ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

中摩殿畑山、釣鐘山の縦走

12月7日 (日) 晴れ

先々週に続き、耶馬溪方面の山歩き
今回は、読みが少し難しい、中摩殿畑山〔なかまどんのはたやま〕から釣鐘山までの縦走を計画した
このコースは登山者も少なく周回にすると結構時間もかかるので車を二台にして車道歩きをなくすように計画しました。

午前6時、Yさんが私の自宅へ。同乗し出発。
高速を日田インターで降り耶馬溪方面へ。
7時過ぎに待ち合わせの、道の駅やまくにに到着
Kさんはすでに到着されていました。

すぐ先の橋を渡り県道646号へ
まず、下山予定地の市平へ移動
車を置いて、岩伏へ
10台以上は停められる広い駐車場ですが今日は我々だけ
8時前に到着し、準備、出発はちょうど8時
天気も良く、良い山歩きになりそうです
f0356953_20454633.jpg
今日のコース
f0356953_20473559.jpg
中摩殿畑山までは、序盤はずっと林道を登って行く。
この林道、ほとんど直登で結構きついです
雪も結構増えてきて
f0356953_20520067.jpg
一度舗装された林道を横切ります
f0356953_20534717.jpg
ここからは急登が始まり、新雪の積もった森を登って行きます
f0356953_20540069.jpg
もう一度林道へ出会うと、林道を左にしばらく歩いていきます
このあたりになると結構雪も深くなってきて
やっと、中摩殿畑山の山頂が見えてきた
f0356953_21021536.jpg

林道わきの目印から再び山道へ
f0356953_21040686.jpg
シャクナゲに雪が降り積もって、登山道に深く垂れさがっておりそこをもぐって潜り抜けたりしてやっと山頂へ
お宮と小さな祠のある山頂です
f0356953_21074455.jpg
ここから北側の展望が素晴らしく雪で白くなった、英彦山、鷹ノ巣山や犬が岳方面が美しく輝いて
f0356953_21075674.jpg
f0356953_21075950.jpg
暖かい甘酒(飲む点滴)や、Yさんの自家製の干し柿などで栄養補給
ここから尾根の縦走路歩きです
普段から登山者も少なく今は雪に踏み跡は消されて、目印のテープをたどりながら歩いていきます
先頭は私、ハードシェルのフードをかぶって、頭から雪のついた枝に突っこんでいって雪を落としながら歩いていきます。(露払いならぬ、雪払い)
後ろから、大関と横綱が… …(笑)
f0356953_21190294.jpg
f0356953_21190190.jpg
天気も良く、雪も乾いていてこれが案外気持ちいい

f0356953_21214315.jpg
雪の深さは、深いところでこんな感じ
尾根の雪は軽い感じでした。
f0356953_21214654.jpg
大きなツララや
f0356953_21235221.jpg
素晴らしい景色
f0356953_21235226.jpg
f0356953_21235261.jpg


この後、コース図の青丸の所で少し道迷い
尾根につられまっすぐ進んでしまった。倒木が塞いでいたため引き返し目印を探し西へ下る目印を見つけた。正規のルートに戻ったものの広い尾根にはあまり目印もなく何度か左右に動きながら目印を探し下っていくと、やっと明確な尾根筋となった。
久しぶりに道標を見た^^;
f0356953_21252373.jpg
272番の標柱を通過
f0356953_21260553.jpg
急傾斜を下る
f0356953_21261782.jpg
294番の標柱を通過
f0356953_21261534.jpg
彦見岳(886,2m)の基部から山頂までの登りにかかる。
強烈な登り、鹿嵐山の雄岳の勾配を上回る斜度
(普通なら下から上まで全部ロープを張っているような)
f0356953_21422260.jpg
雪で滑りやすい斜面をここは必死で登りました^^;
f0356953_21422213.jpg
尾根の肩にやっとの思いで登りあがると、振り返ると英彦山方面の展望が広がり
なんと綺麗な!
一息入れて尾根を進み、あと一登り!
彦見岳、最高点896m
f0356953_21471644.jpg
ここでお昼ご飯
かなり歩いてきたので、腹減って、カップめんが美味かったぁ!
今回、テルモスの山専ボトル(800ml)に湯煎の後熱湯を詰め、キャップ部分に手袋をかぶせて持ってきたが、6時間後ぐらいでも温度の下がり方は少なかったようだ。
彦見岳の三角点は100mほど離れたところにあるので食事の後行ってみた
f0356953_21535490.jpg

後、残すは釣鐘山だ
彦見岳からの下りは、鹿よけネットの横を通っていく
こちらもけっこうな急斜
f0356953_21563616.jpg
いったん下って登り返すと痩せ尾根歩きとなる
がみ
f0356953_21563817.jpg
やっと、釣鐘山が見えてきた
f0356953_21590308.jpg

最後のピーク
852m
ここまで5時間以上かかった
結構歩き甲斐のあるコースでした
f0356953_22000701.jpg
下山は、一気にKさんが飛ばす。
30分で林道
f0356953_22042213.jpg
林道の途中から左へ、古い登山道(今は藪化している)をカヤトを掻き分け下ってい

f0356953_22050652.jpg

2時半デポ地点に到着
f0356953_22055558.jpg
休憩含めて6時間半の山歩き
今シーズン初の雪山歩き、難しいコース、素晴らしい展望、最後はヤブコギと中身の濃い一日を過ごせました。
お付き合いいただいたみなさん有り難う御座いました。
来年は平尾台から始めます。

[PR]
by sanyuuki | 2014-12-08 22:16 | 大分県の山