは、欅谷Bコースなので、頭巾山の登山口まで行って駐車する。
まだ一台しか停まっていなかったので、広々と使わせてもらう。^^;

準備中、一人が頭巾山コースに行かれたが他は誰も来ない。
今日も静かなスタート
三郡山の山頂が少し見えていた

f0356953_19444669.jpg
林道を30分ほど歩いてBコースの登山口
f0356953_20021969.jpg
少し登ると、また林道に出るので、20mほど右へ下ると、ここからが登山道の始まり
f0356953_20034066.jpg
登りだすと、少しづつ、雪があらわれだした。
20分ほどで、ロープ場があらわれ、その先の大きな谷が今回の取り付き点だ。
ここには立ち木に赤テープがある以外、道標などもなく、GPSに入力したルートと地形図だけが頼りだ。
f0356953_20082304.jpg
倒木を乗り越え、道なき谷を登ること200mほどで、今回一番期待していた、欅谷の大滝が見えてきた。
「やったー!」凍っている!
f0356953_20384338.jpg

f0356953_20105781.jpg

見事な氷瀑だ!
河原谷ほど垂直ではないが落差10メートルほどの滝だ。
水量も多く、氷の下を水の流れる音が聞こえる。
ここは二つの谷の出会いになっていてかなり広くその谷全体が凍りついているようだ。
f0356953_20383779.jpg

f0356953_20383105.jpg

f0356953_20111368.jpg

f0356953_20144985.jpg

f0356953_20150100.jpg

コーヒーを飲みながらたった一人で、この贅沢なロケーションを楽しむ。
大滝の上の谷は三郡山のレーダードーム直下につながっているようだが、今回は頭巾山を目指すので、右側の谷の方へ向かう。
凍った沢の上をこわごわ歩く
f0356953_20154062.jpg

こちらにも少し小さいながら氷瀑が
f0356953_20222164.jpg


こんな感じの谷を登って行く
何かにつかまらないとずり落ちるぐらいの傾斜なので、谷の縁の立木がある様なところを登る。
f0356953_20222672.jpg

右手に頭巾山の山頂が見えてきた。
f0356953_20222951.jpg

谷と別れ直登
立木につかまりながら登り、振り返ると三郡山頂が見えていた
f0356953_20223946.jpg

ここからは5分ほどで頭巾山山頂
歩き始めて2時間ほどかかっていた。

f0356953_20224368.jpg

大滝があることは知っていたが、これほど凍っているとは!
まさに天恵の山歩きであった。
(今回のコースは、道標、目印など一切ないバリエーションルートなので、ルート図は公開しないことにします。)

下山は、登りの過疎地から、人口密度の高い^^;  河原谷経由
スゴイ人の数でした。

今日の河原谷の大ツララ
f0356953_20351943.jpg

f0356953_20370361.jpg

規模はやはりこちらの方がすごいですね。
難所が滝も少し凍ってました
f0356953_20381117.jpg

3時間20分ほどの山歩き
前回の英彦山で氷瀑が見れなかった分、たっぷりと楽しませていただきました(^o^)

[PR]
by sanyuuki | 2015-02-11 20:42 | 福岡県の山