ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

古道を歩いて、鬼岩谷から三郡山

12月30日 (火) 晴れ

今年最後の山歩き
友人とも、家内とでもなく一人で歩くことにしました
今年もお世話になった三郡山系、今回は古くからある登山道なのだが、今は登る人も少なく少し荒れ気味になっているコースを登り、下りに使って周回してみました。

登り: 仲の原コースから鬼岩谷
下り: 内が畑Aコースと今屋敷コース
f0356953_20535616.jpg
河野粕屋南病院の近くの林道に車を停め、午前9時出発
林道を少し戻って仲の原コースの入り口へ
特に案内の表示はありません
f0356953_20564949.jpg
すこし登ると厄神社があるので、お参りしてから登りだします。
f0356953_20583853.jpg
ここは左へ
f0356953_20591086.jpg
ココも左
目印のテープが始まります

f0356953_20591091.jpg
ここは右
f0356953_21003501.jpg
なんか特徴のない荒れた林道を目印を追って登って行くと、左に砂防ダムが見えてきます。
林道も終点になり、草の生い茂った広場に出ます。
f0356953_21022589.jpg
ここが一番分かりにくいところ。
注意深くテープを追って登って行きます
f0356953_21032160.jpg
一度沢を渡ります
f0356953_21035061.jpg
渡ってすぐに、道標
こういう登山道ではやはりホッとします
f0356953_21035280.jpg
樹林帯の中の登山道ははっきりとルートも判り、倒木は多いながら落ち葉も厚くほとんど迷うことなく歩けます。
f0356953_21064976.jpg
40分ほどで宇美林道の終点に出会う
f0356953_21073633.jpg
正面の尾根に取りついて登り始める
こちらもはっきりとした登路が続いていてあまり迷うことなく登ることができる。
f0356953_21092124.jpg
鬼岩谷山頂には、数名の方が休んでおられた
3人のグループの方たちは、親子3代での三郡縦走だそうで、70を超えてあるような御婦人は(女性に齢の事を云うのはまことに失礼とは思いますが)まだかくしゃくとされ先頭をさっそうと歩かれて、家族仲良く歩かれる風景がとてもうらやましく~~!
ここから三への縦走路は自然林が気持ちよく一番好きなところ
冬枯れの登山道は明るくて気持ちよく歩けますね
f0356953_21243878.jpg
f0356953_21243876.jpg
砥石山、前砥石山と歩き三郡山を目指します
f0356953_21265207.jpg
歩き出して3時間で三郡山
霞が強く天気は良いが展望は悪い
ネットの際で風を避けて昼食
f0356953_21292867.jpg
内が畑コースで下山するので、往路を戻っていくと先ほどの親子三代とまたお会いする。
挨拶をして別れ、今年最後の縦走路を楽しみながら戻っていく
内が畑の正式の分岐の手前からショートカットしておりていく
ここを左
f0356953_21343424.jpg
直ぐに本道と出合い、歩きやすい登山道を下っていき、昭和の森と分岐を右へ
f0356953_21364803.jpg
杉木立の急斜を下っていくと宇美林道に出る
f0356953_21373212.jpg
林道を砥石山方面へ登って行く
案外この林道歩きがつらかった
砥石山直登コースの分岐まで歩き、ここから下っていく
直ぐに砥石山直登延長コースと別れ尾根の右側をトラバース気味に行かねばならないのだが。ここは非常にわかりずらいので注意が必要です
f0356953_21434317.jpg
此方も、仲の原コースと似たような感じ、目印を追って下っていく
f0356953_21454281.jpg
鉄塔から下は林道歩きで登山口まで
ここは下りでは林道に分岐が多く案外迷いやすいですね(登りだと大丈夫だと思うのですが)
f0356953_21455646.jpg
ゲートで完全に閉ざされた登山口に到着
f0356953_21493013.jpg
左の林道を5分ほど歩くと河野病院で、すぐに駐車地点へ
一年の最後の山歩きは、スゴイ地味な山歩きになってしまいましたが、歩いた本人は結構満足しているのであります。
まだ三郡山系には未踏のルートがいくつか残っているので、おいおいつぶしていくことにしましょう。

休憩含んで、5時間半
累積標高1400m

来年も良い山歩き、良い出会いができますように!!
皆様、良いお年をお迎え下さい!m(__)m


[PR]
by sanyuuki | 2014-12-30 22:02 | 福岡県の山