ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

坊がつるキャンプと、訓練登山?の三俣山

7月19日 (土日) 晴れ時々雨

昨年からこの時期、坊がつるでキャンプしよう!企画で
またまたやってきました。
今回は友人(Yさん、Kさん)との中高年男3人組です。
梅雨明けも微妙な時期、一気に明けてくれよっ!と願いながら、長者原の駐車場に午前10時ごろ到着。
まだガラガラの駐車場。停め放題です^^;
各自、「俺のザックが一番重かバイ」と思っていたようで、買い出しの荷物を遠慮深く譲り合いしたりして、「本心は少しでも軽くしたい!、特にビールは持ちたくないっ!、飲むのは人一倍飲みたいっちゃけど」という醜い争い^^;の後、分担が決まり、
準備をして出発。
ひさびさの重いザックが肩と腰に食い込みます。
よろけながら、歩きだします。
f0356953_20003074.jpg

蓼原には花たちがイッパイで迎えてくれます。
ノハナショウブ
f0356953_20003056.jpg
キスゲ
案外少なかったなあ
f0356953_20003004.jpg
ミズチドリ
初めての登場
木道で屈みこんで写真を撮るのが本当につらい!!
立ち上がるたび、ヨロッ!
f0356953_20003007.jpg
一輪だけヒメユリを見ることができました
f0356953_20003100.jpg


雨が池方面へ
気持ちの良い樹林帯を歩きます。
f0356953_20003000.jpg
ヤマアジサイがイッパイ
f0356953_20003062.jpg
ツチアケビ   
間違いでした。ショウキランというようです。
f0356953_20003096.jpg
ベンチのあるところまで来ると、ウツボグサが
f0356953_20004928.jpg
雨が池にでた
f0356953_20004995.jpg
イブキトラノオが盛り
f0356953_20004986.jpg
ノハナショウブが今まさに咲き誇っています
f0356953_20004951.jpg
キスゲはほとんどありませんでした。
その代りまだ、シライトソウや
f0356953_20004853.jpg
シモツケが咲いていました。
f0356953_20004898.jpg
2時間ほどで坊がつるの入り口まで来ました。
やはりかなり時間がかかります。
f0356953_20004990.jpg
キャンプ場には早くも多くのテントが
f0356953_20021736.jpg
テントを張る場所を探しているといきなり、雨が降り出す。
あわてて避難小屋へ逃げ込んで雨宿りする。
ここで軽くランチなど頂いて雨の上がるのを待つ。
30分ほどで雨も上がりテントを設営。
我々の敷地は10坪ほどの草地、権利金、敷金、家賃なしの有難い物件である(笑)
狭いながらも楽しい我が家が出来上がりホッとする。
時間もまだ早いので、鉾立峠まで散歩に出かける。
多くのキャンパーが散策に来ていた。
帰りに、法華院温泉で入浴。
マッポシの湯(裸でデッキに出で見ると女性がすぐ目の前に!あわててお風呂に戻る)^^;
湯の花がイッパイある透明の温泉、汗を流すだけだが気持ちいい)
風呂上りは当然!!
これでしょ!
f0356953_20021820.jpg

ほろ酔いでテントに戻り、宴会の準備。
これがしたくて来たようなもんですね。
f0356953_20021884.jpg
ビール、焼酎で酔っ払い、8時過ぎには、もう夢の中…
おやすみなさい‥

夜半に雨がテントをたたく音で目を覚ます。
夜空の半分に雲がかかり、半分は星空
カシオペアの周りに恐ろしいほどの数の星々が見えた。
久しぶりの天体観測(星座の名前は知らなくても、これだけ見えたら感動します)
5時ごろには、もうKさん、Yさんは起きだして、お湯を沸かしたり朝食の準備。
私は、6時ごろ起床
ゆっくりとコーヒー、朝食を取り今日の段取りを相談
空身で、どこか登ってきてから帰るか?荷物を背負って行くか?
秋の登山の予行演習ということで、三俣山の南峰への直登を行き、すがもりから下山することに。
この重い荷を背負ってここを登れれば、大障子への登りも行けるかな?
濡れたテントをたたみ出発。
f0356953_20021837.jpg
坊がつるの看板の裏から取りつきます。
南峰が覆いかぶさるように目の前に迫ってくる。
濡れた草を掻き分けスタート
序盤から黒土の急登が始まり、樹木に囲まれ展望のない登山道をゆっくりと歩く。
早くもふらふら、摑まるものがないとよろけて転がり落ちそうになるのを必死でこらえながら登る。
この看板
励ましてくれているのか?絶望を与えているのか?
f0356953_20021889.jpg

以前登った時よりはるかにキツイ!
ペースを落とし一歩一歩
標高差530mほどの半ばまで来ると展望も開け気分もよくなる。

f0356953_20023408.jpg
ノリウツギやほかの白い花が元気をくれる
f0356953_20023386.jpg

f0356953_20023478.jpg
足元にオトギリソウ
f0356953_20023414.jpg

遅刻したミヤマキリシマ

f0356953_20023475.jpg
登りは厳しいものの、花たちに励まされ何とか登りきることができた。
坊がつるから2時間かかっていた。
オソッ!
山頂がガスで展望なし

f0356953_20023379.jpg
後は本峰、西峰と回ってすがもり越えへ
すがもり小屋で、軽くラーメンなどを食べ下山。
12時ちょうどに長者原に戻った。

お付き合いいただいた、Yさん、Kさん有り難う御座いました。
これで少し重荷を背負って歩く自信がつきました。
秋の祖母傾、少し手ごたえが出てきましたね。

他の花たち
ハンカイソウ
f0356953_20021859.jpg
ミソハギ
f0356953_20021860.jpg
チダケサシとアサギマダラ
f0356953_20003079.jpg
クサレダマ
f0356953_20004940.jpg



[PR]
by sanyuuki | 2014-07-21 21:33 | 大分県の山