ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

英彦山、幻の滝巡り

1月25日 (日)晴れ

今日はいつもの仲間と、英彦山の幻の滝巡り
私の知っている限り、英彦山には北側斜面に、二段の滝、南側に四王寺の滝、と行者滝の三つです。
今日はこの三つをすべて見て回る計画です。



午前8時59分の添田バスの時間に合わせしゃくなげ荘前の、大権現の駐車場に車を停める。
定刻に来たマイクロバスに乗って、豊前坊まで移動する(料金は300円)
9時18分ごろ豊前坊到着。
気温は案外低いものの風もなく、登山日和なのだが、今日のコースを考えると気持ちが引き締まる
少し戻ったカーブの所から入山
f0356953_21324244.jpg
程よい間隔でついている目印を追いながら、広い谷をつめていく

f0356953_21491057.jpg
次第に勾配もきつくなって、浮石も多くなり登りづらくなってくるが、今日はKさんが調子いいようだ
f0356953_21491363.jpg
取りつきから30分ほどで、二段の滝が見えてきた
まずは下段の滝(落差5メートルほど)
最近の寒のゆるみから期待していた氷瀑はほとんどない
上の方にもう一つの滝が少し見えている

f0356953_21551915.jpg
滝の左を捲いて上段へ(こちらの方が大きな滝で落差15mほどでしょうか)
厳寒が続けば立派な氷瀑になるらしいのですが(残念)
f0356953_21570497.jpg
ここから滝をまた左に巻いて登って行くのですが、かなりデンジャラスなコース
浮石が多く、斜面の角度もきつく、摑まる木なども少ないので慎重に足を運んで滝の上部へ出ると一安心
ここからは勾配も緩み鹿の踏み跡を追って登って行く
f0356953_22024493.jpg
右手には北西尾根を登るグループが見えていた
f0356953_22024010.jpg
朝日を受け輝く雪面が気持ちヨカ~
f0356953_22041525.jpg
北岳と中岳の鞍部を狙って登りあがる
f0356953_22050592.jpg
ブナの林の所に出た
f0356953_22055119.jpg
尾根を歩いていたご夫婦に、どんなコースだったのか聞かれ情報提供
滝をまいて登るところは非常に危険なので、無理せず引き返した方が良いのかもしれません。
登りで太ももを酷使して、ストレッチするKさん
f0356953_22080675.jpg
中岳は写真だけ撮って、南岳に移動
相変わらず多くの登山者でにぎわっていました
f0356953_22100933.jpg
霞が強く遠景は今一つ
f0356953_22112402.jpg
立ち枯れの木にわずかに白いものが
f0356953_22115069.jpg
お利口さんの、甲斐犬家族
f0356953_22130332.jpg
f0356953_22133036.jpg
南岳でランチして、四王寺の滝へ下る
登りはあるけど、下りは初めて
結構慎重に下る。
団体さんなども登ってこられ、今や一般道の雰囲気ですが、危険個所も多く気が抜けません。
f0356953_22155743.jpg
今日の四王寺の滝
予想通り全く^^;
f0356953_22171227.jpg
谷を下って、衣ヶ池にでて、奉幣殿方面へ
杉の大木と大岩(パワースポットみたいな雰囲気)
f0356953_22185311.jpg
玉屋見口という表示があったのでちょっと寄り道
すると鹿嵐山も真っ青のなるほどのナイフリッジを渡って、
f0356953_22185662.jpg
振り仰ぐと中岳の絶景
f0356953_22190790.jpg
戻ってから尾根を乗り越し、智室川を渡るとここからこの沢を詰めていきます。
こちらは踏み跡、目印とも薄く、がれた沢よりも左岸側の杉木立の方が歩きやすいのでそちらを登ることに
この程度のケルンでもあると有難い
f0356953_22273084.jpg
20分ほど登ると、今日最後の滝、行者滝に到着
四王寺の滝よりはだいぶ小さいものの標高もほぼ同じところにあるので、こちらも厳冬期にはしっかりと凍るようです。
f0356953_22301108.jpg
三つの滝を廻る予定を達成したのであとは、智室川の左岸に沿ってい一気に下っていきます。
杉木立の中を古い登山道が、左は絶壁、右に智室川を見ながら
f0356953_22315652.jpg
福太郎の工場が見えてくるとゴールのしゃくなげ荘はすぐそこ

氷瀑見物とはならなかったものの、藪漕ぎ好きの三人組は結構満足してしゃくなげ荘の温泉で冷えた体を温めて帰りました。

[PR]
by sanyuuki | 2015-01-25 22:37 | 福岡県の山