ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

企救山系を歩く 

9月28日 (日) 晴れ

昨日、木曾の御嶽山が突然噴火した。
百名山だけに多くの登山者が、罹災されたそうだ。
一刻も早い救出を願っています。



二週間後に近づいた縦走を前に、少し長い距離を歩いてみたいと、Y氏に頼んでいたら、企救山系はどうですか?との返事。
まだ歩いたことのないコース。北九州市の門司から南西に延びる尾根歩きらしい。
片道コースで、帰りはタクシーを利用することらしい。

朝6時に集合し出発、高速を走り、北九州都市高速の足立インターで降りる。
足立森林公園までは5~6分、森林公園の入り口の駐車場を過ぎて道なりに進むとメモリアルクロスの駐車場に着く。(10台ほどの駐車プレースがある)
ここは朝の散歩をする人やジョギングをする人が結構多い。
準備をして7時ちょうどに出発
f0356953_19590324.jpg
木段が続く急登がいきなり待ち受けている。
何時もよりユックリで歩きださないとあとがきつそうだ。
延々と続く木段の直登を登っていく。
途中一度勾配が緩むが再び急登
正直、いきなりのこれは、たまらんです。
小文字山の山頂直下の小文字焼の斜面を登る。
ここは、真ん中の棒のとこかな?
眼下には北九州の街並み
f0356953_20062899.jpg
サイヨウシャジンがたくさん咲いている
f0356953_20081683.jpg

ここを登りきると、小文字山の山頂
ここまで45分
テーブル、ベンチコスモスが咲き乱れていた。
y氏はいつものように楽々と、K氏は今日は案外体調がよさそうだ。

f0356953_20081418.jpg
ここで一息入れて、次の妙見山、足立山を目指す
中央、足立山  右の小ピークが妙見山
f0356953_20110216.jpg
左に目をやると、目指す戸上山もはるかに見えている。
f0356953_20112478.jpg
ここから少し下り、自衛隊の敷地沿いに歩いて再び大きく登り返すと。妙見神社の上宮
お参りして先へ進む
f0356953_20190061.jpg
砲台山、の分岐を過ぎ一登りで、足立山(霧ヶ岳)山頂
本日の最高点^^;
f0356953_20215095.jpg
門司や響灘がススキの向こうに。
こんな街の横を、自然豊かな縦走路があるとは、北九州、羨ましいぞ!
朝一は靄が多かったが9時前になると晴れ渡ってきて気持ちがいい。
f0356953_20242284.jpg
一等三角点(やはりこれだけは特別)にタッチしてから行くことにする。
f0356953_20271272.jpg
ここからは小さなアップダウンを繰り返しながら、歩いていく。
基本的には照葉樹林帯
ところどころ日が当たるところには、野草たちが花をつけている
f0356953_20295999.jpg
ヤマハッカ
f0356953_20302171.jpg
アキカラマツ
f0356953_20304850.jpg
サワヒヨドリ
f0356953_20312825.jpg
これは、ヒメアザミかな?
f0356953_20324235.jpg
ノササゲも見ることができた
f0356953_20333273.jpg
時折、視界が開けると、山、街、海の景色が広がる。
トレールランナーも幾人かすれちがう。
f0356953_20362799.jpg
吉志分岐、桃山分岐を過ぎると一気に視界が広がった。
大台ケ原に到着(百名山と一緒)
目指す戸上山が見える草原、テーブルベンチが4つほどあり、ここでランチにする。
日なたはめちゃ暑かったです!(夏が戻ってきた)
f0356953_20390211.jpg
またまた、海、街
f0356953_20390448.jpg
さて、最後のピーク、戸上山へ向かおう。
日当たりの良い斜面の急登。お昼頃の強烈な日差しがもう暑くてたまらんです。(低山ならでは)
カラスノゴマを撮るフリして休憩
f0356953_20495416.jpg
他にもこんな花(名前が判りません)教えてください
f0356953_20505558.jpg

f0356953_20505777.jpg
コウゾリナによく似た…
f0356953_20514405.jpg
もうツワブキの花が咲き始め
f0356953_20520307.jpg
ムカゴの実をつまんでみたり、アケビの実をさがしつつゆっくりと登る

最後のピーク、戸上山山頂
f0356953_20533405.jpg
戸上神社の上宮で、縦走のお礼参りをしてから下山
f0356953_20595608.jpg
寺内五丁目というところに下山した。
午後一時ちょうどであった。
ここからタクシーで、メモリアルクロスまで戻る(2千円ほど)
f0356953_21005165.jpg
今日のコース
f0356953_21031323.jpg
f0356953_21031107.jpg
低山なれど、累世標高差は1000メートル以上、案外歩き甲斐のあるコースでした。
休憩含んで、六時間の山歩き
しかし、今日一番は、暑さかなあ!^_^;


[PR]
by sanyuuki | 2014-09-29 21:13 | 福岡県の山