ポンちゃんの山遊花

sanyuuki.exblog.jp

鳴子山、白口岳、オオヤマレンゲ 2014.6.29

6月29日 (日) 晴れ

2日続けての山歩き
今日は天気もよさそうなので、鳴子山にオオヤマレンゲを見に行ってみよう。

コースは
沢水展望台~本山登山道~稲星山分岐~鳴子山往復~白口岳~鉾立峠~くたみ別れ~展望台
f0356953_2132939.jpg


南側の登山口に来る場合高速の九重インター経由で来るのは案外時間かかるよなー!といつも思っていたそこで今回は大宰府インター~日田~杖立経由で瀬の本へ向かってみた。
結果は自宅近くから瀬の本まで、ちょうど2時間であった
案外早いじゃん!
来月から高速の料金改定で日曜の割引が少なくなるのでこのルートは使えるな!と思った次第。

展望台の登山口に7時20分ごろ到着。
ほぼ満車。
今の時期は人気ですね。
準備をして7時半出発。
稲星分岐まで750mほどの標高差がある。
急がぬようペースを守っていこう。
f0356953_21424274.jpg

ヤマボウシの花が見送ってくれた。
f0356953_21431378.jpg

分岐を右に、登山道に入る。
沢沿いを登っていく。
f0356953_2144840.jpg

序盤はゆったりとした登り
f0356953_21454680.jpg

時折視界が開け山頂付近が見える。
まだずいぶん遠い!
f0356953_21465918.jpg

キイチゴがいっぱい生っていた
f0356953_21473995.jpg

バイケイソウが咲いている
f0356953_21481268.jpg

わしづかみの木
f0356953_21491680.jpg


次第に勾配もきつくなってくる。
30分に一度小休憩を取りながら登る。
f0356953_2151370.jpg

今日は空気も澄んで見晴らしもいい
f0356953_21514770.jpg

f0356953_21521359.jpg

登りはさらに厳しくなってきた。
ガレ場の急登
f0356953_21532850.jpg

花たちが励ましてくれる
f0356953_2154138.jpg

f0356953_2156156.jpg

f0356953_2156401.jpg

鳴子山の直登分岐が分かればそちらに行ってみようと思っていたが、登りに夢中で全く気が付かず。
稲星分岐まで行く。
勾配も緩んで、空の面積が広くなると稲星分岐だ。正面に中岳
気持ちいい!
ここまでちょうど2時間
少し休憩して鳴子山へ
痩せ尾根の岩稜帯を行く
左下には、片ガ池が見える。

f0356953_21582025.jpg

f0356953_21265421.jpg

ここで、知り合いと出会う。
お元気そうで何より!
少しお話して狭い登山道ですれ違う。
またどこかでお会いしましょう!

大岩を回り込んでいくと待望のオオヤマレンゲの群落だ。
f0356953_2261196.jpg

うーん綺麗だ!オマケにいい香り
1年に一度は会いたい花ですね。
登山道を離れた場所に大きな群落地があるそうなので行ってみる。
ガレ場の向こうにズラッと咲いていました。
安全を確保しながら近くまで行ってみる。
最高の1輪に出会えた!
f0356953_22101168.jpg


f0356953_22103533.jpg


熊本から来た山ガールに「青空を背景にした方がいいですよ」とアドバイスを受け撮った1枚
f0356953_22131085.jpg

登山道に戻ってまた1枚
f0356953_22141086.jpg


天気、タイミング、人との出会いすべてがそろった鳴子山でした。

山頂
f0356953_2221403.jpg

大きな景色を見ながら(景色だけはぜいたくな)質素なランチを頂く。(笑)
f0356953_22231227.jpg


f0356953_22233382.jpg

分岐へ戻る途中の花
シロドウダン(シロバナ3連発)
f0356953_2225557.jpg

ナナカマド
f0356953_22264249.jpg

タンナサワフタギ(背景が贅沢だなあ)
f0356953_22271955.jpg


分岐まで戻り白口岳を目指す。
緩やかなカーブを描く稜線をゆっくり景色を楽しみながら歩くとあっという間に山頂だ
f0356953_22322172.jpg


f0356953_22331051.jpg


ここから鉾立峠までは結構な急降下
黒土の急斜なので、滑るのを覚悟の上、下る^^;
f0356953_2234720.jpg

北大船の斜面はまだミヤマキリシマでピンクに色づいている。
写真ではわからないだろうなあ
f0356953_2237314.jpg

鉾立峠まで下るとあとは緩やかな下りがあるだけだ
f0356953_22395074.jpg

佐渡窪は洪水でだいぶ埋まってしまっていた
f0356953_22405019.jpg

道標もこんなに低くなって
f0356953_22413431.jpg

木道のあるあたりは以前のまま
f0356953_22422334.jpg

鍋割坂からくたみ別れまではあまり変化のない登山道、大船山への分岐など確認しながら歩く。
くたみ別れ付近から、鳴子山への直登ルートの入り口も確認できた。
いつかチャレンジしてみよう!
くたみ別れの山桜
f0356953_2245254.jpg

ここから展望台まではコンクリ道歩き。
一番おもろくないところ。淡々と歩く。
最後に右側の杉林の中に、ツチアケビを見つけた。
花は今からのようだ。
f0356953_2248114.jpg


午後2時登山口に戻る。
6時間半の山歩き

帰りに沢水キャンプ場分岐から見上げた山々
f0356953_2251246.jpg

牧場にも草原の花が咲いていた。
f0356953_2252382.jpg

f0356953_22522158.jpg

f0356953_22524521.jpg

[PR]
by sanyuuki | 2014-06-30 22:58 | 大分県の山